アラシデータ

感想文と言う名の覚書をしたためています。

KAT-TUNの良さって何なのか少しだけ考えてみた

askの備忘録。

Q:KATーTUNについて、友人が「KATーTUNの良さって何?てか、仲悪そうだよね(笑)」と言われまして、KATーTUNの良さと仲の良さを答えたのですが理解して貰えず、「良く分かんない。それなら嵐とか関ジャニ∞の方が良いし。」と言われました…。私は嵐もKATーTUNも関ジャニ∞も好きですし、その3つのグループを比べる気は無いのですが、KATーTUNが友人の中でマイナスなイメージになってるのが少し許せないので、『KATーTUNの良さ』そして『仲の良さ』を分かりやすく、伝わりやすく教えて頂けませんか?

 


またこれは難しいことを…だからこういう真面目な話をこんなポンコツに振って大丈夫なのか…?
以前の「エイターにジャニーズWESTを否定されたのですがどうすれば好きになってもらえますか?」という趣旨の質問に似通ったご質問というか内容だとは思うんですが。
やっぱりジャニストの時にも言ったんですけど、興味がないというか最初から否定で入ってくる人にそのグループを好きになってもらうって容易なことではないと思うんですよ。
ていうか興味を持ってくれる人にはいくらでも宣伝したいんですけど、そうでない人…否定や拒否で入ってくる人に無理して宣伝する必要はないかな、と個人的には思っていまして。
でもそのマイナスイメージのままでは嫌だという気持ちは本当によくわかります。
誤解しないでほしいんだ!というそのお気持ちはよくわかります。
しかし、このエピソードをもってして攻略せよ、みたいなことは言えないんですよね。
ご友人にとって何が琴線に触れるものなのかが分からないですから。
なのであくまでも今回は、自分が”今”思う「KAT-TUNの良さ」や「仲の良さ」について書かせていただこうかなと。
それが「分かりやすくて伝わりやすい」ものになる自信はないですが…。

 

KAT-TUNの良さって、個人的には「KAT-TUNらしさ」に集約されると思っていて。
それは多分どのグループにも存在するものなんですよね。
嵐には嵐らしさ。関ジャニ∞には関ジャニ∞らしさっていうか。
ようはグループの個性ってことなんですけど。
KAT-TUNがスゴイのは、4人になってもその「KAT-TUNらしさ」が失われていないところなのかな~と思います。
何か起こるたびに「KAT-TUNらしさ」に新たな色が組み込まれていく不思議。
デビュー当時の都会的な冷たさというか古い言葉で言えばちょいワルな雰囲気も、バラエティ番組でこそなりを潜めていますが、楽曲のパフォーマンスを見れば失われていないのは疑いない。
6人→5人→4人との変遷を辿って、パフォーマンスの幅というか表情が減るのかと思いきや、むしろ増えたんじゃ…!?と驚愕するようなものを魅せてくれるのがKAT-TUNだと思ってますんで。
絶対零度のようなトゲトゲしさを醸し出すパフォーマンスがあったかと思えば、メンバー全員でふざけあっている温かみのあるパフォーマンスもあって。
勿論昔からメンバー同士が絡むような楽曲はあるんですけど、見る側の勝手なフィルターによってより絆が強固になってのパフォーマンスのように見えてくるという…。
あと、KAT-TUNらしさのひとつに、音楽の方向性としてのKAT-TUNらしさっていうのはあると思います。
ジャニーズらしい楽曲もあるんですが、R&B的な曲もあって、王道アイドル路線とは一線を画しているかなと。
関ジャニ∞もよく楽曲の幅広さが売りだと言われますが。
関ジャニ∞の楽曲の幅広さが多方向に伸びるタイプであるとするのならば、KAT-TUNのジャンルの伸び方は一方向に深く伸びていくイメージ。
これは雄一さんのHBBがKAT-TUNの武器であることも大きく関係してくると思いますが。
あとはまぁとにかくコンサートがカッコいい。
楽曲や構成、装置には勿論こだわるんだけど、それの最終目的が「すごい装置を見せる為」とか「良い楽曲を良い構成で聞かせる為」ではなくて「KAT-TUNを輝かせるため」になっているからもうほんとKAT-TUNカッコいい…!ってなる。
良い意味で「俺を見ろ」感があるというか。
個人的にはやっぱり、KAT-TUNKAT-TUNらしい、KAT-TUNとしてのプライドの高さが好きですよ。

 

あとは仲の良さかぁ~そうですね、でも質問者さんがKAT-TUNファンということはいくらでもKAT-TUNの仲の良さを示すエピソードは知っておられると思うんですよね。
だからもうそのエピソードで、ご友人が引っかかりそうなものを引っ張り出してみてはどうでしょうか。
まぁ嵐と関ジャニ∞が好きだとするとそんじょそこらの仲良しエピには耐性付きすぎてるかもしれませんが…。
でも例えばその人が当方のようにシンメ推しだとすればろばまるエピ(オフに2人で那須塩原日帰り温泉旅行・伝説の北海道旅行・「ある一定以上は酔っ払わない。上田を見なきゃいけないから」・公開痴話喧嘩etc)なんかを語ったら結構濃いと思うんですよね。
ろばまるは嵐や関ジャニ∞のエピソードに慣れた人間にも濃い。いや、ろばまる以外も結果濃いけど。
あとは拒否反応を取り除くやり方として、ジャニスト質問の時にも答えた通りご友人の好きなグループとの関わりでKAT-TUNのメンバー個人の人となりをそれとなく知らせるところから始めてみては?
嵐×KAT-TUNエピも最近は多いですし、関ジャニ∞×KAT-TUNだと最近はおたぐくんとよこすばの絡みが顕著かな~と思います。

 

そのご友人が少しでもKAT-TUNへの興味を持ってくれるように祈っております!