アラシデータ

感想文と言う名の覚書をしたためています。

「うたうで!おどるで!THEカヴァ★コラTV」感想

もろもろと感想。

 



無責任ヒーロー関ジャニ∞(関ジャニ∞)

(´Д`)「うたうでっ!」
(゚レ゜)「踊るでっ!」
(・_・)「THE!」
関ジャニ∞「カヴァコラTV~!!」

▼チャンピオン/アリス(谷村新司錦戸亮大倉忠義)
こういう低音の重厚な曲は大倉の声質に合ってるな~と思う。
にしても前回も思ったけど大倉普通にギター弾けるねんな。

▼LOVE PHANTOM/B'z(野村義男渋谷すばる)
ワイヤレスじゃないマイクの時の渋谷さんは巻くよね。巻く。
体とか首とか腕、手にぐるぐる巻く。
すばちゃんの身長には長すぎるの?だから巻くの?(違うやろ)
でもこういう曲の渋谷さんのまさに戦闘態勢な、いわゆる”ジャニーズっぽくない”歌い方ってほれぼれするカッコよさ。
谷村新司「すばるいいね。すごくロックなボーカルで」

ひこうき雲荒井由実(高橋真麻丸山隆平安田章大大倉忠義)
ベース・ギター・ドラムの3ピースバンドにボーカルが真麻。

恋するフォーチュンクッキーAKB48(キンタロー。乃木坂46&升&水卜&丸山隆平)
升さんの硬さって漫画とかでいわゆるダンス下手とか運動音痴とか言われる人の踊り方やなって思うくらい模範的ながちがちの踊り方。
丸山さんは途中から井上陽水になってたんですが大丈夫ですか。
(´Д`)「いじるところが多すぎる」

神田川南こうせつ+うちのお父さん/南こうせつ(南こうせつ安田章大錦戸亮)
アコースティックなのになるとやっぱギターが重宝されるな。となるとヤンマーだ。
これぞヒナの言うところの、ヤンマーによる技巧派のハモりですな。
色んな楽曲のテイストを経験してきてる関ジャニ∞だからこういう歌番組出来るよな~っていうのを、こういう曲聞くと思う。
南「リハーサルしたんですけど完璧に2人とも覚えてきてくれてて」
(゚レ゜)「聞くところによると錦戸が写メを撮ったって」
(´д`・)「うちの母親がこうせつさんのことを崇拝しとって。だから撮って、お母さんに送ってええですか?言うて。すぐ撮らしてくれて。あと、柚子こしょうもいただいて
(゚レ゜)「ちょっとしたエピソードも(笑)。歌中で『錦戸!』って呼びかけられてびくってしてる場合ちゃうで」
(´д`・)「ちょっとびっくりして(笑)」
そしてヤスに話聞こうと思ったらすでに次の曲のスタンバイでマルちゃんと踊っているヤス。忙しいな山田。
あと、柚子こしょうくれ。

▼Don't wanna cry/安室奈美恵(LiLiCo&丸山隆平安田章大)
バックダンサー山田。
リリコが自分のことを超絶好きだと知っていてぐいぐい絡みにいく安田さん怖い。オスだ。今日はオスだ。
(゚レ゜)「途中求愛のダンスみたいになってた」

▼泣かないで/舘ひろし(舘ひろし錦戸亮大倉忠義)
どうしよう。この関ジャニ∞のビジュアルツートップを持ってしても勝てることのない舘ひろしダンディーな大人の魅力。
これがシルバーレンジャーとは思えないな。パパと娘の7日間で内股でNEWSのシゲさんにきゅんきゅんしてた人とは思えんな。
(゚レ゜)「大倉終始笑顔やったで!」
(`ヽ´)「楽しくてさ。普段、泣かないでなんて言えへんやん
(´Д`)「言われへんな(笑)。それを歌わしてもらってな」
(`ヽ´)「大人な曲を~」
(゚レ゜)「どうやった?どっくんは」
(´д`・)「今歌ってる時はすごい自分がダンディーなんやろうなって(笑)」
(゚レ゜)「そうやな(笑)」
なんか、さっきは錦戸やったのにふっと「どっくん」って。全国区のテレビとかじゃほとんど言わんくせに。なんかそういうところにぐっとくる。

▼女々しくて/ゴールデンボンバー(ゴールデンボンバー横山裕丸山隆平安田章大)
実にノリノリな丸山さんが素敵。こういうTHE・アゲ曲ってまるちゃんとの相性抜群だわ。
そしてゴールデンボンバーのいつものパフォーマンスによって、凧揚げのたこにされる丸山さん。
そしてそのたこの糸を持たされる舘ひろしさん。なんか、楽しんでいただけたのであればすごく、良かったです。
(´∀`)「おろしてくださ~い。僕こう見えても高いとこ苦手なんです」
(´Д`)「高いとこ苦手?でももうあがってもうたから」
(゚レ゜)「いや、まるちゃん、ちょっと飛んでるくらいの方がええ感じやでまるちゃん。大丈夫大丈夫」
(´∀`)「あ、そお?」
(´Д`)「(降りてきたまるちゃんに)まる、まる、大丈夫でした?」
(´∀`)「I'm feel so good.OK」
(´Д`)「Feel so good(笑)。舘さんが持ってくれてはったで?たこ」
(´∀`)「ありがとうございます」
舘「ありがとうございます(笑)」
(´∀`)「今年も関ジャニ∞、高いとこまで飛べそうです(良い笑顔)」
舘「飛んで行ってください(笑)」
色んな意味で。

ワイルドアットハート/嵐(関ジャニ∞)
バンド演奏にするとかなりロックな雰囲気になるな。
でもやっぱりそれぞれのグループの曲はそれぞれのグループに合わせて作られてるんやなぁっていうのがよくわかった。
多分関ジャニ∞の曲を嵐が歌っても違うと思うし。
あとキーちょっと変えてるとこある?思ってたよりも結構違和感あったな。
これがカウコンとかやったらただただ楽しく聞けるんやろうけどこう真正面からカバーするもんでもないんやなって。
にしても、曲終わりで移動の時にまるちゃんの背中をぽんぽん叩きながら登場する渋谷さん。
それに対して特別変わったりアクションを起こすわけでもなくすんなり受け入れているまるちゃん。なんだそのまるすば。
(゚レ゜)「いやっ、ちょっと待ってくださいね?ヒナ!お前どこ座ってんねん!こっちちょっと、MC席戻ってこな、ほら」
升「村上さん?」
(゚レ゜)「何休んでんの…」
(´∀`)「出た!まさかピアニストきた…」
(゚レ゜)「来た!この時間が来た!ということは?」
横山さんテンション高いな。でも個人的には「戻ってこな。ほら」の「ほら」のトーンが好きすぎる。

▼Jupiter/平原綾香(平原綾香村上信五)
今回のヒナのピアノ伴奏披露曲。
升「横山さん緊張の瞬間ですねこれ」
(゚レ゜)「そうですね、僕らもちょっと固唾をのんで見たいと思いますけど、頑張ってほしいな」
升「さあ村上さん準備オッケーですか?」
(´Д`)「(こくん)」
(゚レ゜)「思いっきりいこう、ヒナ!!」
関ジャニ「がんばれー、がんばれー!」
升「平原綾香さんの歌声と村上さんのピアノで、Jupiter」
(゚レ゜)「(小さく)がんばれ」
やはり手の震えるおヒナがもう…もう…な!たまらなくてな!ああもう抱きしめてやりたいですね!おヒナを抱きしめてやりたいなんて、多分このカヴァコラの時くらいしか思わんけど!抱きしめてやりたいな!(迷惑やわ)

でもこれはピアノ伴奏で歌うのが一番映える曲だよなぁと思う。同時に、ピアノでのイメージが強いから少しでも間違ったらわかりやすい曲でもあると思う。
そんななかですっごい頑張った。緊張がすごい伝わって来た。途中から少し余裕が出来たのかリズムに乗ってる感じも見受けられたし。
(゚レ゜)「いーやぁ、やったなぁ!!取りあえず平原さん本当に、素敵なお歌ありがとうございます。どうですか?村上」
平原「素晴らしい」
(゚レ゜)「なんかすごい緊張感がね、スタジオに走りましたけども」
(´Д`)「本当に歌声に引っ張っていただいて」
平原「いやでもリハーサルの時から完璧で。なので私も気持ちよく歌えました」
(´Д`)「本当にありがとうございます」
(゚レ゜)「村上!……やるやんけ(手を差し出す)」
(´Д`)「なんやねんっ(笑)!(その手を取って握手)ここだけ熱いの何やねん(笑)」
升「どうですか村上さん」
(´Д`)「いや、本当に今日の100点はね、出たと思います」
(゚レ゜)「すっごい感動した。平原さんの歌声にね、本当に引っ張られて」
(´Д`)「本当にすべて委ねさせていただきました。本当にありがとうございます」
そしてこの演奏と歌声を聴いて泣きそうな水卜ちゃん愛しいな。
さらに次の曲でできたらピアノを…というともう次の曲発売しましたと言われるおヒナ。
(´Д`)「じゃあ次の次の曲くらいでね!」
(゚レ゜)「いきなり前向きにとらえたな」

One Night Carnival氣志團(氣志團関ジャニ∞)
ツインバンド。ピアノが終わって全力で踊るおヒナ。
渋谷さんグラサン似合うな…。台詞パートは亮ちゃんとすばちゃん。
台詞の途中でグラサンを外すところが渋谷さんも分かってるなって…ジャニーズなんだなって…思った。(どこで思てんねん)
最後のキメポーズで、綾小路翔のリーゼントを手で叩いて揺らしてしまって思わず笑う亮ちゃんかわいい。

愛をとりもどせ!!(乃木坂46&升太一&丸山隆平)
マルちゃんの歌い方が完璧に悪役。

▼ウィーアー!/きただにひろし(きただにひろし丸山隆平大倉忠義)
この曲の時に準備してる横山さんが映ってて。すごい緊張した顔で。
でもそのすぐあとに、すごい顔で祈ってるヤンマーの映像が映って。
いやいやまだウィーアーやで!?って気持ちもありつつ、なんかいいなあって。
こんだけ弟たちに心配される一番年長のお兄ちゃん。いいじゃないか。

宇宙戦艦ヤマトささきいさお(ささきいさお横山裕丸山隆平大倉忠義)
横山さんがトランペット披露…!コンサート行ってないからちゃんと横山さんのトランペットを聞くのはJUKE BOXの報道意外だと初…!
壇蜜さんが次の曲の紹介してる時に後ろから寄ってくる横山さん。そのすぐ隣に大倉。カメラの方行けよ、と言わんばかりに横山さんの腰のあたりを押す大倉。
大倉ってさぁ、横山さんが楽器に目覚めてくれたことスゴイ嬉しいんだろうな。コンサートMCでも「関ジャニ∞の武器が一つ増えたじゃないですか!」って言ってたみたいやし。
確かにまだまだ上手とは言えないとは思うんだけど横山さんのあんだけ真剣な顔と、それを必死に全力で応援して見守るメンバーがいればなんかもう、いいんだ。
もっとうまくなろう、なりたい、ってのは本人が一番思ってるだろうし。なれるよ、絶対。もっとうまくなるよ。
でもニュースでちょっと見ただけだったけど、JUKE BOX初日よりもうまくなってると思うんだ!日に日にあの人は成長している!
しかし重厚感のある歌声には大倉と、声を渋く作ったマルちゃんが合うね!
ささき「いやぁもう、イントロが素晴らしく緊張感があったんで」
(゚レ゜)「緊張しました」
(´Д`)「人が歌ってる横であんなガッツポーズしたあかんで!」
(゚レ゜)「あひゃひゃ(笑)!嘘!ガッツポーズでてた!?」
(´Д`)「めちゃ出てたよ!」
(゚レ゜)「え、してへんつもりやけど出てた?いや、嬉しかった」
(´Д`)「どうでした?トランペット」
(゚レ゜)「いやいや初めてね。村上もピアノ成功したから、ちょっと負けじとがんばらななと思って。ほんと、ささきさんのおかげでトランペットも引っ張られて。ちょっとうまくいくことができました。よっしゃああ!」

▼ダンシング・ヒーロー/荻野目洋子+六本木純情派/荻野目洋子(荻野目洋子関ジャニ∞)
関ジャニ∞はバックバンドで参加。やっぱバンドが出来るって大きいんだな~。ボーカルとしてでなくても参加できるっていうのが。

天体観測BUMP OF CHICKEN(DAIGO&丸山隆平安田章大錦戸亮大倉忠義)
バンドで参加。横山さんいわく「すごい需要ある」ヤスっていいハモリするよな。
DAIGO「みなさんほんとうまいからこのままバンド組みたいです」
(゚レ゜)「そうやって言っていただけると嬉しいよな」
(`д´)「恐れ多いけどほんとにうれしいですわ」
(`ヽ´)「機会があればぜひ」
(・_・)「(大倉の後ろで、こいつ言いよった、みたいな顔)」
DAIGO「やりましょう。流れで」
(゚レ゜)「うちのメンバーちょっとお高めになっておりますけども大丈夫ですか」
DAIGO「ほんとっすか。じゃあちょっと…要相談で
機会があれば、といった大倉の後ろで、こいつ言いよったぞ!と目でヨコヒナに訴える渋谷さん可愛い。


▼HELLO/福山雅治(つるの剛士丸山隆平錦戸亮)
ギタートリオで。ベースにギターに盛り上げにたこに、忙しい丸山さん。
マルちゃんもこういうカッコいい曲に会うと思うんだけどね。盛り上げ要員みたいになるよね。
(´Д`)「亮はどう?今日色んなジャンルの曲やってるじゃないですか」
(´д`・)「僕はもう…疲れました」
(´Д`)「あはははは(笑)!もうちょっとや!もうちょっとやがな!」
おヒナがただのおかん。

▼六本木心中/アン・ルイス(相川七瀬野村義男安田章大)
ギターで参加。よっちゃんさんとギターバトルのヤス。
もうこういう曲だとヤス、完璧曲の世界の中に入り込んでるっていうか、もはやダイブしてる感じがあるよ。
そしてギターバトルでまさかのCMをまたぐ。
(´Д`)「さあ横山さん相川さんのファンじゃないですか。間近でこうやってまたご覧になれていかがですか」
(゚レ゜)「相変わらず綺麗ですね…(伏し目がちに言いながらヒナの方へ下がっていく)」
(´Д`)「(笑)」
(゚レ゜)「いま、僕気持ち悪いですか?」
(´Д`)「ええと、だいぶ気持ち悪いです!」
(゚レ゜)「あ、そうですか…」
(´Д`)「見てください、スタジオ中が引いてますよ」
(`ヽ´)「はっは(笑)!シーンてなってる」
(゚レ゜)「人ってこんなに引くんですね」
それ以前に、そのキスできそうなほどの距離の近さに問題があるのではないかと思う。そこに引くわ。さすがヨコヒナ。
その距離は、普通は近すぎるんですよ…。パーソナルスペースを浸食しすぎです…。

▼TAXI/鈴木聖美(鈴木聖美渋谷すばる)
歌バトル。また巻いてるわ。渋谷さん。
しかしあの黒シャツの開いた胸元と細い体から溢れてくるとめどない色気は何事か。
これは渋谷さんがあの美声による迫力あるボーカルで大御所を次々にメロメロにしていく番組ですか、そうですね。
鈴木「もうね、最高!It's Cool!」
(゚レ゜)「すごいタクシーが来るやろね」
(´Д`)「…はい?」
(゚レ゜)「すいませんこれ間違えましたね。すいません。すいません」
平謝り。

▼抱きしめてTONIGHT/田原俊彦(関ジャニ∞)
横山さんの歌でバックダンサーが他メンバーという豪華っぷり。
ところで横山さん、トランペットのレッスンと並行してボイストレーニングも始めてみたらどうだろう。
声が細すぎるんだよね。ヒナは最近音程安定してるし元々声は細くないけど、横山さんガラスの喉だから。

ハイティーン・ブギ近藤真彦(関ジャニ∞)
渋谷さんの歌でバックダンサーが他メンバー。安定感はんぱねぇ…。

▼お祭り忍者/忍者(関ジャニ∞)
亮ちゃんメイン。さすが「和」が好きな亮ちゃんのハイテンション。
そして最後の「お祭りだ」を隣にいた横山さんに言わせて「やったー!」と喜ぶ横山さんと楽しそうな亮ちゃん。
ほんとうに!かわいいね!BJ兄弟は!本当に!可愛いね!バナナジュース飲もう!

▼君だけに/少年隊(丸山隆平安田章大大倉忠義)
大山田!大倉が東山さんポジか。これも安定感の塊。

パラダイス銀河光GENJI(村上信五)
升さんに腕を引かれ登場したローラースケートを履いたおヒナ。
ヤスが迎えに行って、なんとか段差をクリアして正面ステージにやってくるおヒナ。
何故かずっと人差し指をまっすぐ前にさしてる。
そして、その指を一瞬きゅっと掴む横山さん。一瞬きゅっと掴む横山さん。(なんで二回言った)
(゚レ゜)「まわれまわれ!」
(´Д`)「(歌いながら回ろうとする)」
(`д´)「(腰支える)」
(゚レ゜)「まわってまわって!」
(´Д`)「さーがせーなーいー♪(なんとかまわってみる)」
(`д´)「(こけないように、終わった瞬間おヒナの腰をぎゅうっと抱きしめる)」
なんぞこの…可愛い生き物たちは…。

▼好きやねん、大阪/関ジャニ∞(関ジャニ∞)
エンディング曲。いや~楽しい曲だよな。しかし横山さん照明で飛びそうな白さ。
ヤスとおヒナの「やっぱ好きやねん♥」はヤスがおヒナの肩を抱いて2人笑顔ってのが可愛い。
で、大倉と横山さんの「やっぱ好きやねん!」が!もう!よこくらコンビ好きにたまらん!たまらん!
(`ヽ´)「(大倉お得意の上半身をちょこっと預けるような姿勢で横山さんに寄り添う)」
(゚レ゜)「(そんな大倉の顔を横からガン見)」
(`ヽ´)「(横山さんの視線息づいて横見たらがっつり目が合って思わず笑って正面向き直す)」
(゚レ゜)「(ずっと見てる)」
(`ヽ´)「(やめてぇや、みたいな感じでちょっと体引くけど笑顔)」
ああ、可愛いね。とにかくかわいいね?
そしてマルちゃんが肩を抱いて、顔を寄せ合いながら「やっぱ好きやねん!」なまるすばコンビ。あーはいはいいつも通りだね本当にね!素敵!
(´д`・)「すきやねぇぇええええん!!!」
シャウト。これ以上ない錦戸亮のシャウト。なんか他みんな2人ずついちゃついてんのに俺だけ一人かい!みたいなシャウトに思えて。
にしてもこんだけ寄ると濃いな、顔!(今更)


前回の時よりもさらにヨコヒナがMC的な立ち位置として動いてるなっていう印象。安心感と安定感が違うわ。
そしてどんな曲にでも持ってくることのできるヤスの汎用性。
マルちゃんのアゲ曲には絶対欠かせない雰囲気。
tornの、キメ曲での使用率。
渋谷さんのここぞというところでの歌声。
これはぜひまた次24時間の深夜枠あたりでするんじゃないかと思ってる。というか多分するだろうな。