アラシデータ

思うがまま。

櫻井・二宮の櫻宮コンビに思うこと

ask備忘録。

Q:
自分は櫻宮押しなんですが櫻宮はどう思いますか。特に嵐デビューの、他3人がまだふわふわしていた時期のこの2人にあった連帯感と信頼、そして2人とも頭の回転が早いがゆえに繰り出されるおふざけ的な絡みと会話が好きです。

デビュー時期は、まだファンではなかったので当時の2人の連帯感とか…詳しいことは分からないんですが、その時期の話を聞いたりするに、やまたろは多分同じ方向を見ていたんだろうなぁとは思います。
同時期に事務所を辞めようとしていた2人が、デビューさせられるかもしれないと危惧して社長宅に直談判しにいったというエピソードとか。
辞めようと思ってたところもそうだし、それで直談判ってなるのもそうだし。
この辺がお互いに頭の回転が良くて勘が鋭いあまりに出てくる姑息さというか(笑)。
「大っぴらになる前に裏から手を回してなんとかしよう」みたいな考え方は良くも悪くも2人が「芸能界」という世界に対しての目がシビアだからかなぁと思って。
小学生とか中学生の頃からジュニアをやってる子って、どっかしら浮世離れじゃないけど、感覚がちょっと一般人離れしてる子が多い気がするんですけど(最近はそうでもないけど、昔はもっと典型的に勉強できないけど動くのは得意!みたいな子が多かったイメージ)。
まぁみんないずれはジュニアの世界で芸能界の大きな壁にぶち当たって気付くんでしょうけど…この2人はその未来を比較的初期段階から見据えていたんじゃないかなと。
そういう意味で、ジュニアの頃からどっか冷めてたような印象を受けます。当時の番組とか見てると。
だから嵐になってからしばらくは、お互いに「俺たち流されてるよな」みたいな感覚を共有していたんではないかなー。
でも、「これがずっと続くなんてやってられん、逃げたい」となっていた大野さんほどは拒否反応はなくて、ある意味半分諦めているというか。
多少受け入れられないことがあっても「これが芸能界」みたいな達観を持ってして割り切る強さを持っていたのはこの2人なのかなーと思います。これ個人的にです、あくまでも。
そう思うと本質は似ているのかもしれませんね…。いやこれ書いてて思っただけですけど。
交友関係とかそういう対外的な部分は似てないけど、根っこは同じかもしれない。
 
あとは前に何かの雑誌がこの2人に「嵐の知性」みたいなキャッチコピーをつけてたと思うんですけど、本当にその通りだなって。
学力とか知識的な話ではなくて、理解力の水準が同じレベルだなぁと思うことは多々あります。嵐内だと他3人よりも理解力はこの2人が高いと思う。
コンサートを作り上げるという意味では、松本さんが要で、司令塔だとは思うんですけど、実質「嵐」において「知性」は誰かと問われるとこの2人だなぁと思わざるを得ない。
それはお互いに認め合っているところだとも思いますし。
二宮さんは24時間テレビでも「翔くんは本当に空気の読める人です。不器用になったり、バカになったり。でもそれは、本当に頭のいい人にしか出来ません」と言っていますし。
そういう2人の中に感じる参謀感といいますか、ナンバーワンというよりも二番手三番手で誰かを支えたりするサポート役を担う方が似合っている所は好きです。
自分とってのやまたろはそこが一番の好きなポイントかもしれない。
 
そんでもって、櫻井さんの悪ふざけとか楽屋の即興コントに付き合ってあげるのが二宮さんだけっていうのもまたやまたろだなぁ、と思います。
基本的に櫻井さんって嵐の中で絶対的な知性であって、それ故にメインMCだったり回す役割が多いんですよね。これパブリックイメージからしてもそうなるのは仕方ないことなんですけど。
だからツッコミ役として機能することが多いんですけど、嵐って結構ボケの集まりだから(笑)。
翔ちゃんがボケ役に回った時にきちんとツッコミとして機能することが出来るのって最終的にはやっぱり二宮さんだけになるのかなと思います。
そしてお互いに賢いから、その役割を即座にチェンジしたりできる。
トークやバラエティにおいて先を読む力が突出している二宮さんだからこそ、櫻井さんも安心してボケることが出来るんじゃないかなって。
あと、櫻井さんって嵐の中で一番一番、『年上キラー・二宮和也』にやられてしまっている気はする。
甘いなぁと見ていて思う。いや、櫻井さんって基本的に嵐メンバーに対して甘いけど。
「演技も出来てトーク力も抜群。30オーバーにしてこのベビーフェイス。こいつが俺の自慢の…ニノ!Say!ニーノ!Say!ニーノ!」って感じする。
そうなってくるといよいよ櫻宮って高級官僚とキャバ嬢かもしれませんね!(どうしてそうなった)
上司に連れられて嫌々キャバクラにやってきた高級官僚櫻井が、キャバ嬢との会話でげんなりしてるところに和子ちゃんが現れて、選手交代。
するとあら不思議、和子ちゃんの会話術には所々に知性のエッセンスが含まれ、頭の回転が早いな…と感じざるを得ないトーク術と気遣いの数々。こんなキャバ嬢もいるんだ…と、高慢ちきだった高級官僚櫻井も徐々に打ち解け初めてキャバクラ通う、みたいなのが良い。
 
…何を言っているんだろう。ちょっと本気で何言ってんだろう自分。
とにかくやまたろは嵐の知性であり高級官僚とキャバ嬢でもあると思います。←
以上です!