アラシデータ

思うがまま。

「しゃべくり007(KAT-TUN)」感想

面白かった~~!!

 


あんだけネタというかトークに還元できてたら素晴らしい。
もう、反省だけの時期もそろそろ過ぎてきたころだし。
あんまり自虐ネタっぽくなりすぎるのもどうかとは思うけどライトなほうが良いと思う。
それにしても「亀梨のKA」ってのは納得してたけど。

TATSUYA UEDAて。

話には聞いてたけどそれで本人たちもしっくりきているという事実。
タツヤさんはハリウッドスターか何かです?
そしてラップをやりたい田口。
「センスがない」と一蹴する中丸様。そういうとこ好き。
にも関わらずとりあえずやってみる田口。そういうとこ好き。

 

(⌒ー⌒)「YO!YO!YO!YO!ラップ!サランラップに包むぐらいの!」

 
衝撃的やわ。
まずラップをするにあたって「ラップ!」と宣言するあたりが田口ワールド。
さらに韻を踏むにしたって、チョイス的に避けてしまうであろうサランラップを持ってくる偉大なる勇気。
こういうラップもありやと思う。新しい世界開ける気がする。
それがKAT-TUNに必要な世界かどうかは置いといて。
ある意味センス抜群。続きめっちゃ気になるわ。
岡田くんの「バリア♪バリア♪君をずっと守る~よ♪君をずっと守るよ♪」とコラボレートしてほしい。
そして2人でサランラップのCMをすればいいと思う。
更に30歳だと申告して驚かれるろば丸。中丸予備校生顔やもんな。
あと今回はロバ丸回なんです?
たたんから「ご飯前に本屋に寄るんですけどそこで買った漫画を食事中にずっと読んでる。会話がない。面白くない」と言われて「中学生くらいからの仲なんで。仲が良すぎてそういう時間が発生しますよね」と発言し周囲から「マンネリ」と言われる中丸。
 

公式的にお付き合いなさってるんですか?

 
どうしてこうジュニア時代からのシンメでずっと一緒にいる人たちの片方は「俺たちは付き合いが長いから」アピールをしたがるんやろう。にのあいとか。
たたんは要するに会話がないのが嫌らしい。
さらにホリケンさんに「触れ合いたいんだよね?」と言われて戸惑いつつも、遠からずなのか「そ、そうっすね」と肯定するたたん。
 

たたん…・゚・(つД`)・゚・!!
 

とりあえず漫画を読まないようにしようということで話は収まる。
中丸には「こいつそう思ってたのか悪いことしたな…」と反省してほしいと思う。
たたんは正義。(個人的に)
そして中丸に「田口君、本当に普通にウソをつくんですよ」と言われても笑い続ける田口。
間に挟まれたおカメのニコニコ顔。
田口と中丸のどっちが正しいかジャッジを求められる第三者・おカメ。
亀梨「田口のテンションにも問題があるんですよ」
肯定も否定もしない…けど言い方で田口に問題がある発言。
中丸さんのフォローですね…!
本当にいつも思うけど結構おカメって中丸のこと好きよね。
朝でテンションが低いメンバーに対し、田口は
 

(⌒ー⌒)「おっはよぉう!!」

 
というテンションで現れるらしい。
朝からMAXまでテンション上げてける田口。リスペクト。
体操のお兄さんみたいと言われて本当にやってみればいいと思ったよ。
サランラップのCMに体操のお兄さん。田口さん一体どこ行くんだろうね。
というわけで(どういうわけで)、田口のテンションに合わせてみる3人。
 

(⌒ー⌒)「おっはよぉぉう!!」
(´∀‘)「おっはよぉぉう!」
(´・ω・`)「おっはよぉぉう!」
(冫、)「おっはよぉぉう!」

 
KAT-TUNがひとつになった。ハイフン感激。
「田口のこと好きになりました」という嬉しい特典つき。
そして握手し、和解するたぐ丸。
今後はハイテンションで挨拶を交わしあいスタッフから奇異の目で見られるKAT-TUNが各所で見られることでしょうね。
お次はたたんに不満がある人~ってことで安定の3票を頂不満顔で口をとがらせるたたん。
そして中丸がごはんの時の不満を。
「焼肉に行っても半分で分けたりせずに好きなものを自分一人で全部食べてしまう」たたんが不満だと言うと「もう一緒に飯食いに行くな」と言われる。
盲点!しかしその解決策はどうやら中丸さんには響かなかったようでほぼスルー。
たたん曰く「俺は異様に食べるのが早くて、中丸は異様に食べるのが遅い。かみ合わない」 そこまで言うのなら何故食事に行くのかと問いたいのだが、彼らには野暮な質問。
要するにただの痴話げんか。
ちなみに早く食べてしまうことに関してはどうしようもないと謝るたたん。
 

(`・ω・´)「そういう体質なんですよ。危機感があって。ご飯食べることに」
 

何かしらに追われてるんか。
大家族じゃあるまいし誰もたたんのご飯とらないよ大丈夫だよ。
とにかくたたんはご飯を食べることに危機感を持ってる体質なので自分ではコントロールできないらしい。
ということで食べようとする手を止めて食べればいいと言われ実演するロバ丸。
食べだすたたんの腕を強く握りしめ、自分が代わりに食べる中丸。
握られた手に戸惑うたたん。
たたんの手を握りしめながら、たたんと見つめあう中丸。
その状態でゆっくりとおはしを口に運ぶ中丸。

 

やはり公式的にお付き合いを(以下略)

 
ちなみに戸惑っているように見えたたたんだったけども、実演終了後「たしかにこうでもしてもらわないと止まらない」と何故か納得のご様子。読めない。
そして「打って変わっての話なんですけど~」と謎の導入で始まった田口からたたんへの不満は「俺は毎日3キロ走ってるのに上田くんが毎日10キロ走ってるから3キロがしょぼく思われる」
さらに、

 

(⌒ー⌒)「自分の3キロの居場所がなくなってる」

 

と言い出し「知るか」「よく打って変わってって言えたな」と大ブーイングを受ける。
さらに田口の番で3票集めて「でしょうね!」と言われる。素敵なキャラだと思う。
おカメからは「そもそもが末っ子キャラ。みんなでご飯を食べに行っておなか一杯になると帰りたいオーラを出す。シメのタイミングも自分の都合」と言われる。
そんなおカメも結構末っ子キャラだと思うけど今回はそれは置いといてまず言いたいのがめっちゃ食べに行ってない?さっきからみんな食べ行き過ぎじゃない?仲良すぎじゃない? 大好き!(唐突に)
そして中丸は「カメラがあるときだけおしゃれなかっこをする。普段は緩いダウンなのに撮影が入ると帽子に黒縁メガネタイトジーンズ。気に食わない」と言われる。
中丸さん今日田口への当たり強いNE!気に食わないって!
そしておカメの番で、丁寧なみんなの振りをブッ飛ばして一人押さないたたん。
『2』という数字を見たとたんに

 

(´∀')「なんで?!押してよ!押してくれよ!!」

 

と取り乱すおカメ。
「言えないっす。怒られそうで。(でも不満はある?)あるはあります」「喋りとか熱が入るとわーっと喋りだして止まらない。それが面白かったらいいけど…」と自由な発言かますたたん。
中丸いわくおカメの話は脱線してまた戻ってきたりするらしい。
そして田口は「『イチロー"さん"だろ』とアスリートへの"さん"づけを強要される」のが嫌。
 

(⌒ー⌒)「俺関係ねぇしって思う」

 

笑顔で結構なこと言うた。
でもカメ的には「地元の友達とかに"メンバーの中丸さぁ"って言われるのでも結構カチンと来る。中丸"くん"じゃないのって」らしいのでそこは許してあげてほしい。
メンバーを呼び捨てにされるたび

 

(´∀')「俺のメンバーだし!」

 

って思ってるらしいそんな健気なおカメに免じて。
あー楽しかった。ていうか感想長すぎる。