アラシデータ

思うがまま。

「VS嵐2014賀正新春豪華2本立てSP」感想

まずは三つ巴対決が、楽天イーグルスVS嵐VSローラ軍団

 


(`・3・´)「大野さんなんて今日もう、何?7時間出るんですよ!」
ノノ`∀´ル「鍵は解けるんですかっ!?」
(´・∀・`)「うーん、解けますっ!
(.゚ー゚)「やめろっ!」

最年少さんにすっごい楽しそうに聞かれて言っちゃう最年長愛しい。


▼コロコロバイキング
ピンクゾーン:相葉雅紀松本潤
グリーンゾーン:大野智櫻井翔
ピンクゾーン:二宮和也三宅健

健君登場してマー君拝む「本物本物!マー君でかいねっ。くまさんみたい。ぬいぐるみみたいじゃん♪」
わー…自・由!
フリーダムという言葉をほしいままにする三宅先輩。
ジャニーズって上に行けばいくほどどんどん力抜けていく人多いな。一部除いて。どんどんウケ狙いに走ってく。

(`・3・´)「まず大前提として…来ていただいてありがとうございます。……スパン短くない?

2013年10月24日放送の回にも登場してる健君。有難さと最近のV6襲来の多さっぷりに驚きを禁じ得ない。

三宅「それはぁ、スタッフの人に聞いてよ!」
(´・∀・`)「全然新鮮味がない」
三宅「やめろ!驚け!もっと喜べ!」

どうして智はそんなにV6への当たり強いの。
岡田くんは後輩かもしれないけど三宅さん先輩よ?

三宅「はれ?相葉は?相葉どこだよ?」
(`◇`)「いますよ!ちょっと!」
三宅「相葉!!どこ!?」
(‘◇‘)「なんでさぁ、健君の目には俺が映んないの!?」
三宅「あっ!いたいた!お前さぁ。新春なんだから、もっとオーラ出してけよ!」
(‘◇‘)「ちょっと、健君!コレ全開です!!」

全開の芸能人オーラを先輩にスルーされる雅紀。
雅紀はV6さんにやたらと存在感のなさを弄られるけれども、本当に根がおとなしいからさ。
正直、それとなく先輩に俺を構ってよアピールするにのみさんの陰に隠れちゃってジュニア時代はホントに印象に残らなかったんだろうなって。
この人本当はかなり人見知りなんだろうと思う。プライベートでは。
パブリックイメージの先行で、人懐っこいというか気さくさを感じる人は多いだろうけど。
実際のところ相葉さんは「時には暗いヤツに見える」的な部分があると思うんだよね。そりゃまあ気さくは気さくなんだろうけど、あくまで仕事用ってか愛想笑い的なものに思う。
相葉さんが実は結構ココロの深いところで闇とまではいわないまでも何らか重たさを感じるものを秘めてるってのはたまーに見えてくる。
この前のしやがれでの「裏切られてもいいいって思える人が理想」発言とか。
冷たいわけではないんだけど実際のところ、ある意味では、パブリックイメージでは嵐で一番冷たさを感じるであろう二宮さんよりも、他人に無関心な部分があるように見える時がある。
何言ってんのかわからんなってきたけど、相葉さんってパブリックイメージと正反対なとこあるよな~って思ったっていう話。まあそのまんまの人が芸能人では少ないかもしれんけど。

三宅「とりあえずだからぁ、ほっぺた膨らませておけばいいんでしょ。(ぷくぅ)」
(.゚ー゚)「あのこれ、通常なんで。ごめんなさい」
土田「三宅君の処理はそっちでやってよ」
三宅「あらら?」
土田「あららじゃねぇよ(笑)」

フリーダムの限りを尽くす三宅先輩。登場してからの数分でここまでの自由な振る舞いが出来る人間が一体どこにいるというのか…。
真剣にやってよ!と三宅先輩に進言する後輩たち。

ノノ`∀´ル「なんでそんなヘラヘラしてんの!?」
三宅「(笑)」

やべぇ、J厳しい。けど先輩それでも笑ってた。あちゃー!
結果、他チームが200点越えの中、25pts。

三宅「違うって!こっからドラマがあんだって!そうでしょ。ジャニーズはいつだってそうでしょ(キメ顔)」
(.゚ー゚)「…(笑)」
三宅「…(笑)」

この、やっちまった感のある笑い方似てるよねにのみさんと三宅さん。
2人とも自分が可愛いってことをよく分かってて効果的にそれを使うけど、三宅さんは二宮さんのそれを遥かに凌駕する使い方してる。テレビ的に。
にのみさんはどっちかっていうとおじさまたちを魅了するプライベートでのキャバ宮としても活動を評価したいけど健くんはテレビとか報道陣とかオフィシャル向けなとこあるよね。
己の可愛さを駆使し、アイドルに徹する三宅健素晴らしい。
けれど彼の歌っている「“悲しいほどにア・イ・ド・ル”〜ガラスの靴〜」の歌詞はめっちゃ重たい。


▼クリフクライム
クライマー:三宅健相葉雅紀
サポーター:大野智櫻井翔二宮和也松本潤

登る前からぎゃいぎゃい口論になる相葉さんと健君の子供の喧嘩感がたまらなくかわいい。
そんで雅紀がどう登ってくかをサポーターの4人と会話してたら「プロっぽいねぇ~♪」と入ってくる健君。

ノノ`∀´ル「先輩。マジでヘラヘラしてる場合じゃないですよ」

やべぇ怒られた。

三宅「士気をひとつにするためになんかやったほうがいいと思う。俺前見てたら岡田官兵衛兄やんがさ、アラシックス。アラシックスお前らやってなかったでしょ?」

めげねぇ。
そしてここでまさかのアラシックス出してきた。官兵衛兄やんの敵討ち。そしてやはり巻き込み事故注意で何があってもやらない嵐メン

三宅「あ~あいつこういう感じだったんだなぁ…」

切ないよなんか。
そしてファーストクライマーである相葉さんが位置についたら、

(.゚ー゚)「頑張ってッ!相葉さんッ!!」

誰よりも大きな声で、もはやフライングともいえるべき速さでのにのみさんの抜群の声援いただきました。
なんちゅうよく通る高い声で全力の応援。さすがはにのみさんの相葉愛。
一分を残して2面をクリアした雅紀が健君にバトンタッチして、頂上に到着したものの、50ptsボタンを押し忘れる先輩。
一斉に崩れ落ちる嵐メン。250pts。

(´・∀・`)「頼むぜ!」


▼バウンドホッケ
大野智相葉雅紀二宮和也三宅健松本潤櫻井翔

(.゚ー゚)「(あまりの点数差に)そろそろローラ軍団に気を遣わせますよ」
ローラ「じゃあ、気を遣うよ!ハンデ無しでいっていいよ!」
(.゚ー゚)「…気を遣わせちやうって話したのに、早速気を遣われちゃった?」
天の声「そうはいっても大野くん、レギュラーチームとしてどうしましょう?」
(´・∀・`)「頂きましょうよちゃんとそれは」
(.゚ー゚)「すげぇシビアだな」

速攻で甘い蜜を吸うタイプ。
そしてあまりの点数差に、密かに心が折れかけている末っ子。

ノノ`∀´ル「なんか今日、全然うまくいく感じしない…(笑)」
(.゚ー゚)「だぁいじょうぶ!大丈夫!大丈夫だよ!!」
(´・∀・`)「大丈夫だよ」
(‘◇‘)「気持ち負けてるとほんとにだめだから!」

すっげぇ励まされた。国民的アイドルグループの面々から口々に励ましの言葉をもらう潤くんっていったい何者?(メンバーやろ)

ノノ`∀´ル「ここでね?ここで切り替えるのね?」
(.゚ー゚)「ここだよ!ここで行くんだよ!」
(‘◇‘)「失敗してもいいの!どう立ち上がるかだから!」
日村「なんだあの人」

嵐のメンバーに松岡修造っていたっけ。
でもハンデなくしてもらったけど205ptsで全然追いつけない。

三宅「なんか今日ジャニーズっぽくないな」
(.゚ー゚)「??」
(´・∀・`)「??」
(‘◇‘)「どおいうのがじゃにーずっぽいの??」
三宅「奇跡の塊じゃなきゃいけないからさ…」
(.゚ー゚)「え?…奇跡の?」
土田「ニノさ、何言ってんのお前、みたいな顔しちゃだめよ(笑)」
(.゚ー゚)「してないよ!先輩なんだから(笑)!」

してたよ。

(`・3・´)「青2つ入ったんだぁ。もう1つ入れたかったんんだぁ。…入んなかったんだぁ~難しかったねぇ~…」
(.゚ー゚)「いやぁ…疲れる正月だなぁ」


ジャイアントクラッシュ
(`・3・´)「勝たなくていいから、負けないようにしよう」

なんて後ろ向きな名言。
結果、2巡目の2本落としたとこでクラッシュする嵐メン。40pts

(.゚ー゚)「いやまっずいなぁ~上の人に怒られちゃうよコレは絶対!正月から怒られちゃうよ!」
(`・3・´)「誰のせいでもないもんね。俺らのせいだもんね」
ノノ`∀´ル「伊藤さん!正直聞きたい。俺らまだ(勝つ)見込みある?」
天の声「……」
ノノ`∀´ル「…ないの?」

衝撃的な顔をしながら絶望感むき出しで呟く潤くん。
そしたら速攻で優しい返しが待ってた。

天の声「もちろんあります」

嘘や。結構無理目やで。

天の声「もちろんありますが、相当頑張らないといけません」

一応注釈入れた。

矢作「俺と小木、メガネ外してやろうか?」
(.゚ー゚)「やだ(笑)!やだやだやだ!」

なにそれかわいい。そしてまさかの健君ここでお別れ。

(´・∀・`)「色々やらかしたまま帰るの?」

誰もいえんかったこと言うたーーー!!!
そしてやっぱり最後までアラシックスをやらない嵐メン


▼デュアルカーリングR
1回目:大野智相葉雅紀上原浩治
2回目:櫻井翔二宮和也松本潤

上原さん登場でマー君大爆笑。
1回目60ppts。

(.゚ー゚)「1位を獲りに行こうとしない!もう徹底的にローラ軍団を潰す!」
ノノ`∀´ル「×2誰?児嶋さん?」
(.゚ー゚)「あ、じゃあ勝手にスベってくれるから大丈夫だな」

ひっでぇ!
2回目60pts。

ノノ`∀´ル「もう立ち直れないっす…。もはや、どうしていいかわかんない」

出口を見失ったチョコレート王子。
メンタルへの激しいダメージに遂に立ち上がれなくなる。

(`・3・´)「もっかいコロコロバイキングからやらせてくださ~い!!」

バンクボウリング前に何故か潤くん+上原さん+マー君でキャッチボール。
上原さんに嵐5人で始球式にアメリカきたらええねん、と軽いトーンでオファーをされて目をキラキラさせる潤くん。

(`・3・´)「お~い」
(‘◇‘)「今そんなことしてる場合じゃないよ」
(.゚ー゚)「楽しくキャッチボールしてる場合じゃないよ」
(‘◇‘)「仕事のオファー貰ってる場合じゃないよ」

ただただ潤くんが嬉しい楽しい!なだけの謎のキャッチボールコーナーでした。スタッフ潤くん好きだろ。


▼バンクボウリング
1投目:上原浩治松本潤
2投目:大野智櫻井翔

上原「スペアは過去いるの?」
ノノ`∀´ル「ないですね」
上原「そしたらスペア150ptsでもいいやんねぇ」
ノノ`∀´ル「そっすね!イイと思いますぁ~す!」

謎の潤くんの子分キャラ産まれる。
1回目182pts。
すごいいい残りかたでかなりスペアを狙いやすい配置。

(`・3・´)「吐きそう!吐きそう俺!」

プレッシャーに弱いオリンピック司会者。
結局残ってた赤ピン倒せず。15pts獲得で残りはたった4ピンだった…!
倒したのは全部智。

(`・3・´)「ちょっと誰かビニール袋持ってきて」


▼キッキングスナイパー
二宮和也上原浩治相葉雅紀

二宮さんと上原さんしか倒せずで、220ptsで速攻で予選敗退決定。

天の声「嵐チームことごとくうまくいきませんでしたねぇ」
(`・3・´)「あははははは!」
(.゚ー゚)「そうですねぇ」
(`・3・´)「あはははは!……笑ってんの俺だけだどうしよう」

最終対決ローリングコインタワーに嵐進めず。ほんま全然勝てへん。どうしようね!
結局今回もローラが倒して楽天チームの勝ちでした。


▼BABA嵐
予選Aブロック【里見浩太朗VS芦田愛菜VS今田耕司VS松本潤
JOKERが芦田さんに移ってちょっと嬉しそうな里見さんなんか…かわいいな。
潤くんがイチ抜け~。まさかの里見さんビリ。

予選Bブロック【振分親方VSローラVS相葉雅紀VS二宮和也
天の声「二宮くん!今回はどうでしょう?」
(.゚ー゚)「これはでも難しいと思いますよ。左右にローラがいるみたいな感じなんで
(‘◇‘)「俺ローラじゃねぇし!」
あれもうローラから引いた時にニノちゃんのこと移ってるの相葉さん多分分かったじゃない?
でもローラから回ってきたJOKERそのまま相葉さんへ移っていった。
にのみさんイチ抜け。でも毎回絶対JOKER回って来てるきがするなにのみさん。
振分親方が上がったので飲み物で乾杯するにのみさんと振分親方、のところにまだ上がってもないのに乾杯しに行く雅紀。やだ愛しい。
ローラと2人になっての勝負での相葉さんの「わっかんない♥」が可愛すぎ…る…!あんな優しい目で見つめられながら「わっかんない♥」とか言われたらもう「こっちJOKER!」って進言する。息も絶え絶えで。
最終的に相葉さんビリ。

予選Cブロック【潮田玲子VS狩野英孝VSDaigoVS櫻井翔
冒頭からのDaigoさんの心理作戦に、若干帝王の顔を覗かせる櫻井翔さん素敵です。
潮田さんに「首に出やすいですね」と言っているDaigoさんを見て、驚きのあまり潮田さんとDaigoさんを交互に見比べる翔さん。一方その頃狩野君はDaigoの対面なのに首を隠していました。
翔さんは2抜け。しかしこのでこ丸出しで、椅子に深く座って帝王感を発揮する翔さんかっこよすぎ震えるな。
結局Daigoさんと狩野君が残る。
(.゚ー゚)「(Daigoさんを)倒せるとしたらお前しかいないんだ!」
狩野「でもこうやってDaigoさんと目を合わせて喋るのって初めてですよね」
(.゚ー゚)「…なんで(メンタリズムで)挑もうとするんだ!?」
そして惨敗の狩野君。

決勝【里見浩太朗VS狩野英孝VS相葉雅紀VS大野智(シード)】
誇らしげに里見さんに最弱ジャケットを見せる大野さん。
天の声「大野くんライバルは?」
(´・∀・`)「一番着せたいのは、相葉ちゃんに着せたいですね」
そんな大野さん2抜け。長い対決の末に、相葉さんが負ける。
新最弱王…。毎回嵐負けるし。これで嵐3人最弱になったよ。改めて心理戦の磁石強ぇ…!

(‘◇‘)「お母さん見ないで!」

そして榎本さん登場で、鍵のかかった部屋に向かう智。

ノノ`∀´ル「解けるんですかっ?」
榎本「解けます。…っあ」

この時の智の手を口に当てる仕草かっわいいいい!!!
BABA抜きはもう磁石負けない気がすんね。そして来年も正月SPあるとしたら嵐さん、今度こそ勝たないとやばいわ。