アラシデータ

感想文と言う名の覚書をしたためています。

1月13日「HEY!×3」感想

関西では、関ジャニ∞さんは歌のみの放送だったんだ…ぜ…!
ところでTOKIOカケルでシゲさんが女性のタイツは40デニールが一番エロイと熱弁をふるっていたらしい。なるほど。
同感ですシゲさん!(同じ目線に立ったーーー!!)
ところでおカメおめでとう。こきたんもTwitterで言ってたけど。(この並びで出す話題!?)

 


▼嵐トーク
石原さとみちゃんから嵐への質問
「もし自分が女性だったら付き合いたい人、付き合いたくない人はメンバーの中で誰ですか?」

(‘◇‘)「付き合いたいのはぁ、マツジュンかな?」
ノノ`∀´ル「うぉい!来たっ!(嬉々)」
(‘◇‘)「こんなイメージですけど、家で2人っきりになると、ニャンニャン♥みたいなのが始まりそうな気がするっていうか。甘えてくるタイプのような気がするんですよ」
ノノ`∀´ル「相葉さんは甘えてほしいの?」
(‘◇‘)「甘えてほしいです」
ノノ`∀´ル「ニャンニャンって言って欲しいの?」
(‘◇‘)「ニャンニャンって言って欲しい。一緒にニャンニャンって言いたいですね」
(`・3・´)「あなたもニャンニャンなの?!」

ところで雅紀はどうしてJが甘えるタイプだと思ったのかそこを詳しく聞きたい。
そういった部分が雅紀の前で垣間見えることがあるからなんじゃないのかって思うわけです。
結構潤くんは相葉さんに対しての行動がおおざっぱなところあるから(白いパンツにワインをこぼす、料金所で相葉さんの車をこするetc)。
そういったところで「ごめんねあいばくん!」で許してくれそうな相葉さんに甘えるような雰囲気を見せることがあるんじゃないかなと。
もちろん大宮みたいなベタベタしたスキンシップとかじゃなくて、「ごめんこれやっといて~」「ねぇあれとって~」みたいな甘え方というか。
気負わずに頼んだりできるんじゃないかと思うわけです。
翔くんに対してはそういうとことで遠慮が勝ってしまいそうだし、智くんはどっちかというと潤くんが「ほら大野くんコレ!」「大野くんこっちだよ!」みたいなとこあるし。
にのみさんは、お互いフラットな立ち位置で接し合うイメージ。だから潤くんが甘えるとなると嵐の中じゃ対象は相葉さんのような気がしてきた。考えてみたら。
でも相葉さん、導入部分の「こんなイメージ」ってちょっと潤くん傷ついちゃう。にしてもJの質問にほぼ鸚鵡返し。

(‘◇‘)「付き合いたくないのはぁ、いやぁ難しいけどぉ、ごめんなさい。櫻井さんかな」
(`・3・´)「(傷ついた心を押し隠して平静を装いうんうんと頷く)」
(‘◇‘)「僕の性格上、その翔ちゃんってすごいびっちりスケジュール管理してるんですよ。一日のね。今日じゃあ仕事終わったら誰とご飯行くとか。俺の性格上そんなにびっちりしたくないってのがある」
(`・3・´)「俺はっ、あなたと付き合いたかったけどね!」
(.゚ー゚)「言う前にフラれてるからね!」

にのみさんの追撃。翔さん撃沈。

(`・3・´)「この後4番目くらいに告白しようと思ってたんですけど。もう告れないですね…」
(‘◇‘)「いやっ、この質問きついっすね」
(`・3・´)「でも本当に休みの日でも予定きっちり入れちゃうんで。相葉くんの言ってることも分かります。多分僕と付き合うと疲れます

誰も得をしない自己申告。

松本「(櫻井は)部屋の中も綺麗にしときたい人?」
(‘◇‘)「部屋は汚いです!あのすっごい本とか雑誌とかがベッドの下とかに散乱してて、泊りに行った時とかに本ザーッってして(どけて)『相葉くんここ寝てイイよ!』って」
浜田「エロ本ばっか落ちてんの?」
(`・3・´)「エロ本は…そんなにはないですね」
(.゚ー゚)「無いわけじゃないんですね」

赤裸々。
ていうか待て。相葉さんいつ泊まったんだ。おいいつ泊まったんだ。
もうさ、俺千葉といいさ、翔さんってほんと雅紀に骨抜きにされてるよね?
もうお泊りにきた相葉さんが、翌朝に窓から頭はみ出してる翔ちゃん見て寝起きだから驚きのあまり泣いて「やだ翔ちゃん落ちちゃう死なないでぇええ!!」とか言いながら必死で助けてればいいと思うんだ。
ていうかそれくらいのことあってももう微笑ましく思いこそすれ驚きはしない。それが嵐の距離感。恐ろしいグループを好きになったもんだぜ…。

(.゚ー゚)「僕はぁ、翔ちゃんと付き合いたい」
(`・3・´)「あぁ良かったぁあ!」

激しく安堵する櫻井翔。にのみさんて翔ちゃんにもキャバ宮っぷり発揮するよね。

松本「どうしても?」
(.゚ー゚)「どうしてもどうしても(笑)。そうですよ!」
松本「親に反対されても?」
(.゚ー゚)「親に反対されても!そりゃそうですよ!」

磁石コンビ好きに朗報。にのみさんはたとえ親に反対されても翔ちゃんとの愛を貫き通す覚悟があるそうです。
ご参考までに。(何のや)

松本「じゃあちょっと理由を聞こうか」
(.゚ー゚)「僕結構何も決めないんですよ。何でもいい、どこでもいってタイプなんで。今日何食いたいとか全部言ってくれるとそういう人間はむしろ楽なんですよ」
浜田「じゃあこいつはちょっと勘弁してくれっていうのは?」
(.゚ー゚)「それはもう相葉くんです」
(‘◇‘)「なになになになに。なにがやなの?」

めっちゃ聞いてる。でもどうしてだろう相葉さんがにのみさんに言ってると余裕感じる。
「はいはい、なにがやなの?言ってごらん。聞くだけ聞いてあげるからさ」みたいな余裕感じる。
というかこれはもうにのみさん相葉さん構ってシグナルでしかない。
きっと相葉さんもそれを分かってんだよ。ほんと恐ろしいねにのあい。

(.゚ー゚)「いやもうね、うるさいんですよ。とにかく」
(‘◇‘)「うるさい?」
(.゚ー゚)「この間もぉ、この人ん家でメシ食ったんすよ。そしたら、鍋。『すごいおいしい鍋なんだ、食べてくれ』ってなって出来上がった鍋が真っ赤っかだったんですよ。いわゆる辛い鍋で。『コレ本当に辛いから気を付けてね』って言って自分が一番最初に食べて『ぶふぅっ!!げほっ!げほげほっ!』って。ええー急に?!そんな言ってたヤツが最初にそう言うこととかしだすんですよ。うるさいんだよね(相葉さんの顔を見ながら)」

エンドレス・雅紀エピソード。
にのみさんの相葉語りは始まったが最後加速の一途をたどるしかないのです。
日本が誇る大物芸人にだってそのエピソードの最中に茶々を入れることはできないのです。
さりげなさを装っていながらもファンからすると「またか…」となっても仕方ないくらいの俺と相葉さんは仲が良いアピール(相葉さん家でメシ)を導入に入れ、周りが知らない俺だけの相葉雅紀エピソードを紐解き、最後は相葉落としで締めるこの一連の流れはテストに出てもおかしくないくらい、にのみさんのトークテンプレで使用されてるものです。

(‘◇‘)「そうだね、ごめん」

わぁ、謝った。
待って待ってこれ謝ることなの?
ていうかこの自然な謝り方何?2人ともここ相葉さん家のリビングか何かと勘違いしてませんか?
この雅紀のフェアリーっぷりがあってこそのにのあい。そしてそのフェアリーっぷりが、時として急激ににのみさんい対してのみ失われるところもまたにのあい。
にのあいや ああにのあいや にのあいや。(やめんか)

松本「がさつってわけじゃないんやろ?」
(‘◇‘)「がさつでもないんですよ」
浜田「イタい?イタい?」
(‘◇‘)「ちょっ、違う違う違う!イタくないですよ!」
松本「イタいはあれなんで、可哀想な子」
(.゚ー゚)「(笑)そうなのかな?」
(‘◇‘)「いやいや可哀想じゃないです!すげぇ元気にやってますよ大丈夫です!」

雅紀、元気でやってます。
であればもう何も言うことはありません。ひた走れ。

(´・∀・`)「僕はね、マツジュン。僕が女だったらですよね?他のメンバーはなんかこう、あんま好きとか言ってくれなさそう
ノノ`∀´ル「すげぇマジで答えてる(笑)」
松本「すごい真剣に考えてくれたんやな!」
(´・∀・`)「だってやっぱ4年(付き合ってる設定)ですから。やっぱ4年てすごいじゃないですか。最初の方は言ってくれると思うんですけど。マンネリしててもそこはちゃんと4年経っても横で、こう『好きだよ』って」
ノノ`∀´ル「あはは(笑)!(超絶良い笑顔)」
(´・∀・`)「安心する」

最年長の安心を勝ち得た最年少。

浜田「逆にこの人だけは遠慮したいって人は誰ですか?」
(´・∀・`)「これがだから、ニノですね」
(`・3・´)「普段仲良いのにね」
(´・∀・`)「仲良いけど、女性だったらって考えたら。言ってくれないじゃないですか、絶対」
(.゚ー゚)「絶対かどうかはわからないよ」
(´・∀・`)「ゲームが好きなんで、相手にされなくなりそう」
(`・3・´)「ゲームと私どっちとるの?って」
(´・∀・`)「そう。どっちとるの?って言うのも多分重くなって言えなくなる
(.゚ー゚)「(自分に対して的を得た意見をぶち当てられた時特有のOh…って感じの顔)」
松本「すごいリーダー一一生懸命考えてくれて」
浜田「リーダー素晴らしいですね」
松本「すごい一生懸命考えてくれてる分だけ1人、浮いてるよね」

浮いちゃった。

浜田「さぁちょっと、最初にフラれてもうてんけど」
(`・3・´)「一応でもいいですか?思いだけは伝えて。僕やっぱり女性だったらですよ?記念日とかそういうの、例えばクリスマス誕生日とか大切にしてほしいんですよ。5年前に、僕と相葉12月と1月で誕生日が一緒になって共通の友人が誕生会開いてくれて。したら近くの花屋で100本くらいの白いバラの花束。超デカい。ロマンチックで♥そういうの多分大切にしてくれそうなんで」
(‘◇‘)「いや嬉しいですね。やりますよ。今年も欲しいですか?」
(`・3・´)「え…?(戸惑い)」

めげない櫻井翔。どうしても相葉さんへの思いだけは伝えたくて、溢れだしたのがにのみさん顔負けのオレの雅紀エピソードでした。
ほんと、メロメロですね。そしてさらっと今年もあげるね!じゃなくて「欲しいですか?」って上目線かましてきた相葉さん。このSが入った瞬間たまらんかった。欲しいです下さい。(土下座)

(`・3・´)「ごめんなさい、これ(付き合いたくないの)は本当に大野さんで」
(´・∀・`)「(え?なんで?って顔)」
(`・3・´)「彼はさっき、二宮がずっとゲームやっちゃうからやだって言ってましたけど。同じ理由で。彼釣りが好きなんですよ。12時間とか、時間長いので?」
(´・∀・`)「25時間」
(`・3・´)「海連絡とれないじゃないですか?ヤですよ。だって25時間連絡とれないの」

智と25時間音信不通は耐えられない翔さん。
女々しくて女々しくて辛いよ。

(´・∀・`)「2日休みで、1日目12時間やりたい、2日目12時間やりたいって。…そしたら繋げちゃえばいいじゃないかと
(`・3・´)「(うんうんと頷く)別々でやるよりね?」

結局一番の理解者になってしまう翔さんだったので最終的にはただの山でした。お粗末様です。

ノノ`∀´ル「僕言われる前から決めてたんですけど、僕は付き合いたいのは相葉くんですね。やっぱね、明るいんですよ」
浜田「馬鹿なんでしょ?」
(‘◇‘)「違う馬鹿じゃない!馬鹿じゃないですよ!」
松本「馬鹿な子っていうのはあれやから、可哀想な子」
(‘◇‘)「可哀想じゃない!可哀想じゃないですよ!」

まったく同じ返しきた。

ノノ`∀´ル「仕事してる時とかもそうですけど、なんかこう相葉くんがいるとそこが明るくなるみたいなことがあるから。2人で色んな事を楽しめる人だから。動物園行ったら動物園も騒いで盛り上がって楽しめるだろうし、どこ行ってもなんかこう相葉くんと居たら楽しめるんじゃないかって」

究極的に素晴らしい相手じゃない。あなたがいればどこでも楽しいよって。そんなかわいいこと言えるJがまたこれ女子力高い。
やっぱJは相葉さんに甘えたい願望があるんだと思う。

ノノ`∀´ル「これ(付き合いたくないの)はねぇ、すいません大野さんですね」
(´・∀・`)「(どうして…?って顔)」
ノノ`∀´ル「選んでもらったのに申し訳ないとは思うんですけど」
(´・∀・`)「俺言うよ?!好きとか!好きだよとかいうよ!?」
ノノ`∀´ル「(笑)」
(.゚ー゚)「一番真剣な顔してるな」
ノノ`∀´ル「理由はねぇ、大野さんなんかやっぱほっとけなそうなんですよ」
松本「手がかかる?」
ノノ`∀´ル「手…手がかかる(笑)。そう。1人で生活できなそうな気がするんですよね」
(´・∀・`)「1人で生活、してるよ?」
ノノ`∀´ル「あはっは(笑)!そうだよね、そうなんだけど。なんか、あんまり生活感ないじゃないですか」
(´・∀・`)「ちゃんと洗濯もしてるよ?それでっ、それでもだめなの??」
ノノ`∀´ル「やっぱね、一番こう5人の中でミステリアスで。どういう人かっていうのが未だにやっぱこう不思議な部分がある」

智超絶必死。
どうしてもJと付き合いたい智のぐいぐいのアピール。智がこんなに自己アピールするとこなんて初めて見たわ。「それでもだめなの!?」ってめんどくさい彼女か。そのうち「どこ直せばいいの!?」ってなりそう。
必死に訴える智の言葉を一回一回丁寧に全て否定していくJの所業がなかなかドS。流石はかつてのどS番長。
もう何だろう。各々がメンバーの紹介とか自慢をただただ垂れ流すだけのコーナーになった。いかほどーー!!

有村架純ちゃんからの質問は
「最近戸惑ったことは何ですか?」

にのみさんは、駐車場のおじさんに違う人と間違われたらしい。休みだったはずの「日曜の」コンサート楽しかったって娘が言ってた!って言われたらしいけど。
これってさ、単純にそのおじさんがコンサートの日にちを勘違いしてただけでちゃんとにのみさんだって思ったんじゃないか?
にしても「友達が誕生日だからプレゼント買いにいかないと友達いなくなっちゃうと思って」って。
なんでこの人は友人を物で繋ぎとめようとしているんだろうかとふと冷静に考えてしまった。
ねぇ、にのちゃんにとっての友達ってそういうものなの?利害関係がないと友達でいれないって考えてんの。おい切ないよ?
でもじゃあ、家に突撃してしょうが焼き作らせて食った挙句テレビの配置に文句言っても普通に接してくれてるあの人はあなたにとって何なのですか…?
物で釣らないとと友人がいなくなると考えるほどの歪んだ交友理念をもつあなたの概念をブッ飛ばすあの存在は一体…にのあいこわい。
さらに翔さんが戸惑ったのは、友達の奥さんに会ったら「何されてる方ですか?」って聞かれて友達も「え?翔くんだよ翔くん(焦)!」ってなるしどう答えたものか迷ったという話。
結局、考えあぐねた結果として「旅人」と答えた翔さん。おいどっからその答え導かれた。どこの引き出しを開いた。
翔さんの中では【アイドルは旅人】らしい。あらやだこう書くとなんかそれとなく深い気がしてくる。

瑛太くんからの質問は
「嵐の中で細かくて神経質で面倒くさい人は誰ですか?」

おいおいこの人も潤くんって呼んでるのか…!?頼むよ前にも言ったけど潤くん呼びしてくれよにのみさん…!頼むよ…!
瑛太くん最高の離婚超絶最高でした。ちっす!(どのテンション)
しかしながら…

瑛太「僕この前舞台やってたんですけど、潤くんが見に来てくれて。厳しい感想を受けたり。『そっか…』っていう空気になるような松本さんの厳しいご指摘が」

松たか子に引き続き彼も被害者であった。
どこの舞台にも現れ、自身の意見を良かれと思ってひたすら述べて帰る男・松本潤
そのある意味での空気の読めなさを分かってくれてる人ばっかりがそばにいてくれて本当にあの子は良かったね。『そっか…』って空気になってるよJ。
にしてもこのエピソードを聞いた後でのこの質問となるともう既に当てブリのような気がしてきます。おい潤くん、大丈夫か恨まれてないか。
せーので指さしてみると、思った通りで本人含め全員がJ。

(`・3・´)「自分でも思うんだ?」
ノノ`∀´ル「ていうか他の4人を細かいと思うことがない」

あんだけ…休みの日でもびっちりスケジュールいれて分刻みの予定をこなす櫻井翔に対してその台詞を言える人間はJを置いて他にはいないと思う。
そしてまたしても振り付けをそろえたくて仕方がないJの話を嬉々として喋るにのみさん。相葉くんとかが言われてますっていう特に必要のない雅紀情報もきっちり入れてくる。さすがは葉担トップ。
良い仕事してますね。

(‘◇‘)「よく言われる。違うよ、こうだよって、っ!(手を広げたらそれがにのみさんの腕に当たって痛そうな顔)」
(.゚ー゚)「いてっ!(攻撃を受けた左腕を右手で押さえる)」
(‘◇‘)「いててて、ふふふふ(笑)」
(.゚ー゚)「もうだからやなんですよ!こういうこと!こういうことが本当に多い!!もうだっからやなんですよ!!」
(‘◇‘)「ふふふ(笑)」

非常に良いにのあいを見せてもらった。なんかこの件がもう、にのあい!というものを集約していた。これこそがNINOAI。ユニバーサル言語・NINOAI。

関ジャニ∞「ひびき」「あおっぱな」
この亮ちゃんのユニオンジャックみたいなジャケットスゴイかわいいなー。
そんでくらひながめっちゃ双子みたいなジャケット着てて可愛い!顔ぜんっぜん双子感のカケラもないけど!
あと丸山さんのジャケットがまぎれもなくペリーだ。来航なされた。丸山ペリー隆平。
ひびきのサビ部分の手をつらゆら揺らす振りがすんごい可愛いんだよな。
最後の、手をひらひらと返したりするところも。
あおっぱなで頭をこっつんこさせながら歌うくらひな。
もう最近くらひなは同パートを担当することも多いもんだからよくいちゃついてるね!けしからんもっとやれ!
こうやって比較的自由にメンバーがいちゃこらできる曲っていうのは違うところで披露された時の楽しみがあるよね。
ヤンマーもよこくら並びもあったしおいしかったです。
この日の終わりはまるちゃん「魚を食べよう~」でした。

▼嵐「ラブソングメドレー」「失恋ショコラティエ
嵐が出演したフジテレビドラマのLOVESONGメドレー
Love Rainbow」「迷宮ラブソング」
マルちゃんの衣装がペリーみたいって言ってたらにのみさんも若干ペリー感押し出した衣装だった。(ペリー感て何や)
さらには相葉さんがただの黒髪イケメン過ぎるという罠です。このビジュアル…デビクロくんへの期待がいやおうなしに、高まるぅ!
というか全員のビジュアルが最高潮に良いな。なんでだろうと思ったら、前髪捜索願を出さなくても良い髪型ばっかりだったからだ。
ラブレインボウでふざけるじいまご!そして「明日もずっとその先も~」で真ん中に集まって指さしするONM。たまらんかわいい。
迷宮ラブソングの特筆すべき点はみんなが手を真ん中に集めて踊るとこと手を引くとこだね。
そして待望の「Bittersweet」
智振り付けなんてそれはもう最強の予感しかしなかったけどやっぱり最強だった。
イントロの部分の振り付けも最高に可愛いし。まず最初のみんなが縦に並んで横に手を出してくとこいいよね。
そんで今回はAメロからソロパート多くて珍しい。
じいまごの背中合わせ有。そしてじいまごが交差したところから出てきてにのみさんも良いし。
雅紀が歌ってる後ろで、4人で縦一列に並んでぴょこんぴょこん順番に飛んでいくあれすこぶるかっわいい!
足のステップの踏み方が智振り付けっぽいよなやっぱり。なんか見てると。
大サビ前の間奏の5人が扇形に広がって上から両手を体の横におろしてくる振り付けでの足のリズムの刻み方が細かいけどすごい好き。
さらに言えば、そこからぶりっこみたいにしてふるふるっと体を震わせて左右にちぇけちぇけちぇけちぇけみたいにするとこが好き。(待って。ちぇけちぇけって何)
そんでこの後急にテクノっぽい音はいるのも今まではあまりなかった感じがして新鮮。でも曲の雰囲気自体はすごい嵐らしい。
いわゆる嵐サウンド!って感じがして2014年新年一発目のシングルににふさわしいと思う。
潤くんソロの「誰よりも君を」で石原さとみちゃんに手を差し伸べるあたりがさすがのエンターテイナーJUNでした。
でもやっぱりこの曲の一番のメイン処は最後のキメポーズデスヨネ…!
智、あなたって人はどれだけよく分かってるんだ…!ていうか雅紀足なっげぇよ!このモデル体型!ばかっ!(何で)