アラシデータ

思うがまま。

嵐とかえびちゃんたちとか

いやー気づけば4月に入ってもう今週にはにのみさんドラマが始まるという。
ていうか明日日テレジャックだ。恐ろしい。HDDの容量を気にしながら頑張って入るけど既に取り逃してる番組が…。
もともとよほど見たい番組とかバラエティ出演でない限り録画にそんな重きを置いてないんだけど。
日テレジャックとかもさ~ほんとちょっとだけしか出ないのにどこに出てくるかわかんないからベタ撮りしてさ~編集しなかったらそのまま2時間くらいの容量を食ったままとか。
なんかこう、ジュニアのファンとかがさ、確情ないけど歌舞伎は出るはず!あと日程的にあのグループのツアーの東京公演と…!みたいに自担の出所伺うのと似てるよね。
いや、確定情報は出てるんだけどジャックって。
でもいまだにわかんないのが担当ってなんだろう…。っていう。
単純にそのグループで一番好きな人をそれぞれ自担って言うのかと思ったらよくTwitterとかでは「●●と××担当。掛け持ち理解無い人はフォロー外してください」的なのを見るから。
自担って基本単数というか1人なの?一番好きな人だけを自担って名乗ればいいのかな。そうするとまぁ二宮氏なんですけど。ここだけは譲れないですけど。
でもこういうのも波があるもので、にのみさんよりも雄一さんを優先したい時とかもあるしね。五関様を優先したい時とかも。なんなら今五関様を優先したい。これは五関様の方が好きというよりも露出の少なさに原因が…希少価値。
どこまで追いかけてたら自担って呼んでいいんだろうなぁ…システムがよくわからんよね。未だに。もう何年オタやってんだって話なんやけど。
とまぁ、そんなのはいいとして最近の番組とかで気になったことをだらだらと。

 



VS嵐2014.4.3
クリフクライムにて普通有りえない最悪の技(グリップをポイントボタンに投げつける)を披露したにのみさんを、責めるかと思いきや「にのにあたっちゃったら可哀想だなと思っちゃったの」という相葉雅紀
とりあえずこの日明らかになったのは、本物の天使は羽が生えてなくて恐ろしくスタイルが良いバラエティ班だということですが。
そらにのみさんも何も言えんわ。口つぐむ。さすがに。
にのみさんが必要以上にキャンキャン言うのも相葉さんなら、ぐうの音も出なくするのも相葉さん。良いしつけです。
そして、番組中に使うカットの撮影後、毎回必ずスタッフにお礼を言っていたにのみさん。それが好プレーって!と言われていつものようにうさんくさい持論を展開するにのみさん。
「こんなの計画的にできますか?」とドヤ顔で訴えるにのみさんに「…あなたなら出来るでしょ」というJ。
うん…ああそれはね、多分にのみファンなら思ったよね…。
でもJにとってはやっぱにのみさんてそういうイメージなんだ。計算づく。打算的。確信犯。小悪魔。それもそれで可愛いよね。
そういう器用なまねは自分には出来ないからある意味スゴイ、とか思ってそうだよね潤くんは。
そして不器用ながらの真っ直ぐさで、けどその熱さで周囲の人間を巻き込んでいく潤くんを逆に二宮さんはすごいと思ってるよね。
お互いの正反対の部分を認め合ってすごいなぁと思いあってる感じがするこの2人。イメージがやっぱり背中合わせなんだよな~末ズは。
結局ぎゃんぎゃん言いあったにのあいが仲良く揃って落下というひたすらににのあいでしかない結果。

VS嵐2014.4.10
OPトークからうさんくせぇ二宮和也と、純粋な相葉雅紀というこの対比。
にのあいってほんと、昔からにのあいだよね。
超絶めんどくさいにのみさんの相葉さんに対する歪んだダイスキアピールを、いっそ無関心とも思えるほどのおおらかさで全て受け止める相葉さんというこの関係性こそ、にのあいと思ってる。
そして唐突な嵐国会中継が面白すぎた。
またしても安定のにのあいのやり合い。ていうかにのみさんが一方的にちょっかい掛けて、相葉さんが応戦して分が悪くなったら大野さんに振る。
したら「俺がすべて悪い」と潔すぎる男前発言をした大野さんに慌てて「それは違う俺だよ!!」って急にしおらしくなるにのたん。
雅紀とはきゃいきゃいやってたのに…大野さんがすべての責任を自分で背負おうとした瞬間良心の呵責に耐えきれなくなるにのたん可愛い。
しかも今日は負けたな…と思ったのにまさかの高得点でチームを勝利へ導いた智がカッコ良すぎてすごいときめいた。愛してる!

▼ハモネプ
いついかなるときも郁人は郁人でした。
あのシャカリキダンスはどこでも健在。
そしてジムで、武井荘に上目づかいをするはしーが恐ろしく末っ子感発揮で可愛らしかったことは言うまでもない。
戸塚さんタンクトップ似合わないね。アクロバットボーイズクラブらしさの無い、文化部ビジュアルな戸塚さんが好きです。褒めてる。

▼ABChanZOOとえびブロ
WORLD ORDERの回を見た。
やっぱり安定して振り覚えも技の修得も早いA.B.C-Z
こういう、いわゆる舞台職人的なことをやらせてもらえるとこの人たちのポテンシャルの高さがよくわかる。
廻る床。あれ、難易度で言うと五関様>塚ちゃん>郁人>はしとつ的な感じ?ダンスとかに関することってほんと五関様勘がいいんだろうな。
最近いいとこ見せれてない!とか色々言われてる五関様だけどこういうの見るとほんと舞台の上ではさすがのサイボーグっぷり。
というかこの人はきっと育ちがいいんだろうなと。
そこはかとなく漏れてくる高貴さ…ロイヤルさとか、昔から変わらない余裕っぷりとか、時に感じる所作の美しさとかお坊ちゃま感が。
メンバーが引くほど生活力がないっていうのも、舞台上でのサイボーグ感とのギャップ故に顕著というか。
本当はそんないつでも余裕たっぷりなわけじゃなくて照れ隠しとかでの強がりだったりするんだろうけどさーそういうとこも好きでさー。
そんな中で、戸塚さんの今週のえびブロに泡食った。
自分はえびブロ更新中。はっしーは隣室で談笑中。郁人はまっすぐに寝てみぞおちで手を組んでる。塚ちゃん=郁人に同じ。という中、(塚田さん中継の雑さに愛を感じる)
五関様=9割方郁人と塚ちゃんと一緒だけど手じゃなくて腕を組んでる。『そして、それがまた様になっている』という謎の五関リスペクトな報告。
戸塚さんは、五関様信者に一番近い思考をしてると思う。
色々と見てきて、完璧なだけの五関様じゃないことも頭では理解してるんだけどやっぱり完璧人間サイボーグ・GOSEKIに想いを馳せてしまうが故に『五関くん(五関様)』から抜け出せないというか。
ロイヤル五関を刷り込まれているんだな~と思う。いつまでもどこまでも「五関くん」なんだよ。戸塚さん的な五関様の包容力。
郁人もまた「ごせきこういちくん」といジャニーズ遺伝子のすごさを刷り込まれていたわけだけど、色々と見てきて今現在「五関はほんとなんもできないから!ポンコツだから!(俺がなんとかしてやらないとだから!)」になってて。
たぶんはしーは本気で最年長の生活に関する行く末を案じていそう。一番真剣に。そして「ああしたらいいのに、こうしたらいいのに…本当に最年長?」と思いながらも「躍らせると凄いんだよねぇ…この人。優しいしなぁ…」みたいな。一番客観視してるイメージ。あくまで個人的イメージ。
そして塚ちゃんは現在「五関君はね、ここが駄目!あれも駄目!振り付けももっとこうしたほうがいい!物申したい!物申したいんだ!」状態。最年長の矯正に一番積極的。
でも今月のドル誌で五関様のファッション革命に関して「五関君は甘えてる!」と発言した所、本人にではなく五関信者・戸塚氏にものすごい理路整然と論破されて「…~だから五関君のは甘えではないよ」と結論付けられた途端に「……確かに」ってなってて笑った。素直。
そしてそのやり取り見て笑ってる当事者。あなたの!ことで!戸塚さんが!塚田さんを論破したのですか!?
あーロイヤル。(これ言えば全部丸く収まると思ってる)


少年倶楽部4月
宮近くんが「小さいもの」というお題で「ごせきくぅううううん!!」と縄跳びしながら必死で言った途端、前に居た安井くんが「ばっかお前それやべぇよ!!」って言ってたのが個人的ツボでした。
なにその可愛いやり取り。こんな程度で神様仏様五関様が怒ったりすることってないんだろうけど「それやべぇよ!!」って。やっぱなんとなくあまり喋らない子からすると怖かったりするのかしら…ロイヤル五関様…。
OPの曲で五関様の肩を抱く郁人。河五シンメ好きなんだけど、シンメ位置だとこういう絡みも少なくなるしなーと思う。