アラシデータ

感想文と言う名の覚書をしたためています。

「COME HERE」MV+メイキング感想

やっとこさ見ました。リリースがえび座と重なったもんで…。

 


夏!これぞ夏!メイキングは今回もDFE帝王登場!

come Here【初回限定盤】(DVD付)

come Here【初回限定盤】(DVD付)

 

 
▼「COME HERE」MV
アルバムのリード曲。三十路オーバーズが三十路オーバーとは思えない。世の中おかしい。
疾走感があって、ふざけるところはふざけて、メリハリがあって面白くて楽しい!かつんちゃん大好き!みたいなMVでした。
舞台の中みたいな世界観が、室内での分かりやすい色味とかセットの人工物感と相まってすごく良かった。
本当の外ロケではこうはいかないだろうな。この曲は室内撮りのこのビビッドな空の色合いの方が良かったと思う。

・三十路になっても学生服姿を我々に提供してくださる雄一坊ちゃん
・なんだろうあの「冴えないのに多分この子いいとこのお坊ちゃんで恋愛下手なんだろうなぁ」感。
・MVの女の子が激烈可愛い
・サングラスの似合わなさが雄一さんらしい。他3人はさすがに似合ってるけど
・走り出した4人の一番奥にいる田口くんが何やらふざけながら走るのも、それを雄一さんが見てるのもいい
・おかめちゃんとたっちゃんはまっすぐ前
・コーンではなくアイスをがっつり握ってるおかめたん
KAT-TUNが増殖してなんか俺俺みたいになってきた
・ところでサングラスを飛ばす4人が好きすぎます
・サングラス投げ飛ばすってイケメンとQちゃんにしか許されない行為
・市ヶ谷×黒の細みパンツがここにも見参で有難う!
・スタンドマイク場面の「YOU’RE MAKIN’ ME CRAZY 誰もが羨んでる~」でソロカットのおかめちゃん美しすぎな…
・黒髪×おかめ×前髪長め(片目隠れる)=最高
・カモンカモン~のそれぞれの手の動きが違うのが興味深い
・なんてヤンキー臭のするサンタさん…と思ったら強盗だった
・ヤンキー上田を見つけた瞬間のおたぐくんもさることながら、見つかった瞬間の上田くんの顔が可愛すぎた
・そして始まる警官田口淳之介と強盗上田竜也の攻防
・この2人はとてもアクロバティックな所作が似合うね
・一度コンサートでも、2人でなにかアクロバティックな技とか披露してみるといいと思う
・スタンドマイク場面で下に寝っ転がって足をフリフリ動かす上田くんはどこで買えますでしょうか
・あのおもちゃ欲しい
・で、最後は「民衆を導く自由の女神」らしいですね~
曲のイメージPVとしてはかなり上々の出来じゃないかこれ!
何より楽しくなるし、コンサートでもこういう楽しげな魅せ方で披露してほしいな~!


▼「COME HERE」メイキング
・スタッフが室内に作ってくれた砂浜セットすごいな!
・砂浜セットでしゃがみ込んで砂さらさらーと触ってるおかめちゃんのちんまい感じがたまらない。猫っぽい
・緑のタンクトップにアロハっぽい柄シャツ、ネックレスの雄一さん。照明によって髪の毛が普段より更に茶色く見えて珍しくチャラ丸
・でも噛み噛み
・砂遊びに夢中のおかめちゃん見てると「この子こんな一人遊びばっかしてるんじゃないだろうか…」と妙に不安になる
・やっぱり走ると市ヶ谷の腕の長さ目につくわー
・おたぐくんにちょっかいかける雄一さん
・その勢いでもつれるようにぶつかり合う市ヶ谷可愛い
・お…おい!…メ、メイキングの編集技術が飛躍的に向上してないか…!?どうしたジェイストーム!?
・COME HEREの曲の世界観に合うようなメイキングの編集をすることが出来るだなんて…なかなかやるじゃないか…
(´∀')「おっまえさぁ、お前超ゆっくり走りじゃん(笑)。みんな必死にやってんのにお前ジョギングじゃん(笑)」(´・ω・`)「(笑)」
そりゃ上田くんからしてみればこんなのジョギングどころか徒歩レベルだからな!
・必死感の出ない素直な上田くんも好きです
・目をつむってるおかめちゃんの場面の後に、スタッフのよーいスタート!って入るところで目を開けて前向いてスタンばってるおかめちゃんの口元が完璧に「ω」←これ
(´ω')
・何本も走らされてもハイテンションのおたぐくんがはしゃいで走って行くのを呆れた顔で見つめる雄一さん
・これぞ市ヶ谷!これが市ヶ谷の或るべき姿!
・カメラへの映りを考慮するあまりクッションのないところへ飛び込んでしまって「むぅ」と顔をしかめるおかめちゃん
(´∀')「なんもないもん」
・拗ねて座り込んでいる最年少を見て笑う他3人がすごくお兄ちゃん感出ててこの場面好きだ
・映像チェックでも楽しげなお兄ちゃん達と、ちょっとテンションの低いおかめちゃんというのが非常に良い対比
ターミネーター2ごっこを始める上田中丸
・突然(開始)のろばまる
・突然(終了)のろばまる
・その件どうやって始まったんだよ!どっちから言いだしたんだよ!ていうかもしかしてどっちからも言いだしてないのに自然にそうなったのかよ!以心伝心か!なんかもうごちそうさま!
・自分の役柄を説明するおかめちゃんの喋り方が「なんかわかんないけど」とかふわふわしてて、あーこれテレビとかメディアでは見れない亀梨和也だわ、って思った
・きっちりかっちりコメントしてるGoingの人とは思えない
・ネクタイ巻くの苦手なくせにブレザー所望する雄一さん
(´・ω・`)「やべっ」(⌒ー⌒)「待てぇえ~」
・なにそれ平和
・それぞれのシーンをチェックするうえたぐと、じいまごが可愛い過ぎて先に進まない
・画面の中の最年長に嬉々としてアテレコを初める最年少を「はっはっはっは」と朗らかに笑いながら見守る最年長
・この世の中は平和である
カメアンドピース
・扇子を使って変顔練習するおたぐくん
・もうサングラス掛けたら竜也さんはどこかの組の方かと…
・わざわざ肩を掴んで自分の方を向かせてまで「お前似合わねーな!」と上田くんに暴言かます帝王
・でもね帝王!帝王の方が似合ってないよ!気付いて!
・上田くんは似合ってるよ!
・上田組幹部!
(冫、)「誰が鼻メガネじゃ」
・はっ…雄一さんは我の心の声を…!?
・やはりおかめちゃんはお尻をぷりぷり振らせたら天下一品
・おしりかじりむし好きなだけある
(冫、)「楽な振りをつけたほうがいいってことで急きょつけました」(⌒ー⌒)「これねぇコンサートでやるかもしれない」
・こういう臨機応変さとか作り上げるに際してのベストが何かを感覚的に感じて応用できる姿が好きで
・ジャニーズジュニアとしての活動を通して得たものをジュニア時代もデビューしてからも抜群に生かしていける。それこそがジャニーズ。だから好きなんだ…!
・ていうかこれコンサート行く人は多分覚えなきゃだな…
(⌒ー⌒)「横スクロールっていうのが面白いですよねぇ」
・コメントするうえたぐの後ろにスタンばってるけど全然かまってくれないので「よっ!」って陽気に声を出してみた雄一さん
(´・ω・`)「お前の番まだだから」
一蹴
・すごすごと退散する雄一さん
・そしてじいまごのコメント撮り
・今日の雄一さんは噛み噛み
・おかめちゃんがインタビューの形式取って頑張ってるけどさらっと学ランのボタン外し始める雄一さん
・暑いの?それともとっとと帰りたいの…?
・最後ぐだぐだとインタビューして「ありがとうございましたっ(笑)」って無理やり締めるんだけどじいまご距離近いな…
・コメント撮りも終わり画面が真っ暗になって特典映像終わりかと思いきや1分後くらいにHBB講座第三回目が始まった
・やはり歪み無いDFEで淡々とHBBについて語る帝王
(冫、)「みなさん、前回のビートボックスのリズムは完璧にマスターされたでしょうか。……(頷く)わかりました。では今回は3つのリズムを使ってまた別のパターンに挑戦したいと思います」
・待ってください帝王!まだです!まだマスターしてません…!
帝王には我々の声が聞こえないのか…?
・いや、むしろ聞こえていてなおこの「わかりました」なのだとすれば歪み無い…帝王…
・頭の中で某JOKERの「てめぇらついてこねーと命はねーからな!!!」がリフレイン…
・あああ!可愛い!「ぷっ」って音出してる帝王可愛い!目が笑ってないけど!!
・それにしても下から煽り気味のアングルでお届けするとかカメラマン有能すぎか…
・これぞ帝王アングル…滝川クリステルにも負けない…
・見下されてる!見下されてるぅううう!!!
・自分の感情の彷徨い方が激しい
(冫、)「ツッ。ツッ」自分「(え…これ舌打ちされてる…?HBB…?)」(冫、)「ツと言ってください」自分「ツ!!」
・実話
・我ながら従順すぎた
・単体ならまだしもいきなりがっつりリズムパターンつけてきてなかなかのクオリティのものを提供してきた雄一さんに…なんていえばいい…なんていえばこの思いは伝わるのか…
(冫、)「ではゆっくりやってみましょう」
・ああ帝王…帝王もさすがにこちらサイドのポテンシャルを考慮してくださったのですねありがとうございます。ああ、そうですね…そのスピードなら何とか頑張れるかも…
(冫、)「簡単ですね」
う…うあああああああ!!!
・やはり帝王に我々の声など届きはしない…望むだけ無駄だ…
「さようなら」にあれだけ感情が乗らないことってあるの…?