読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

「今、この顔がスゴい!」感想

2014年1月9日と2014年1月16日放送のKAT-TUN出演分。
「新春特別企画!ジャニーズor芸人 どちらが憧れの存在か?100人が判定!」

 


▼2014.1.9
嵐とKAT-TUNの帝王揃い踏み…!!一部の人間的にはなんて美味しい状況。
ジャニーズはNGが多い!と芸人に言われる櫻井軍団(櫻井+KAT-TUN)。
(´∀')「熱湯風呂もやってますし、豚骨戦争もやってますし!豚骨戦争やったことないですか?豚骨スープをかけあうんですよ
ダチョウ倶楽部に教わった秘儀。
庄司が「俺はお尻でくるみ割りのギネス記録を持ってる。(ジャニーズは)お尻NGでしょ?」って言った瞬間脳裏に中丸帝王の尻が浮かんだ。
「変身インタビュアーの憂鬱」変身シーンにてタイトな下着姿を披露し、中丸ファンを歓喜させたかと思いきやまったく別人の尻であったあの尻を…思い出した。
(´∀')「櫻井先輩は某雑誌でねぇ、全部見せてますよ!」
(`・3・´)「あーそうそうそう。…ってあれおしゃれなやつ!!おしゃれなやつあれ!笑わせるやつじゃないから!」
必死にananを弁明する櫻井先輩。結果、お尻はNGではないと証明できたから良かったけどね。
坪倉「ハゲは?」
有吉「ハゲはだめでしょ!」
(`・3・´)「ハゲがNGかどうかはごめんなさい、まだ確認取れてないです」
芸人さんは売れてくると持ちネタをやらない!と批判したにもかかわらず、4年もやり続けている庄司の「ミキティー!!」を生で見て大爆笑のたつあ。愛しい。
ジャニーズは曲を流したりリハしたり色々と面倒だというノブコブ吉村に早速対抗馬を差し出すおカメ。
(´∀')「何もなくてもできますよジャニーズも!」
ご指名を受けた中丸がヒューマンビートボックスを披露していると、敵チームの狩野さんが「ブンブンツゥッ」と言いながら参戦。
(冫、)「…え?」
ここ…!この後の中丸帝王の顔…っていうか明らかなるDFE(DEAD FISH EYE=死んだ魚の目)!
これ一般人から見たら「あ~中丸君出番とられて呆然としてる~」ってなるところが、帝王信者は
「ああ帝王……!!怒りをお鎮めください…!これはバラエティーですゆえ…!狩野さん逃げて…超逃げて…!」ってなる。
そしてこの後本当にジャニーズがNGがないのかを見極めるために芸人用リアクション小道具がスタジオに用意される。
(´∀')「だって僕ら、4人ですよ?その時点でNGないですから」
これで芸人含めスタジオ全体の爆笑をかっさらうおカメ。本当にたくましい!素敵!
田口は「ザリガニ鼻はさみ」に挑戦。
ザリガニに鼻を挟まれ、のけぞって痛みに悶える田口。ああ可愛い!!
それにしてもあの美しい涙は反則。髪型とかの雰囲気もあってちょっと今幼い感じだから余計に際立つ。
しかも泣き笑いしてて目がほそくなって、両目から輝く滴がしたたり落ちて…ちょっとポエムにしたいくらい画になりすぎてさすが。
次はおカメがハリセンに挑戦。
しかし挑戦前に、敵チームの土田さんやら有吉やらが「ここまできちんと折っちゃうとダメ」「これ駄目なやつだ」「血が出る」と脅すので、
(´∀')「スタッフ…素人なんですか…?」
と怯えるおカメ。鈴木にハリセンで叩かれるので、きゅっと両手でお目目をかくすおカメ。げろかわ。
なんであんな、肩をちっちゃく縮こまらせて鼻と口だけが出る状態で可愛く目を隠すことが出来るのか…女子力ハンパないな。
そして、ハリセンで殴られて思わず、鈴木拓に蹴りをぶちかますおカメ。ポジショニングに怒ったらしい。確かに有吉も言ってたけど音悪かった。
結局坪倉さんがきちんとハリセンをして、若干キレかけるおカメ。あの流し目はキレかけ。
中丸は激辛マーボーに挑戦。
(冫、)「NGないっすから!……っ香りスゴイ!!今までに嗅いだことのない香りですよコレ!」
素晴らしいな。食べる前にもひとつリアクションを落としていくとは。
辛みに悶える中丸。だがしかし、先程痛みに悶える田口は可愛すぎたけど中丸帝王の悶え方は面白すぎた。くねくねしてる。
最後はたつあがすねブランコに挑戦。
塚地の実演に、これは無理じゃないか?と言われるも「やります、やります」とやる気を失わないたつあ。の、後ろで大口開けて驚いてる中丸。そうか心配か。
たつあがすねをまくり上げてポジショニングに入る中、ブランコを当てる役割の田口も近くに移動。その瞬間、
(冫、)「固いの?固いの?」
と言いながら画面にカットインし、ブランコの固さを自らの手で確認する中丸。
たつあのすねに当たる部分を何度も撫でて、入念なチェック。はーろばまる。なんてろばまる。というよりも一方的な中丸さんの心配。
たつあのソロコンサート見に来て演出に「あんな危ないことやめなさい!」とケチをつけたおかん中丸思い出す。
(´・ω・`)「っ待って。ちょ、ま、待って待って。いく、行くとき言うから!」
怯えるたつあ。なんて愛おしい。ボキャブラリー貧困でごめん。そして田口だけでいいから必要ないのに、やっぱりブランコの高さの調節にまで手を出す中丸。
結果、地味な痛みに悶えながら、ブランコを発進させた田口を恨めしそうに睨むたつあ。
どうしよう、たっち両方キレちゃう!!田口は何も悪くないけどね!!
そしてそれを見て爆笑のおカメの隣で思わず両手で口を押える中丸。ああもうそうね。しんぱいね!
有吉「ジャニーズですねブランコやったの初めてでしょ!これはもう決着つけるしかない。犬だな。警察犬行くしかないでしょ(櫻井さんを見る)」
(`・3・´)「!?」
(⌒ー⌒)「せんぱーい!」
(`・3・´)「むりむりむりですよ!」
竹山「KAT-TUN対芸人じゃないでしょ?ジャニーズ対芸人でしょ?」
有吉「いけんの?犬」
(`・3・´)「…っいやNGないですよ!」
有吉「土田さんも行けます?」
土田「行けない」
爆笑した。素敵すぎるわ。この太田プロ直属の上司と部下な有吉土田ライン。大好き。
結局櫻井さんが警察犬腕噛まれに挑戦。
有吉「名前呼んであげて!」
(`・3・´)「アスター!!」
アスター「(とびかかろうとしてるけど飼育員に止められてる)」
(`・3・´)「…!!(怯)」
泣きそう!だめだ翔ちゃん泣きそう!!すごい面白い顔してる!(追い打ちか)
しかしなかなか警察犬相手に奮闘する翔さん。と思ってたら巻き込み事故を狙って、KAT-TUNに近づく。
こないで!あっち!ってわちゃわちゃする5人。まさかKAT-TUNと翔さんがこんな絡み方をする日が来るとはな…!
有吉「NGの顔してんじゃん(笑)」
(`・3・´)「(こくこく!)…あ~怖ぇ!!」
なんとかNGがないことは証明できた5人。
(´∀')「NGないとは言ってますけど。まあ唯一NGなのは店だすとかはNGですよ(笑)
有吉「おい!いいのか(笑)!?」
おカメは本当にたくましく育った…。色んな事を経験してる強さっていうかこのやり方って今までのジャニーズにはあり得なかったことだから強みだよなぁ。
まぁ脱退の状況にもよるけど。
次はジャニーズの方がファンサービスでは上。ということでジャニーズファンサービスVTR。
じぇいの「今から俺らが5万5千人幸せにしてやるよ!」が流れた瞬間、
(`・3・´)「素晴らしいッ!!」
あなたのその反応の速さもな。素晴らしいよ。
ていうか手越さんて王子様キャラだったんすか…。チャラ男キャラもしくは神系キャラかと。
そして「CHAIN」でのおカメの投げ吐息とセクシーグラサン外し、キュートなペコちゃん、指しゃぶりのVTRが流れる。
待ってくれ…このVTRを「用意しました」ということでV振りしたのは中丸さんということを忘れないでくれ…本人が用意したわけではないが。
そして櫻井さんのファンサービス。
(`・3・´)「How Are You Feeling TOKYO?」カウント1
(`・3・´)「調子はどうだぁ?」カウント2
(`・3・´)「調子はどうだぁ?」カウント3
(`・3・´)「上の方 調子はどうだぁ?」カウント4
(`・3・´)「上の方 調子はどうなんだぁ?」カウント5
(`・3・´)「下の方 調子はどうだぁ?」カウント6
(`・3・´)「Hey!下の方 調子はどうなんだぁ?」カウント7
(`・3・´)「東京 調子はどうだぁ?」カウント8
(`・3・´)「俺たちはもう準備できてるぞぉ~!みーんなはどうなんだぁ?」カウント9
(`・3・´)「みんなの声を聞かせてくれ!」カウント10
(`・3・´)「あらすぃ~ あらすぃ~ あらすぃ~ あらすぃ~ もっと あらすぃ~!もっと あらすぃ~!もっと あらすぃ~!最後までたのしんでくださぁ~い!」
畳みかけるような体調確認。計カウント10。
こうやって書いてみるとそうやな…。多いな。でも普段DVD見たりしてる分には何とも思ったことなかった。
改めて外部から言われるとそうやな…激しく確認されてるな。それにしても「もっとあらっし!」を「もっとあらすぃ~」と文字で表す発想はなかった。
有吉「調子いいから来てんだから」
oh!
有吉に亀梨君のパフォーマンスくらいならできるよ!振られた竹梨くん(竹山さん)が挑戦するも客席悲鳴。
有吉「そんな変わんないだろ?」
(´∀')「あんなんじゃないもん!」
もん、だって。もん、だって。ああ、悶絶!!
(´∀')「なんか会場行って始まると、勝手に出るんですよ。歌ってて、次のタイミングでなんかやった方がいいなとか思うんですよ」
(⌒ー⌒)「間がすっごくいいんですよ。だからぁ、勉強になるんですよ逆に。メンバーなのに」
唐突な田口さんの向上心、悪くないと思う。
(´∀')「こうやったらお客さん喜んでくれるんじゃないかな、っていうのがやっぱメインで考えてますから」
坪倉「だからそれはオフィシャルですよね。僕一回中丸君とドラマ(「主に泣いてます」)一緒にやった時に空き時間外でコーヒー飲んでたら、ファンの方が周りに10人くらい来てたんですよ。全然ファンサービスしてなかった」
(冫、)「いやまってまってまって。いやいやいや、してます。してます、してます!してます!あれは、あれっ、いや、あれは、あれであれですよ、あの~あれは、あの~」
しどろもどろってこのことか。
(冫、)「コンサートじゃないですよね?ドラマの現場ですよね?で、スタッフの皆さんもいて共演者の方もいらっしゃる。で、その人たちがいる中でこんなん(投げキッス)して、ね?その10人の方が『キャッ!』ってなった場合迷惑がかかるじゃないですか」
庄司「俺、街で『ミキティー!』って言われたら『ミキティー!』って返すよ」
(冫、)「ほんとすか?」
(´∀')「街で声かけられたりとかして、ほんとはファンサービスとかしたいんですけど、もしそれで大変なことになって誰か怪我しちゃうとかなったら、っていう風に言われたりするんですよ」
中丸の為にひたすらフォローを頑張るけなげなおカメ。
有吉「怪我したらさ、『調子はどうだい?』って聞いてやりゃいいじゃんか」
竹山「あらすぃ~!!」
(`・3・´)「やりづれぇなぁ!!やりづれぇ!やりづれぇ!」
今後ホントにやりづらくなってやらなかったらどうしようとかちょっと思った。やるだろうけど。
有吉「ミキティ言ってやって!」
庄司「ミキティ~!!あらすぃ~!!」
(`・3・´)「やめてよもう!」
有吉「あれパクってんの?」
(`・3・´)「パクってないですよ!パクってないですけど去年のツアーで『にのみぃ~!!』はやりました。すいません
そしてジャニーズの方が夢を与えているということで芸人がプライベートを切り売りしすぎという検証VTR。
ジャニーズだって色々努力してる!という櫻井さんに反応を返せない中丸通常運転過ぎる。
有吉「亀梨君とか上田君とかがすごい芸能人なカッコしてるから櫻井君びびったことあったんだよね?」
(`・3・´)「ありましたありました。嵐でコンサートリハーサルやってて、KAT-TUNが挨拶来てくれたら、大野が『あいつらマジで芸能人だな』って言ってました
引き合いに出されたのがたっちだけなんだけども…市ヶ谷は…市ヶ谷はここ関係なかったのですか……。
中間発表では当初どちらになりたいか?で【12(芸人)対88(ジャニーズ)】だったのが【37(芸人)対63(ジャニーズ)】に。
(´∀')「これはちょっとまずいですね」
有吉「あれだけ全力のコンサート流してこれだからね!」
(`・3・´)「亀梨君のかっこいいからまだいいけど、俺調子聞いてるだけだから…」
切ねぇ。

▼2014.1.16
まずは運動神経はジャニーズの方が上!というテーマ。
(⌒ー⌒)「カメはもう野球で、始球式なのに選手と対決しちゃうぐらいですし。上田はあの、ボクシングがすごい得意ですし、中丸君は、あの~中学生の時にサッカーでね、あの~」
(冫、)「いやいや微妙にないなら言わなくていいよ!」
有吉「サッカーでなに?」
(冫、)「都大会に出て一回戦で負けました」
有吉「普通じゃねぇか(笑)」
(⌒ー⌒)「まあやっぱそういう運動神経があるからライブとかにも生かされてますし」
(`・3・´)「機敏な動きっていうかやっぱ動きとしてはどう?田口君」
(⌒ー⌒)「僕はもうアクロバットが得意なんで」
(`・3・´)「今簡単にやってもらえるもの?」
(⌒ー⌒)「はい、じゃあやります」
ということで華麗なバク宙を披露した田口。
(`・3・´)「すげぇ…。バク宙じゃん…」
当然だと言わんばかりの表情で田口を冷静に見つめるKAT-TUNメンバーとは違いすげぇ驚いてる翔さん。
そうだな。嵐も3人はバク宙できるけど最近はやることないから見る機会ないもんな。それに身長のこともあってこんだけ軽やかに高いバク宙なんてそうそう拝めるもんじゃないし。
今全員バク宙できるデビュー組ってV6とA.B.C-Zだけか。えびじはまあそういうグループだからとはいえ、V6の身体能力の高さよ…!
そしてたつあのボクシングVTRが流れる。井岡選手との戦い。ほんとすごい!たつあはほんとすごい!!
そしてスタジオでシャドーボクシングを披露するたつあ。はっやいな~。
(⌒ー⌒)「実際立ってみてください前に!狩野さん!」
狩野「(立ってみる)ちょ、ちょっと待って待って!風が、すごいんですよ!ドライヤーがあるくらいの感じ!」
って言ってたら運動神経でいったら庄司もすごいという話で庄司VS上田の綱のぼり対決。上にある鐘ならして「ミキティー!!」って言った方が勝ち。
負けたくない!!と言って登ったたつあがするすると上にのぼって鐘を鳴らして
(´・ω・`)「ミキティー!!!」
あああかわいいいいいい…なに!あの!嬉しそうな!笑顔!ぼろ勝ちだったね!
たつあはほんとアスリートになって来たもんね。KAT-TUNアスリート2人いるよ?どうすんの?アスリート系アイドルなの?
そして芸人の方が演技力は上!という芸人側の主張の次は先輩の凄さではジャニーズの方が上という主張。
(⌒ー⌒)「(東山さんと)2人で舞台をやらせてもらって。まあW主演という形でやらせてもらってたんですけど。飲みに行ったりするときは全部東山さんが出してくれてたんで、さすがに僕もまあ悪いなぁと思って自分がセッティングして自分が会計もするんで任せてくださいって言って会をやって。じゃあ会計しに行こうと思ったらもう会計終わっていて。東山さんがしてくれていて。その上『今日は田口のおごりだからみんな楽しかったな!』みたいな感じで言ってくれるんですよ!」
さすがヒガシ…。ヒガシって普段呼ばんけど。惚れるわヒガシ…。
(´∀')「マッチさんと、TOKIOの松岡君と、東山さんと、僕でカラオケに行ったんですよ」
有吉「すげぇ面子だな」
ほんまやで。どういうことや。
(´∀')「したら、東山さんと松岡君がマッチさんが席座るまで絶対席に座らないんですよ。もうほんとにみんな立って、マッチさんが座ってからみんな座るみたいな。で僕も、一番下っ端だからやらなきゃ!と思って立ってたらマッチさんが来て肩とって、ドンって(座らせて)『お前は座れ。そういう世代じゃない』って」
(`・3・´)「すげぇ…」
(´∀')「でも、座ってて東山さんと松岡君立ってるじゃないですか(笑)。で…(微妙に気まずい)」
まあ気まずいよな。でもそこを気にする人ではないと思うけどね東山さんも松岡君も。
さらに智のエピソードも話してくれるおカメ。
(´∀')「嵐さんのデビューの時から嵐さんのバックダンサーやらせてもらってたんですよ。で、大野君担当だったんですよ。衣装替えだったり、出る前も一緒に居たりとかする機会あって。その時に大野君絵描いてくださいよって言って。ずっとそれから何年も何年も…いいよって言ったんだけど絵が届かなかったんです。で、10年後くらいにその年の誕生日にこんなデカい絵が届いたんですよ!本当に時間かけて書いてくれたみたいで。毎日僕の写真を見ながら描いてたから『俺かめちゃんのこと好きになっちゃったよ~』とか言って(笑)」
有吉「優しい!」
(`・3・´)「素敵な先輩!」
あんたのメンバーだよ。でも翔さん顔固いな。大丈夫、智は誰にでもそういうこと言える男なんだから今更心配することないよ翔さん!(とんだ誤解)
(´∀')「リビングの一番いい場所にダンって置かせてもらってるんですけど」
(`・3・´)「わぁ~嵐いい人だなぁこれ!」
有吉「大野君だよ。櫻井君の話全然出てこないもんな」
(`・3・´)「いやいや、いいよいいよぉ(笑)」
有吉「いいの?やめとく?」
(`・3・´)「いやいやいやいや」
(´∀')「僕ありますよ。ジュニアの頃に、翔くんが『木更津キャッツアイ』で野球の役をやると。で、亀梨ちょっと教えてくれないかって。わかりましたって言って。一番出やすいとこどこって言われて、東京駅って言ったらまず東京駅まで迎えに来てくれて。翔くんの助手席に緊張しながら乗って。神宮に行ったんですよ。キャッチボールやろうって中に入って行って。わっすごい入れるんだ、と思って。で、キャッチボールやってたら『お前ら勝手に入ってんじゃねぇ!』って言われて
有吉「自由だと思ったの?」
(`・3・´)「すげぇ怒られた…」
(´∀')「すいませーんとか言って。ちょっと神宮の外側でキャッチボールやって、その後におしゃれなカフェに連れてってくれて。まだ僕も14~15とかだったんでカフェとか行ったことないじゃないですか。その後にカラオケに。僕だけの為にラップ歌ってくれたり」
(`・3・´)「いやいや…いい風に言ってくれてますけど。規模感がさっきの話と全然小さいの」
(´∀')「や、でもそういうのが後輩にとっては嬉しい」
有吉「カラオケは許可取ってたのね?大丈夫ね?」
(`・3・´)「入れますよどこでも!」
そしてジャニーさんが結局一番謎で気になるという有吉。
(´∀')「ジャニーさんはすごいですよ」
(´・ω・`)「まず社長のオーラがゼロなんですよ」
自社の社長を紹介する際にまず最初に”オーラがゼロ”と言うことってある?まず言うのがこれよ?
(´・ω・`)「気付かないパターンが多いですね。で、誰なんだろうあのおじさん?って思ってたら『ぼくしゃちょう』みたいな」
(´∀')「でも一番気を使ってくれるというか。僕が、一回あの舞台本番前に体調を崩してしまって入院してたんですね。で、病院から通ってたんですけど舞台に。そしたらジャニーさんが心配してくれて。『You ごはんどうする?』って。ああいいよ病院のやつで全然いいよって言ったら『ぼくなんか買ってくから!』って。なかなか来ないんですよ。一時間半か二時間くらいしてやっと到着したと思ったら全種類!中華とか全種類ですよ!『ごめんねちょっと遅くなっちゃって!おにく、ラーメン、中華、イタリアン』みたいな『You全部好きなの食べちゃいな』。ってなんかすごい愛情のある人ですね」
さすがはMCカメー。中華だけ2回言った。
(´∀')「車買おうか迷った時に『じゃあ試し乗りにYOUぼくの車一週間貸してあげる』ってジャニーさんが車貸してくれて。で、ジャニーさんは自分はタクシーで仕事に行くっていう」
塚地「その『YOU~』みたいにものまねしてるのとかは怒られないの?」
(´∀')「怒んない」
(´・ω・`)「ただ噂では、本当に怒ると普段『僕』って言うんですけど、『俺』ってなるらしいんですよね」
漫画みたいな設定やな。
(`・3・´)「会ってるの?みんな。田口とか会ってるの?」
(⌒ー⌒)「最近会ってないし、会った時もいつもあのぉ、僕の自己紹介のネタがあるんで田口とは呼ばれなくて出口って呼ばれます
有吉「入り口出口ね(笑)!」
竹山「でもそこまで分かってくれてるってことでしょ」
(冫、)「僕もあれですね。中丸っていうんですけど、薬丸って言われますね
KAT-TUNになる前のモテエピソードを披露することになった田口。
(⌒ー⌒)「小学生の時転校とか多かったんで。その転校先で、廊下に女子が一面ばーって並んで迎えてくれたこととかありましたよ
もう田口さんは絶対に何らかの形で王族の血を引いている。もう間違いなくそうだ。少なくとも自分はそう思ってる。
あの気品漂う雰囲気見てくれよ。絶対王族だろ。
間違いなくそうだとは思っていたものの「NO MORE PAIN」のコンサートで最後の馬に乗って出てくる映像を見た時に確信した。
あれ、王子だ。(戻ってこい)
(´∀')「僕スゴイスカートめくりしてたんですよ幼稚園の頃。めちゃくちゃしてて。それが小学校一年生に入っても直らず。そしたらある女の子が『亀梨君こっちきな!座って』って座らされて。ばさってスカートの中に入れられて。入ってなよって」
まじかよ…。でもそれ以上に、女の子の台詞を真似するときの喋り方と仕草が完璧なる女子ってことの方が気になった。ていうかこれモテエピソードでいいのか。
でも中丸帝王はあのエピソードを披露しておいたほうがいいと思うよ。ありがちだけどなかなかないエピソード。
卒業式で、中のシャツまでボタン全部もってかれたというスタンダードであるがゆえの最強モテエピソードを。素敵だな。
でもほんと楽しかったな~!!またこういうのやってほしい!!