読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

だまカノ宣伝関連番組感想②

色々ですぎだ!体長気を付けて!
ってわけでだまカノ(使ったよー相葉さん!)関連感想第2弾。

 



モーニングバード

最近このデカめの眼鏡多いなー。
たこせんに挑戦する松本さん。
羽鳥さん、松本さんお手製のたこせん食べれるなんて羨ましいぜ!
おみくじ「吉」の松本さんと、「大吉」の羽鳥さん。
空気読まずにやっちゃったーと言う羽鳥さん

松本「でも引いてから言うのもなんなんですけど、僕吉とかのが好きなんですよね。なんていうんですか、大吉ってもう登り詰めちゃった感じあるじゃないですか。だからもう落ちるだけっていうか…」

羽鳥さん大吉引いてんのに言っちゃったよ!羽鳥さん笑ってくれる。もう~こういうちょっとつつくような言い方するねー羽鳥さんには。
松本さんの初恋は、他の子と違う呼び方で「潤」って呼んでくれた幼稚園の先生。なぜ自分だけ潤と呼ばれてたのかと思ったら、旦那さんの名前が潤だったー!とんだ勘違い!
公園散歩したり表参道でウインドウショッピングしたい松本さん。
「あー…させてあげたいけど、何にもできないです…」と己の無力さに首を垂れる羽鳥さんの気持ち、分かるよ!
何万人ものファンの前でコンサートをやって家に帰って洗濯してる自分にはギャップを感じざるを得ないと。凡人にはわからんけどもかなりの落差あるんだろうなー。
それでも「これが幸せだ…」と思いながら洗濯ものを畳む松本さん想像するとほんと悟りすら感じるぜ。
そして座右の銘とかは?と聞かれて携帯を開く松本さん。
メモってるんだ…ちょっともう本当に相変わらずそういう勉強熱心というか。


「決断しないことは 時として
 間違った行動より たちが悪い」
ヘンリー・フォード フォード・モーター創業者)


…こういうのあなたどこで仕入れてくるの?
WEB上の名言集めたサイトとか?というよりも本かな?

羽鳥「はぁー…。それちょっと僕にも転送しといてもらっても…」
松本「いいですよいいですよ」
羽鳥「そういうの残す人になりましょうよ」
松本「いやー…」
羽鳥「『お前ら5万人 全員幸せにしてやるよ (松本潤)』」
松本「いやいや残んない(笑)」

ファンにはちゃんと残ってるよ!というか最近アラフェスの宣誓映像めっちゃ見てる気がするよ。どっかに出演するたびにこの映像もってこられる松本さん。
そして嵐として今後は、っていう話。

松本「一緒にやれるっていうのは、それ求めてくださる人がいるからできることだと思うし。変化というか、刺激というか。見てくださる方たちに、面白いって興味を持ってもらえることを発信できないと意味がないと思うし。満足しちゃったらもうそっこで終わっちゃっていいかなと思うんですね」
羽鳥「はー言ってみたいですねぇ」

最後に10年後の自分にメッセージ。真夜中の嵐のタイムカプセルに入れた手紙思い出すわー。
 
「なりたい自分になれた?
 周りの人を大切にしてる?
 いつまでも自分らしくあってほしいです。
 メンバーへ。
 きっとたくさん迷惑かけてきたと思うけど、僕はメンバーが好きです」


ってやつね!


松本「なんか最近ちょっといろいろ諦めるようになったんですよね」
羽鳥「おっ、ていうのは?」
松本「変わりたい願望ってのがずっとあったんだけど、そう思いながら10年以上過ごしてきて変わらないっていうことは『もう無理なんだ』みたいな。だからもうダメだと思うところも肯定せざるを得ない」
羽鳥「10年たって変わらないこれが松本潤だと」
松本「っていう風に割り切ったほうがいいんじゃないかって思ったら、結構いろんなことが楽にはなった」

最近よくこういうことを言うけど、櫻井さんが言ってたように「やわらかいところを見せることに抵抗がなくなった」ってのもそのひとつなのかもしれないな。
無理してキャラを作ろうとしてたのは遠い昔のことだけど、自分の立ち位置というかすべきことに縛られることは、時としてあるだろうし。
それがすべきことと同時に、松本さんにとって「やりたいこと」であればいいんだけどね。
やりたいことと、見ている人がやってほしいこととの折り合いをつけながらできている人だと思う、って言われてたけど本当にそうだねぇ。



▼「陽だまりの彼女」公開記念番組

噂通り小藪さんにちょっかいかけてる松本さん!無邪気!
でも話しかけないでほしいって言われてる(爆笑)!
クランクインは浩介の部屋!メイキングのぼさぼさ頭かわいいね~。
休憩中に人生初の名刺交換(浩介の名刺)してにっこにこの松本さんも可愛いし、「わたしもやりたい!わたしもやりたい!」な樹里ちゃんぐうかわ…。
マイク持ってうろうろする松本さんも…メイキングすごいいいねかわいいね。
完成披露イベントで監督の言ってた「松本くんの今までやってきたドラマだったり映画だったりのお芝居を拝見していて、もちろん『かっこいい』というか強くてツンデレな感じとかね(が多かったけど)。でも実はバラエティーとかで拝見したときちょっとした自然な笑顔だったりとか優しい部分とか。そういう部分ってお芝居の中で松本さんは見せてないんじゃないかなと思っていて…。実はそれがファンが見たい松潤なんじゃないかと思って…」っていうのにイベントに来てたファンも多数同意してて「ほら!」ってなってたけど。本当によくわかってらっしゃる!すごいさすがは監督!



めざましテレビ

またデカ眼鏡~。
松本さんが選ぶおすすめの胸キュンシーンは「再会して初めて『浩介』と呼ばれる」シーン。
ベッドでじゃれるシーンを延々リピートするめざましさんが良い仕事してる。
まあ樹里ちゃん軽いだろうし松本さん的には大丈夫なんだけど、浩介的にはお姫様抱っことかを大変そうな感じにしないといけない。
それで本当に樹里ちゃんが心配しちゃって「もうやめようよ~」って、あああぐうかわ!!



▼マルコポロリ

銀シャリの橋本君はガチだな!「『僕らの勇気未満都市』見まして!」って!
ジュニア時代のあの天使松本を見たのであれば虜にならざるを得ないかと思うよ!
プライベートでのキセキの出会いって聞かれて。

松本「キセキ的な出会いっていうことで言うと、僕はやっぱり嵐っていうグループかなぁと思いますけどね。っていうのが、まさかこんなに長く続くとは思ってなかったし…。10年超えるなんて思ってなかったし」

やっぱり長く続くと思ってなかったんだ…。一時的なグループだと思ってたんだな。
あんまり面識ない人たちで結成されて、って言ってるとこからもバレーボール限定ユニット的な扱いに感じてたんだ。
ただ橋本君に「まあ相葉さんはね、『僕らの勇気未満都市』に一緒に出られてたんで面識有るかと…」って言われる(笑)!ガチ!

橋本「メンバー同士で飲みに行ったりするんですか?」
松本「あーでも地方行ったときとかは、必ず一緒に。ライブで大阪来たとかってなるとみんなでメシ食いに行きます」

インタビュアーの銀シャリ・鰻くんが1983年8月31日生まれのA型ということで「Aのおとめ座ってめっちゃ胃腸弱い」話で意気投合する2人。

親近感がわいたから鰻くんには「松潤」呼びを快諾する松本さん。けど親近感まだわいてないから橋本くんが「松潤」呼びすると「なんで(松潤)って呼ぶんですか?」って言う。差、ついちゃったね!
そんな橋本くんに個人的にどうしても知りたいらしい「一番好きな食べ物」というシンプル極まりない質問をされる松本さん。
その答えが「ゼリー」って。最近主食ゼリーって。…あの…もう…白湯とかゼリーとか…。ちゃんと食べてほしいよ。ただ、一番食べたいのはラーメン。塩ラーメン。

10年前の自分に言いたいこと。

松本「僕20歳のときに、10年後の自分に手紙を書いたんですよ。なんか成人式で友達たちがみんな集まった時に30歳の自分に向けて手紙書くっていうのをやったんですけど」

内容は「嵐として今活動してますか?」とか「何が出来てますか?」「今の自分満足してますか?」「海外でも活躍してたらいいな」って。
向上心ーーー!ひたすらに上目指してるーーー!ストイック松本さん!スト潤!←
松本さんにツッコまれた肩を匂う橋本くんもう怖い。怖いわ(笑)!