アラシデータ

思うがまま。

「キングオブ男」メイキング+LIVE感想

PV感想だけで長くなりすぎたので結局別に書くことになってしまったメイキングとLIVE+オープニング&メイキング映像の感想。

 


▼MVメイキング
エレベーターのドアが開いて渋谷さんが降りてきたところに、待っていた横山さんが合流するシーンの撮影。
横から見るとやっぱこの2人の身長差スゴイな~。こういう身長差もまたよこすば萌えのひとつ。
そんで、撮影をするためにエレベーターにスタンばってたら、そのまま扉が閉まって上階へあがって行ってしまう渋谷さん。
三馬鹿が揃って決戦場所に向かうシーンの撮影での生歌…なんちゅう安定感…。
狭そうな椅子に (`ヽ´) (´Д`) (`д´) の順で座ってる~。かわいい~。
もうアラサー揃ってんのにこのちんまり集まってるのなんなの~かわいい~。
集まってアカペラで音合わせしてる年下組。
3馬鹿VS年下組が睨みあうシーン出来上がりはめっちゃ緊迫してるけどこの裏側での皆の顔ね!これぞメイキングの醍醐味!
しかし車のボンネットにもたれかかってる三馬鹿絵になるわぁ~…。
ダンスバトルシーンの練習をしてるマルちゃん(抜群のキレ味)をずっと半笑いで見つめてる大倉。

(`ヽ´)「なんか違う振りになってない(笑)?」
(´∀`)「あはは(笑)!」

あははちゃうで。
ちなみに悲報。そんな2人の姿をずっと見ていた亮ちゃんはスッとその場を立ち去りました。
喧嘩のアクションシーンの撮影では三池崇史監督の指導が入る。
亮ちゃんと殴り合いしてたら大倉に肩掴まれて、亮ちゃんに殴られた反動で後ろに下がってそのまま大倉蹴り飛ばしたらまた違う方向から攻撃を受けるおヒナ。

(´Д`)「ぼっこぼこですやん!」
スタッフ?「キャラクター弱い?」
(´Д`)「いや、最強ですよ」

ミスターポジティブマンさすが。
相手と動きを合わせんとあかんからアクションシーンは難しいよね。しかも乱闘シーンだから、1対1が決まってもほかのとこが決まってないと意味がないし。
ヤスに頭突きくらわすシーンが妙にちゅーしてしまいそうでドキドキしてしまった。この胸のときめき…恋!?(ちゃうわ)
そんで指導を受けて、練習するきっちゅ可愛い。横山さんがヤスの上着の両腕をぐっと握って頭突きの練習してるシーンが、横山さんの後頭部の方から撮られててね~もうキスしてるみたいに見えるよね~。(見えんわ)
殴り合う丸すばなんてこういうPVでもなければ有りえへんな。
ていうかみんなジャニーズが同じグループ内で殴り合いとかありえんけど…って思ったらメンバーほぼ全員と殴り合いの喧嘩をしてらっしゃるKAT-TUNの上田竜也を思い出した。なんたること…。
カットがかかってもずっとヤスのフードみたいなの握ってる横山さん。なにそれきっちゅ萌え。
背中合わせのシーンのtornは実に良いよね。乱闘で乱れていく大倉の前髪もまたたまらんし。
体力使うよな~アクションシーンの撮影。乱闘ということもあって動きがスピーディーやし。
大倉のアクションシーンの確認をして、一緒に座ってるマルちゃんと大倉。たのしそーに会話して~。
ていうかところどころマジ蹴りだよこれ。凄いわ。
きっちゅの頭突きシーンも難しいというか普通に頭当たってしまいそう。
乱闘シーンから曲に戻る前のところで、横山さんがマルちゃんの胸倉掴んで2人が至近距離で睨みあうシーンも、当たりそう。
そして見つめあうシーンでカット後にやっぱりすんげぇふざけたマルちゃん。

(´∀`)「うぉあああ!うぇああああ!!」
(゚レ゜)「……(笑)」

そしてアクションシーンの撮影終わって歌とダンスパートの撮影。
「チャンスなんてもうどこにも~」を一緒に歌って確認するよこまる。なんつー声の高さ。やっぱ横山さんの歌声ってこの綺麗な高音が武器だと思うんだよな。
これを狙ってうまく出せたらほんと素晴らしいと思う。なんせ自分は横山さんの高くて澄んだ歌声が好きなんだ。
「マイナス100度の恋」の「外は雪 思い出さないのかい? あの日のこと」ってパートの声と歌い方が好き。
結局2人で「チャンスなんてもうどこにも~」のパートを2人で練習してたら楽しくなりすぎてめっちゃ笑ってるよこまる。なんてかわいいアラサー。
メイキングで嬉しいのは本当にメンバーの生歌兼アカペラがたくさん聞けるところなんだよな。だから嵐もメイキングつけようぜ…そろそろつけようぜ……!!
ひなやすくらパート練習で、「かっこいんだぜ~」でカメラに向かって変顔してるくらひなの後ろからにょこっと割り込むヤスが…ふわーかわいい!!
自分たちのパートの映像確認をして爆笑するひなやすくら。大倉なんて手を叩いての大爆笑。
こんだけ自分たちで笑えるってほんとかわいい。かわいいしかもう言えんなってきた。
そして満を持しての気まずいパート…!亮ちゃん、この撮影と歌番組やらなんやらでこの1~2か月ほど、いったいどれだけ渋谷さんの手を握ったのか…。
なんていうか、ほんと良かったね!もう一生分とは言わんけど、5年分くらいの渋谷さんとのおて手握りだったんじゃあるまいか?
もうさ、ほんと亮ちゃんが嬉しそうなのよ!楽しそうなのよ!すばるさんとのシーンでさ!
本当に応援したくなる。「ガンバ、亮!きっと渋谷先輩も亮のこと気になってるはずだよ!」的な中学生女子のテンションで応援したくなる。
脳内ピアノ練習で、目を閉じてエアー鍵盤を弾くおヒナ。多分…時期的にも「三日月」の練習かな。
そんなおヒナの横で、ひらひらーっとおヒナの前で手を振っていたずらしてみるヤス。うわ、かわいさエンドレス。
でもかわいいのももちろん、手を振っても反応のないおヒナを見て、カメラに笑うヤスの表情が「ね?ほら。うちのしんちゃんがんばってるでしょ?」的に感じられてもう…もう…!(落ち着け)
さらに亮ちゃんがカメラでそんなおヒナを超至近距離から撮影。

(´Д`)「うわっ!びっくりしたっ!びっくりしたぁ~」
(´д`・)「ふふ(笑)」
(´Д`)「どこまでやってたか忘れてしもた」
(´д`・)「へへへ(笑)、ごめんごめん」
(´Д`)「全然全然」

あっまーい!おヒナって亮ちゃんに甘いよね~弟だと思ってるもんね絶対ね。
ここのエピソードですごい好きなのが、大倉が「村上くんラジオとかめっちゃ怒る。ここではこう言え!とかすごい指摘される」みたいな話をしたら亮ちゃんが「え?うそ?俺そんなん言われたことないで?」って言って大倉が「村上くん亮ちゃんに甘いわ~」みたいなやつ(めっちゃニュアンス)。すごい好き。
そして、デジタル一眼っぽい本格的なカメラを取り出しておもむろに、無言で横山さんを激写する亮ちゃん。
しかもジャニショ販売レベルのカッコいいやつ。ほんと亮ちゃんは横山さんのこと好きね…。BJ愛しいわ。亮ちゃんの目で激写された横山さんくれ。
そして気付いていない横山さん。盗撮されてますがな。
それにしてもダンスパートの亮ちゃんの「セイッ!!」いかつっ。
次に衣装を変えての撮影。振りのひとつが乾布摩擦みたい~という話で盛り上がるほほえみコンビ。その名に恥じないほほえましい会話。
そして三馬鹿が先にクランクアップ。年下4人は路地裏らしきところを歩くシーンを撮影。みんな声を潜めてると思ったらここ外だからか。
なかなか濃いメイキングだった~三池監督、良かったら次回作宜しくお願いします。


▼「キングオブ男」LIVE バージョン
お客さんの歓声含めて興奮するわ~。しかしPV最初の方のおヒナの青髭感がすごいね。
PV見ての歓声の上がるタイミングがわかるわかる!ってなる。トーンの背中合わせとか。
そして気まずいパートの観客のテンションの高さ…わかる、わかるよ…!
既に音楽番組やらPVやらで何回も見た現在は構成が分かってるから一番初めのWSで見た時の感覚とは違うし。
これをLIVEで初めて見たらいやおうなしにテンション上がる。
こんなの見てたらマジでLIVE行きたくなるわ…。


▼LIVE
ライブのメイキングまで…ほんとにテイチクさんはすこぶるお仕事の出来る会社ですね…!!
みんなの私服も見れることだし。
亮ちゃん安定のキャップ。今日はNYです。ツバの部分に国旗があしらわれています。シャレオツ。あとは黒(こげ茶?)のライダースにジーパン。
おヒナはグレーのハットっぽいの被ってるな。紺に赤の細いボーダーが入ったニットセーター。リブっぽい。
ヤスはすごいシンプルな…白のロンTかな?
渋谷さんはニット帽
マルちゃんは黒のパーカー。ちょんまげにしてるな。
大倉も黒のパーカーやけど、ドラえもんポケットみたいなのに柄が入ってた。かわいい。んで黒キャップか。
大倉の黒のパーカーは多分supremeってとこのパーカーだ。
これ↓


また今回も替え歌歌ってるマルちゃん。

(´∀`)「浜辺にはいかないっ♪ノーノーノーノー♪」
(`ヽ´)「うるさいなぁ」

珍しく手厳しい。
実際は「思い通りにはいかない know know know know」ですね。
またJUKE BOX収録曲「クラゲ」の替え歌。「ココロ空モヨウ」メイキングに引き続き気に入ってんな。

(`ヽ´)「浜辺にはいかない♪ノーノーノーノー♪…ってことは行くんやろ
(´∀`)「行く」
(´д`・)「(笑)」
(´∀`)「この先進めないっ!!♪…浜辺から先はな。海やから」

替え歌の中にも確固たる世界観を持つさすがの丸山氏。
ちなみにこの会話の最中もさっきの替え歌の時もずっとにこにこしながら着替えてる亮ちゃんが映っているので、マルちゃんと大倉のやり取りは音声のみという残念さ。

(´∀`)「(着替えながら)こぉんな頭ぼっさぼさでさ。ファンの方に見られてさ。…それでも好きでいてくれたら嬉しいよね。それが本当のラブですよ」

このマルちゃんのそこはかとないアイドル性よ、もっと世間に伝われ!!(念を送ってる)

(´д`・)「でもお前も身だしなみをちゃんとすることもラブでしょ?」
(´∀`)「確かにな…」

論破された。

(´д`・)「いつでもカッコいいと思えるお前でいることも…」
(´∀`)「ってことは俺はアウトってこと?」
(´д`・)「アウトやろ」

間髪いれずノックアウト。
亮ちゃんはいつでもカッコいい丸山さんでいてほしいんですねわかりました。

(´∀`)「あははは(笑)!あの、もし(この映像)使うんだったら(頭に)モザイク入れといてください。なんでかわからんけど(モザイク掛かってる)」
(´д`・)「何があったんやろみたいな(笑)」
(´∀`)「そうそう(笑)」

そして従順に頭にモザイク入れるテイチク。素晴らしい遊び心に心から敬意を表したい。
キングオブ男の衣装に「作業着みたいやなぁ」というヤス。

(`д´)「行くわ。マイクやな…マイク…、マイクいらないっすわ!…ヘッドセットや
スタッフ「たすきっ!たすきたすきっ!」
(´Д`)「ヤスきっ!」
(`д´)「ヤスきで~す!それ(たすき)もつけてないなぁ」

なんつーふわふわした三十路がいたもんか。

(`д´)「洗濯もの?」
(´Д`)「小さなったもん」
(`д´)「この短期間で(笑)?縮んだんやろな(笑)」
(´Д`)「筋トレ復活したからな。背中にのってきたから」
(`д´)「マジすか」

ちょっと聞き取りづらくてここの会話良くわからんかったんやけど。
最初、洗濯もの?小さなったもん、って言ってるんかな…?
最近服が小さくなったって話で、縮んだんじゃなくて筋トレ復活したから服小さく感じるって話かな?背中にのってきたってのは贅肉?筋肉?

(´∀`)「めっちゃきしょいやろ俺?着替えんのめっちゃ遅いねん。きっしょいわ~」

なんという自己申告。
実際の衣装でステージでリハを行う時に、おヒナと当たるたびに「(当たりが)強い…」「強いな自分」というヤス。
カウント4の時じゃなくて3の時にしましょう、っていう提案を受けてすぐに乗る亮ちゃんと「えぇ今からぁあ~?」というOLっぷりを遺憾なく発揮する大倉。
そして位置確認の時にマルちゃんは「俺、リョウさんヤッさんの間でいいすよね?」と言い出して大倉がマスクしてても分かる満面の笑み。リョウさんて。
さらに振り確認の際、音を流さずに歌った錦戸亮

(´д`・)「夢を掴むまで、マパン!マパン!!」

という謎の呪文を唱える奇行に走った。
にしても渋谷さんの髪型がちょんまげなんだけどマルちゃんとはまた違って、宮本武蔵っぺぇ。
ステージ広いから、亮ちゃんとすばちゃんが真ん中あたりで睨みあうとこかなり移動しないときついんだな。
まるよこパート練習では、横山さんが、マルちゃんの手を自分の方に置かせて自分もマルちゃんの肩持って。
そんでそのまま前に進んでったら、マルちゃんが片手で横山さんの首にするっと腕を回した。そして前まで出てきてぐっと引き寄せた。

(´∀`)「ってやったらびっくりするやろ?」
(゚レ゜)「(苦笑)」

とりあえず横山さんは驚くよりも処理の仕方に困っている。
そんでこのあと、ひなやすくらパート、気まずいパートの練習が済んだ後の映像でさ!手前がヒナで奥が横山さんっていう構図の画になるわけですよ。
なんやろう、何か知らんけどそこがたまらなく好きだった!なんかこう、ヨコヒナ!って感じ。(伝わらんわ)
ステージ裏でスタンばる∞。スモークがたかれて、ステージへの扉が徐々に上がっていく。

(´Д`)「うわっ!松竹座の臭いしてきた!!」
(´д`・)「ホンマやな。うわ~懐かしい!あの夏がやってきたみたいや」
(´Д`)「ハハハっ(笑)!」
(´∀`)「またあの夏がやって来た」
(`ヽ´)「うわぁあああああ!!助けてくれぇえ!流される~(笑)!!」

自分たちで再現して楽しむ∞の可愛さったらないな!マジで!
あんまり昔過ぎる時のことはわからんけどこれ「ANOTHER」のこと言ってるんやろうな。
ちなみに練習では2人で肩組むバージョンもやってたよこまる。
そしてこっから実際の本番前の映像に繋がって…みんな顔が別人。ほんとに。特にマル。プロなんやなこの人たちって思う。
あ~濃い!さすがテイチクさんブラボー!!