アラシデータ

思うがまま。

「In Fact」PV+メイキング感想

In Fact感想行きまーす!

 

 

In?Fact 【初回限定盤】(DVD付)

In?Fact 【初回限定盤】(DVD付)

 



▼「In Fact」MV
とりあえずダンスパートの衣装が、個人的にはヒットしない服装だったという話を。
この人たちってコンサート衣装で各々自分の好みの装飾をつけたりして服装盛っていく人だとは思うんだけど。ああ帝王はそんな盛らないか?
とにかくコンサートで着るような奇抜な服装は似合う人たちではあるんだけど、それはあくまでも舞台映えの問題であって。
実際問題、コンサート衣装ではなくカジュアルめというか私服に寄せた衣装の場合はもっと色味を押さえて、かつシンプルなほうが映えると思うんだ。
何でってそりゃ、顔立ち自体が派手だから。とくにたっち。そう君たち2人だよ。たつあなんてもうサイヤ人だしさ。
だからあのブルーバックみたいな背景の方の服装はあまり好きではないんだけど、もうひとつの色味を押さえた衣装は好きだな。
ファースト・クラスの世界観を踏襲してってことだからあの服装なんだろうけど、背景がブルーバック感出てるのも勿体ない。
ていうかファスクラを意識したのなら4人それぞれが鬼編集長となった場面を差し込まれてても良かったかな…書類を一瞥して突き返す亀梨編集長とかな…!
でもそうなると、鬼編集長亀梨もっと長尺でくれ…!ってなるな。うんやっぱやめた。
もうひとつ言えばジャケットのおたぐくんの衣装もとても勿体ない。
ジャケットもパンツもシルエットが緩めだなんて…おたぐくんのえげつないスタイルの良さが殺される。
まぁ衣装に関しての文句はここまでにして。
「掻き消してく~」のおかめちゃんは相変わらず自分の魅せ方を分かってる。手の動きが良いし、やっぱりあのビジュアルのおかめちゃんに着物着せたい。
黒髪短髪亀梨和也から漂うそこはかとない男装の麗人臭が好き。
1番の最後「霧の中で~」のあとに差し込まれてる黒衣装パートで、ライトが上に上がっていって4人の顔が見えずにシルエットだけになる瞬間が良い。
すごくKAT-TUN…!ってなる雰囲気。やっぱり黒×黒のKAT-TUNのカッコ良さ異常だな。ギミラブみたいな黒×赤とかも良い。
あと、おたぐくん・おかめちゃん・たつあは白シャツとかを中に着てるからそこが際立って映るんだけど、雄一さんは全身真っ黒。
しかも位置が真ん中だから後ろから光が差してて輪郭が少しぼやけてて…というのがとても良い雄一帝王。
そのすぐあとにおかめちゃんとたつあが首痛めてる系イケメンなのも良いですね。後半でおたぐくんも首痛めてるね。
あ、そういやファスクラの雄一さんも首痛めてたわ。大丈夫?サロンパス貼る?支配人EXが待ってるけど?
色は珍しくないんだけどライトの使い方というか入れ方が特殊だな~ギミラブの方はそういうの好きなのかな。
ファスクラとの関連で考えると「帰ろう 僕らは 僕らのあるべき日まで」っていうのがちなみちゃん最後は編集部辞めたりするのかな~という。
「あるべき日」がスタートの頃と考えるなら。
それか、編集長となり鬼と化したちなみちゃんが編集部で働き始めた頃の「あるべき日」に戻って新たな気持ちで編集長やるとか?
主題歌とドラマって最近は密接な関係にあるものが多かったりするのでそういうことを考えたりもするんですが。
そんな御託いいから見とけばええやんって感じですねこれ。すいません。



▼メイキング
・説明を受けてる途中に「あ、あれですね」って言って指さす雄一さんの指が今日も美しい
・カメラを前にしたアイドルのポテンシャルの高さが大好きな自分からすると、カメラに映るメンバーを映すカメラというこのメイキングならではの映像はたまらない
・突如として始まった中丸雄一のHBB講座第二回
・カメラに向けて講義を行う雄一さんの背景が、机に座って何かを読んでいるメンバー3人というのも非常にシュールな映像
・内容の説明はするが、コツとかは一切教えてくれない雄一先生はゆるぎないDFE
(冫、)「さぁ、みなさん一緒にやってみましょう」(⌒ー⌒)「(HBBやってる)」(冫、)「下手くそ。下手くそ」
・せっかくおたぐくんがHBBやってくれたのに一太刀で切り捨てる雄一さんひどい。二回も言うなんて。好き(なんで)
・ていうかおたぐくんうまくなかった?結構できてなかった?あのクオリティでも「下手くそ」って言われんの?
・もう雄一さんの前では絶対HBB出来ない…(やる機会ない)(そもそも出来ない)
(冫、)「ではまた次回のHBB講座お楽しみに。さよなら」
・と、別れの挨拶をする雄一さんの後ろで、さり気なく拍手を贈る中丸担・亀梨和也
・実はずっと聞いていたんだな…と感心すると同時に、後ろでそっと拍手を贈るだけというその健気な対応に涙する
・本人たちもあんまりこの衣装気に入ってない…?
・少なくとも雄一さんとおたぐくんは「衣装じゃなきゃ絶対着ない」パターンだな
(冫、)「できるっ!」(´・ω・`)「出来る出来ないじゃねーんだ。やるかやらねーかだ」
・可愛子ぶる雄一さんにたつあが男前な言葉をかけているにも関わらず、雄一さんに手を差し出して「えいえいおー」と言わせるおかめちゃん
・おたぐくんの手がちゃんと出てくるまで待ってあげてよ…!
・入り口出口田口が省エネスタイリッシュバージョン
(冫、)「真面目な話しようよ!ちゃらんぽらんなのよくないよ」(⌒ー⌒)「ちゃらんぽらんってイマドキ言う?」
(冫、)「資本主義について話しようよ」(⌒ー⌒)「あのーなんかふんわり焼き上げてぇ」(冫、)「うん」(⌒ー⌒)「周りにクリーム…」(冫、)「それシフォン」(´・ω・`)「シフォンケーキ
「それシフォン」シフォンケーキがまったく同じタイミングで、2人を指さして「うぇーい!」と言いだすおたぐくんを「うるさい」と一喝する雄一さん
・何故かおたぐくんのツッコミのスキルを上げようとするろばまる
(´∀')「お前ら間違ってる。田口立ってるだけでカッコいいじゃん」と新たなおたぐくん潰しを考案したおかめちゃん
・立ってるだけで良い喋らないキャラにすれば?という話が進む中(´・ω・`)「(口に)ガムテープしとけば?」(冫、)「はははっ!」
ろばまるひでぇ
・ハブられおたぐくんにジュディオングばりの海のような包容力で「私の胸でお眠りなさい」と言ってあげたい
・このフレーズ最近では関ジャニ∞の会でトーク中泣きだした愛しの亮ちゃんにも言っていた気がする
・やっぱりおたぐくんにツッコミスキル上げさせたい雄一さん
・え?雄一さんメンバーが自由すぎてツッコミ役飽きたの?後任探してんの?
(´・ω・`)「俺に聞いて―なかまる。お前友達いねぇだろって」(冫、)「友達いないんだろ?何人?」(´・ω・`)「3人…」
・と言って、「1」と言いながら雄一さんを指さし、「2」と言いながらおかめちゃんを指さし、「3」と言いながらカメラマンを指さすたつあ
(⌒ー⌒)「外野外野ーー!」(´∀')「仕方ないじゃん友達なんだから(笑)」
(´∀')「メンバーは?」(´・ω・`)「1(中丸)、2(田口)、3(亀梨)…」(´∀')「友達は?」(´・ω・`)「1(中丸)、2(亀梨)、3(カメラマン)…」 
・おいおいおいおい!!
・おたぐくんが不憫なのはみんなの愛しさゆえのイジリだけどもそれよりおいろばまる…!
・ここで今回のポイントを整理しましょう(池上彰風に)
その1 「俺に聞いてーなかまる」という、信頼感溢れるご指名
その2 何の疑問も持たずにたつあの言うがまま質問する雄一さん
その3 「1」と言われて思わずニヤける雄一さん
その4 「1」が必ず雄一さん
・ろばま…る…(ダイイングメッセージ)
・私のお墓の前で泣かないでください泣くぐらいならろばまるを供えてください
(冫、)「おいおいおいおい!うちの家の玄関で何してんだよ!」(⌒ー⌒)「これ俺のリビングだよ!」(´・ω・`)「これ俺のベッドだよ!」
・というKAT-TUNメイキングあるあるな、よくわからない設定での会話が開始
・するとどこからともなく走ってきたおかめちゃんが中丸おじいちゃんの腕をきゅっと掴んで(´∀')「コンコンコンコーン(ノックの真似)うーえだくんっ」(´∀')(冫、)「あーそびーましょー」(´・ω・`)「はぁーいっ!」(´∀')「よし行こうぜー」(⌒ー⌒)「俺を誘えぇえ!!」
・かわ…かわいい…かわいいいいいいい!!!全員可愛すぎて叫びたい!!
・こういうなんの意味もないコントというかやり取りが一番ツボに来る罠
・あと「はぁーいっ!」と言いながらぴょこんと飛び降りてくるたつあも可愛いし、何よりも後ろから走り寄って腕を掴むという難易度の高いボディタッチをこなすおかめちゃんの女子力が半端ではない
(⌒ー⌒)「何について喋るー?民主主義について喋るー?」(冫、)「(無視)どうですか今回のPVは」
・帝王…
・このあとに無視された、みたいな感じで笑ってるおたぐくんが可愛い
・この子はこういう対応を受け入れてしまうからやはりツッコミタイプではないんだろうなあと思う
・だから絶対的にツッコんでくれるけど関西ならではのイジリとのバランスが取れるよこすばに懐くのかしら
(´∀')「汗を見てもらうと分かりますよね、中丸くんと僕のね。(上田に)さっぱりしてんなぁ!お前ほんと汗かかないな?」(´・ω・`)「うん」(冫、)「女優か」
・………。「女優か」
・そんなツッコミある?男であるメンバーに「女優か」ってそんな…そんな…中丸くん…言っとくけどね、きみ!上田くんはね!

女優だよ!!(違う)

・あとそっちの黒髪美人もな
(⌒ー⌒)「久々にKAT-TUNとたくさんいれて良かったなって」(冫、)「なんだその感想」
・ひぃっ!
・雄一さん…どうしておたぐくんに対してはそんなに帝王発揮が凄まじいんです…?凄く素直で良いこと言ってたよ…?
・でも良かったねおたぐくん!亀梨くんは「お前カッコいいな」って言ってたよ!
・おたぐくんの最後の挨拶に笑うおかめちゃんと、笑わないろばまる



▼楽屋コーナー記念すべき10回目
・私服なのか?
・私服だとすればおたぐくんから醸し出されている石田純一もしくはマイケル富岡臭は何…?
・服装だけ見てればおたぐくん間違いなく数人の女がいるよね
・雄一さん外に弱いな。全然目ぇ開かない
・BBQしながらのまったりとしたパターゴルフとインディアン風ゲーム
(´∀')「食べながらするの?貴族の遊びみたいにするの?(冫、)「そうですそうです」(´∀')「わっはっはっはみたいな」
・え、これ貴族の遊びなの…?
・貴族の遊びがCDの特典ディスクについているグループ。それがKAT-TUN
・亀梨さんの貴族のイメージとは一体
・もしかして:髭男爵
・カメラに説明する自分に被る上田くんに(冫、)「ぶっとばすぞおまえ」
・雄一さんのツッコミって物騒だね
(⌒ー⌒)「そこはさ~5点行くのが男じゃないのー?」(´∀')「俺男じゃないもん男じゃないもん」
カミングアウト…?(違う)
・常々思ってはいたんだよねあの着物を纏った時の妖艶さだとか底知れない女子力だとか…ああやっぱりね…(だから違う)
・おたぐくんプリケツ
(冫、)「ケツ出てるよ」(´・ω・`)「面白ぇかっこ」
・トーナメント決めのVTRは…?
・出ました「Can do!Can go!」
・この世代は間違いなく最初の曲これだなぁ
(´・ω・`)「待って俺飯食ったばっかだから吐くかもしんない」(⌒ー⌒)「あーいいですいいです」(´・ω・`)「いいですって(笑)」
・おたぐくんがたまに垣間見せるめんどくさそうなあしらいも好きです
・上田くん回り方が無駄にジャニーズ…
・雄一さんに「パター中心じゃないの?」と言われてちょっとパターを意識してるたつあが可愛い
・今更言われたとおりにやるのも癪だけど、みたいな部分が出てるけど少しだけ言うこと聞いてるたつあ可愛い
(⌒ー⌒)「あ~曲がれ曲がれ曲がれっ!あ~~!!おしい!!」
・こんなに全力で雄一さんを応援しているのにこのあとのPV撮影の合間にあんだけ雄一さんから手厳しく扱われるおたぐくんが不憫
・おたぐくんにガチ切れな上田くんの後ろで黙々とみんなのごはんを作るおかめちゃん
・お兄ちゃんたち遊んでるよ…?輪に入らなくていいの…?
・たつあがラジコンで雄一さんのコースを妨害する場面が非常にろばまるの小競り合いでどうも有難うございます
・風を読む中丸雄一
(冫、)「あいつ(ラジコン)邪魔だな!」
・そういうゲームだよ帝王
・市ヶ谷が一番楽しそう
・おたぐくんのケツを蹴るたつあ
・サドンデスダイジェストの静止画が意外に面白い
・自分の対決の番だけど焼きそば作りに夢中でほとんど背景と化す亀梨和也
(´・ω・`)「ゲッツ!」(⌒ー⌒)「もう一回やってもらっていいですか?」(´・ω・`)「ゲッツ!」
・たっちゃん!ごきげんだね!
(⌒ー⌒)「(焼きそば作り)代わろうか?」(´∀')「いや触んないでください」
天使の申し出も固辞する焼きそば奉行
・5点のペンペンを2回分狙うということで(´∀')「ペンペンペンペンしかないでしょもう」と言い、何故か「こういうことですよ」と雄一さんの尻をペンペン叩く
・……雄一さんの尻を叩く必要性がどこにあったかって?亀梨和也だからだよ!みなまで言わせるなよ!
・亀梨くんの全力のOBはいっそ清々しいよ
・亀梨くんお手製の焼きそばを本人と一緒に食べれるなんてそれこそ貴族の遊びだよ上流階級だよ
・目を閉じている上田くんに雄一さんの綺麗な手が優しく触れるそれだけで…(誤解を招く)
(´∀')「気概かたと破滅の仕方のギャップが好きなんだよね田口の人生の」
・あの…すいません…田口くんの人生は気概と破滅で構成されているんですか亀梨先生…
(冫、)「当たり障りのないことばっか言ってるなさっきから!」(´・ω・`)「合いの手合いの手(笑)」(冫、)「…取れそうだな(上田の付けている髪に手を伸ばす)」
・こういうさり気ない部分でろばまるしてくるからこわい
・仕掛け方がド下手な上田くん愛しい
・上田くんのド下手な仕掛けを紙一重で躱したじいまご
・普通にバンクーバーの朝日…」と宣伝のつもりがNGワード「朝」を言ってしまったおかめちゃんに鬼の首を取ったように喜ぶお兄ちゃんたちが大人げなくて好きです
・ピー音が入ったのはまだ言っちゃいけない情報だったかな。ジョーカーゲームの公開月言ったとかかな
・次回は外ではなく楽屋で会いましょう!