読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

取り急ぎMステが…

素晴らしかったということをとにかく伝えたい。

 


本日のMステ観ましたこと?奥さん!
初回限定盤買っておきながらまだDVDも見れてないような人間が言うのもあれだけど今日のMステ見ましたこと!?
はー!かっこいい!!
えびじちゃんの勇姿しかと堪能しました。
ほんと戸塚さんて天才なの?と思います。歌詞の意味とか。
正直歌のところ以外は飛ばし飛ばしでしかまだ見れてなくて。
いやでも郁人が思いっきり木村さんのモノマネをぶちかまして、本人にきょとんとされながらも長年傍で木村さんのダンスのくにゃり方を見てきた中居正広氏を爆笑させたところは見ました。素晴らしいじゃない。
まさかここでやる!?とは思ったけど素晴らしいじゃない。
ご本人の前でモノマネ披露するってそうそうないよ。しかも音楽番組でな!
これって本人よりも周りが「それだー!」ってなるのが一番似てるやつのような気がするのね。
あと塚田さんがいつもの塚田さん過ぎて「おい誰か止めろ」と思った瞬間郁人がきちんと止めに入っていて、改めて塚田さんの隣に郁人がいることの重要性について考えました。
トークにおける郁人への信頼感が最近うなぎのぼりです。いや前からやけど。
何故ならば彼は、戸塚さんとジュニア伝言板をやり、ごっち様と気になるKJをやり、塚田さんとは楽屋訪問をやってみたりととりあえずトークするんなら郁人置いとけ状態に(主に少年倶楽部内で)なっているから。馬車馬のように働くよ!
そんな彼が遂に4月から少年倶楽部の司会ですってよ奥さん!相方は照史ですってよ!
名前の漢字の変換が面倒くさい2人が司会だよ~!
てるし、でいれてるからね。いくひと、でいれてるからね、今。(単語登録しろよ)
長らく続いたこやまるコンビ司会が終わり、今後の司会は平成生まればかりかと思われた今日この頃、また昭和に戻ってきていただけるそうです。ありがたや。

そんなわけで今日の「5Rings」のパフォーマンス。
ほんっとうに素晴らしかった。
まずこの曲とりあえずカッコ良い、本当に。
全員でマイクをずらして歌うところとかが大好き。
「5Rings」の輪とかそういう分かりやすくイメージ化されてる感じがするし。
やっぱり長年やって来てるだけある安定感。マイクの受け渡しとかフォーメーションの移動の際の様子にも全部見て取れる。
なにせこの人たちは現場というか舞台にあがることの多い人たちで、本番一発勝負!ってのを積み重ねてここまでやってきた人たちだから。
勝負強さだけで成り立つものじゃなくて、経験や練習を積み重ねて作り上げた安定したパフォーマンス。ここがほんとに一番の売り!
だからネバマイとかよりはこういう曲、パフォーマンスの方が自分はしっくり来るし、A.B.C-Zへの入りとしてはネバマイより間口が広いと思う(ネバマイはネバマイでどんどんするめソングになってきたけど)。
正直圧巻だ。ジャニーズの他のどんなグループよりも。
舞台装置とか演出じゃない、本人たちの体を使ったパフォーマンスでは今、A.B.C-Zの右に出るジャニーズグループはいないなと思う。それが売りだけに。
にしても五関様ほんと軽いよな。あのマイクを渡してからするっと真ん中に入り、はっしーと塚ちゃんにエスコートされるように手をとられる一瞬の『THE・五関様』感は秀逸。
もうほんと飛ばすまでは、っていうか飛ばしてる時もごっち様エスコートされてるように見えるんだ。
そんでぐいんぐいん前に後ろに思いっきり飛ばされて、軽々とそれをこなすモモンガごっち。本人の軽さと腹筋とか全部備わってないと出来ないよな~あれ。
塚ちゃんと反転し合うみたいなのもそうだけど。
細いのにしっかり筋肉ついてるんだろうな。よっ!細マッチョ!
さすがは何度もけんすい対決で、筋肉の塊・塚田を撃退した挙句「何度やっても負ける気しない」とのたまうだけはある。
はっしーがごっち様と塚ちゃんの背中に乗って数秒耐えるのもすごいはっしーの足が可愛くて好きなんだけどな。
それよりも、なんだっけ?「5stars」だったかな?でごっち様がメンバーの背中蹴飛ばしてご降臨されるのが大好き。五関様感溢れる。
今、興奮した時は置いといて常に様付けなのってジャニーズだと五関様と山田様*1くらいかもな…。

とにかく今日のMステのえびじちゃんのパフォーマンスに興奮したっていうだけの話でした。初回盤のDVD見なきゃな…。

*1:Hey!Say!JUMPの山田涼介氏。以前も書いたが絶対的なスターオーラを発しておられるのでこう呼んでいる。加えて言うのならば陶磁器のようななめらか美肌の持ち主。