アラシデータ

感想文と言う名の覚書をしたためています。

「楔-kusabiー」PV+メイキング感想

買ってきた!

 

 

楔-kusabi-(初回限定盤1)(DVD付)

楔-kusabi-(初回限定盤1)(DVD付)

 
楔-kusabi-(初回限定盤2)(DVD付)

楔-kusabi-(初回限定盤2)(DVD付)

 

 



「楔ーkusabiー」PV
全体的にドラマのイメージに重なる、どこか異世界的な雰囲気。
設定がよくわからんけど。
4人が森の中を彷徨ってて泉にたどり着くっていう一連の流れで、他の人々も同じ行程を辿ってるってことはわかるけど意味がな~。
PVの設定に関して中丸のドラマから何らかのヒントが得られないだろうかと取りあえず三貴子の泉を調べてみた!
Wikipediaによれば、

『三貴子(みはしらのうずのみこ、さんきし)とは『古事記』で黄泉の国から帰ってきたイザナギが黄泉の汚れを落としたときに最後に生まれ落ちた三柱の神々のことである。イザナギ自身が自らの生んだ諸神の中で最も貴いとしたところからこの名が生まれた。三貴神(さんきしん)とも呼ばれる』



とのことで。とすれば、泉に4つ柱があったのは、KAT-TUN自身で、四貴神みたいな設定だったりとか?でもそうだとすると湖に到着した4人が光の柱を見てるってのがおかしいしな…。ただ、歌ってるシーンでは湖の光の柱はないし。
湖にたどり着いた時の中丸が怪訝そうなと言うか何かを探しているような表情でちょっと演技が入ってるのも気になる。
時間軸としては、4人と森をさまよう老若男女は別々だけど、どっちが先かによっても変わってくるかなぁ~。
疲れ切ったみすぼらしい様子の老若男女は黄泉の国へ目指している…とか。で、目的地は4つの光の柱がある湖(黄泉の国?入り口?)。
でも森の中にも一つ、少し傾き加減の光の柱があった。あと、森の中で小さな青白い光の玉が舞ってるし、4人もそれを手にしてる。
これ…森の中で佇むもう1本の柱が…聖のこと…だったりね。五貴神というか。湖まではたどり着いていない1本の柱。まあ完璧考えすぎやなこれは。
まあ湖までたどり着かずに森の中で魂を手放した…という人たちみたいにも見えるけど。
4人がそれぞれ青白い光を手の上に浮かべているのは、死んだ人たちの魂とも思えるし、4人自身の魂とも思える。
早い話が、結局何もわからん。(えー!)
冒頭のたたんパートで、顔の一部分にだけ光の当たるたたんが美しすぎるってことは言っときたい。
あとメイキング観てるとそこまで暗い時間帯ではないけど、幻想的な雰囲気の広がる色でPVが撮られててこれはこれで好きだなと思った。


「GIMME LUV」PV
「飲み干した~」で座ってる中丸がちょっと上から目線で歌ってるのがちょっと、なんかこう『中丸様降臨』って感じ。
1人カットのとこで、一人だけ座ってる中丸様。余裕!
「まだ僕はSTAY」で目をしかめるようなたたんが超絶男前。
田口は今日も絶賛韓流してる。
刈り上げってどうしてこう韓流っぽいんやろう。ヨン様刈り上げてへんのに。(薄い韓流知識!)
サビで斜めになるフォーメーションが好き。
こういうのって4~6人くらいやと綺麗にまとまる気がする。
あんまり人数多いと並んだら最後の人果てしなく奥側になるし。EXILEさんとかやったら奥の人判別不能。(失礼か)
「MAYBE,THE LAST TIME このまま」でジャンプするのすっごいカッコいい。中丸のダンスが特に好きなんだよな~。
ところで、おカメを見た時とか特にたたんを見た時に思うんやけど。

自分の眉毛も整えてほしい。

いつも綺麗すぎひん?顔整ってるから余計やけど。セルフやとしたら教え乞いたい。


「MONSTER NIGHT」PV
こう、世界観の作りこみ方というか楽曲のエンターテイメント性っていうのかな。
そういうのって、幅広いやり方を持ってるヤスに似てるものがあるのかなってちょっと思った。
アーティスト気質っていうか。「Dye d?」の雰囲気を思い出した。


「楔-kusabi-」メイキング
森の中にあった丸太でサーフィンごっこの田口。普段わけわからんくせにこういうとこだけ可愛いから手におえない。
そして次の瞬間には霧の中でシリアスな表情。ギャップ~!
あとは森の中のたたんも美しいなぁ。

(冫、)「虫はいますか?…ミミズですか。まあ、あの…害がない虫ならね」

害がなくても苦手な虫ならきっと騒ぐだろうに。
さらに「その辺にきのこ生えてますよ」という、意図のわからない補足情報をメイキング班にお届けする中丸。
何話してたのかはよくわからんけど、途中で楽しそうに話して笑いあう中亀が可愛いね~。

(冫、)「積極的にやっぱあれだな、名前を呼ばないとダメだよな多分」
(´∀')「ちゃんと、『おい!』とかじゃなくて、『上田!』とか『田口!』とか『田所っ!』とか…間違えた。何だっけ?名前」
(´・ω・`)「ジャムおじさん!」
(冫、)「ジャムおじさん違うわ、バカ」

フリーダムタツヤは今日も健在。

(冫、)「人生ゲームしてぇなあ」
(´・ω・`)「本当の人生かけたゲームやんねぇ?」

恐ろしいわ。
失うものが大きすぎる。
たたんはカイジでも観たの?

(冫、)「山手線ゲーム!山手線の名前。せーの、渋谷」
(´・ω・`)「鶯谷
(⌒ー⌒)「原宿」
(´∀')「恵比寿」
(冫、)「はら、あ、あの~代々木」
(´∀')「あぇ?今、はら、っつったでしょ?」
(冫、)「あれ?知らない?」
(´∀')「はら…」
(冫、)「はら代々木、知らない?」

知らん。
でも知らない?って言われた瞬間ちょっと怯むおカメが愛しいよ。

(⌒ー⌒)「ぎゃはは(笑)!」
(´∀')「いや、ないっしょ。ないよね?」

やっぱり不安だったらしくたたんに確認を取るおカメ。

(´・ω・`)「なかまるおまえじんせいおわった~」

たたんは勝手に中丸の人生をかけていたらしい。小学生か。

(冫、)「ははは(笑)。7年後に向けて作るらしいよ」
(´∀')「認めようよ」
(冫、)「え?」
(´∀')「認めようよちゃんと。ミスは」

KAT-TUNの学級委員長から指導される最年長。

(冫、)「ふふふ(笑)」
(´∀')「もう大人だよ?」
(冫、)「なんで(笑)?そういうゲーム?これ」
(´∀')「うん。そういうゲーム」

初耳。
いつから山手線ゲームは己の過ちを顧みるゲームになったのか。

(´∀')「もっかいじゃあ原宿から行く?」

優しいな。結局やり直しきくんや。
おカメは本当に中丸のこと好きやなぁ。構いたくて仕方ない感じが出てて愛らしい。

(´∀')「原宿から行く?」
(冫、)「……(こくん)」
(´∀')「じゃあもっかい原宿から。もっかい言って」
(⌒ー⌒)「ヘイ!ヘイ!原宿!」
(´∀')「恵比寿」
(冫、)「鶯谷
(´∀')「言ったじゃん(嬉々)!」
(´・ω・`)「言ったじゃん…(呆れ)」
(冫、)「ちょっと待って。言ってよそしたら。原宿とか言ってんじゃん」
(´∀')「こっからだって…」
(⌒ー⌒)「リピートだったんじゃないの」
(冫、)「あっ、リピートね!」
(⌒ー⌒)「編集点だったんじゃないの今の」

ガチダメ出しをくらう最年長。

(冫、)「あのぉ、2つ目の鶯谷できんの。知らない(笑)?」
(´∀')「認めろよ、間違いはちゃんと。すぐに」
(冫、)「2つ目できんだよ」
(´∀')「お前大学卒業したんだろ。大学卒業しただろ。大人として。認めよう」
(冫、)「……(笑ってる)」
(´∀')「な?お前のドラマの主題歌なんだよ。認めよ。そこは」
(冫、)「……(笑ってる)」
(´∀')「お前のドラマの主題歌ってことちゃんと認めよ。この曲が。いつまでも意地張ってこれオレのドラマの主題歌じゃないとか言ってる場合じゃないよ」

論点ずれた。

(冫、)「……(どう処理しようかなぁの顔)」
(⌒ー⌒)「1ニョッキ!」
(´・ω・`)「(即座に)2ニョッキ!」
(冫、)「(ここぞとばかりに)鶯谷!」
(´∀')「んふっ(笑)。ねぇ、認めろよ(笑)」

田口に救われた。

(´∀')「お前髪染めた?」
(冫、)「染めたねぇ」
(⌒ー⌒)「小豆色だね!」
(´・ω・`)「よく気付くね(笑)」
(冫、)「さすが。根元染めたよ」
(´∀')「(ずっと中丸を見つめてる)結構明るくなったよ」

小豆色ではない。
そしてたたんの言う通りよく気付いたなおカメ。さっぱりわからん。
根元染めたってリタッチしただけってこと?ならなおさら気付けるおカメ怖い。中丸担。
しかも結構明るくなったよ、って台詞の後に「お前らわかんないの?」って付きそうで怖い。わからんかった。ゴメン。
また唐突に始まる山手線ゲーム。好きやなあんたら。

(´・ω・`)「目白」
(⌒ー⌒)「五反田」
(´∀')「目黒」
(冫、)「西日暮里」
(´・ω・`)「日暮里」
(⌒ー⌒)「新宿」
(´∀')「品川」
(冫、)「目黒」
(⌒ー⌒)「言った!」
(´・ω・`)「お前よわっ!」
(冫、)「知らないの?目黒(笑)」
(´・ω・`)「記憶飛ぶの早ぇな」
(冫、)「え?誰が言った?」
(´∀')「俺が言った目黒」
(冫、)「え?どっち?」
(´∀')「どっちって目黒だよ」
(冫、)「目黒のどっち?」
(´∀')「品川区目黒だよ。品川区にある目黒駅だよ」
(冫、)「それ駄目だわ。俺言ったもん」

最年長、めんどくさい。

(⌒ー⌒)「中丸くんよっわ!」
(´∀')「何かもっと違うのにしようよ」
(⌒ー⌒)「じゃあジャニーズの名前にしようよ。ジャニーズタレントとかの名前で。ジュニアなし」
(冫、)「誰から?」
(⌒ー⌒)「中丸くん。せーの」
(冫、)「きんき、あー…」
(´∀')「はいだめぇー!」
(⌒ー⌒)「はっや!」
(´∀')「2人選べなかった(笑)?」
(冫、)「そうそうそう(笑)いや、ど、ど…っってあ、2人とも堂本だ、って」

ところで、もうちょっと引けば画面に収まったと思うのに見切れているというか全力で枠外の田口さんの扱いは何故。
所かわって湖での撮影。
もぐらんってこれ?→http://www.fujigokokisen.jp/contents/mogrun/
てことは撮影場所、富士五湖の1つ「本栖湖」ってとこか?
相変わらず距離の近い中亀。
ゴルフのスイングをする田口にならい、やってみるおカメ。異様に尻が突出。

(⌒ー⌒)「腰がいいねぇ~!いいねぇ!いいねいいねいいねぇ~!」

ぷりぷりとおケツを揺らした挙句結局野球のスイングをするおカメ。
田口のテンションが完璧にグラビアカメラマンのそれ。
そして何故か湖に向かって石を投げ込み始める中丸雄一(30)・上田竜也(30)・田口淳之介(28)・亀梨和也(27)のアラサーアイドル・KAT-TUN

(´∀')「あいつ撮ったほうが面白いですよ」

と言われ、素直にたたんを撮るクルー。何故か結構遠くで素振り中。

(´・ω・`)「犬がいた、犬が!でかい犬がいた!こっち来ないかなぁ…」

フリーダム。
そして「変身インタビュアーの憂鬱」主題歌ということでドラマの話。

(´∀')「オープニングいっつも湖からね、中丸が」
(冫、)「そうそ。ざばーって」
(⌒ー⌒)「はっはっは(笑)ざばぁーって」
(´∀')「変身するときは湖に入って…」
(冫、)「そう。へーんしん、じゃぼーんって入ってバーン!て出てくるとロン毛。そうそう、全部違う

ロン毛がベースとは知らなかったおカメ爆笑。
1月で全部取り切ったんか~ドラマ。結構ハードスケ?まあほぼロケやから集中的にってとこかな~。
あと3話楽しみに見る~。