アラシデータ

感想文と言う名の覚書をしたためています。

ジャニーズWESTデビュー記念イベントに行って来た

7月に23日に大阪 Zeppなんばで行われたジャニーズWESTデビュー記念イベントに行って来ました。
シングル「ええじゃないか」購入者キャンペーンで当選したわけですが、キャパが2000ちょいある会場で2日あわせて8グループ?だとすると大阪公演だけでざっくり15000人以上は当選してるのかな?という感じ。
そんな中で12時35分開演の【グループ2】に参加してきました。イベントレポ的なものをちょろっと置いときます。
だいぶんうろ覚えな部分があるので、もしかしたら発言者間違ってる部分もあるかもしれないですがメモ取ってたわけじゃないのであいまいな部分はお許しください。

 


デビュー記念イベント「デビューしてもええじゃないか~バンザイ!!その先の一等賞へ~」
7月23日 大坂・Zeppなんば 【グループ2】 12:35開演(公演自体は正味1時間程度)

▼開場前~開演前
一応集合時間が設けられていて、ざっくりと100番づつで柵が設けられている場所になんとなーく並ぶ。
柵のところに「参加者同士で番号をご確認し合ってお待ちください」的なことが書かれてはいたけど、最終的には100番ごとに分けられたグループがぞろぞろ固まりで移動する感じ。
時間が迫ると、少しずつその列が動いて受付へと案内。この案内も100番区切りのグループごと。
当選番号は5桁。一番頭の数字がグループ番号(2日目の2回目の公演だったので全公演通し番号的に6番)。
下4桁が結局会場での整理番号。つまり60100だったら整理番号的には100番目に当たってかなり前方なわけですね。なるほどなるほど。
受付では携帯電話で当選メールに書かれていたURLにアクセスして表示されるQRコードの読み取りと、本人確認を(事前に顔写真付きの身分証明書か、顔写真がなければ2種類以上の身分証明書を用意するように連絡有り)。
100番ごとのグループの枠にはまっていれば当選番号の細かい確認まではしていないのかな?という印象。
それでも、コンサートと舞台しか行ったことの無い自分からしてみると、QRコードの読み取り、運転免許証で当選者名の確認と顔写真で本人と照合、までしている姿は結構厳重な感じがした。
この辺りは、最近の事件の影響なのか、それともジャニーズのイベントって前からこういうものなのかわからない。
その後は、コンサートでもいつも実施されているカバンを開けての中身の確認。
このゾーンを抜けるとあとは早い者勝ち。整理番号の意味は…。
自分は1階席後方。Zeppなんばは1階席はオールスタンディングなので、後方に入るくらいならいっそ2階の最前の方がよほど良かった気がする(2階は座席有)。
1階席だったら前方に入るか、センターにある通路に近い位置につけないと背の低い人間には大層つらい状況。
ただステージにはモニターがあったので、そのモニターは確認できる。距離的にもモニターは目視で問題ない。本人たちも隙間からちらちら見える限り表情は読み取れる距離。
オペラグラスとかあれば確かにもっと確認しやすかったかもしれないけど、前に立ってる人が背伸びしたり体を動かすと途端に見えなくなる恐れがあるので大人しくモニターを見るか、オペラグラス使わずに全体像を把握したほうがいいのかもしれない。
会場ではジャニスト登場まで「ええじゃないか」「バンザイ夢マンサイ!」「浪速一等賞!」「その先へ…」がリピートで流れ続けてました。
途中でメンバーからイベントに当たっての諸注意が音声であり。コンサートとかではたまにあるやつ。
照史のアシストで金八先生のモノマネをしながら注意を読み上げる神ちゃん。それに対抗するようにおシゲちゃんが「俺も金八やる!」って言いだしてド下手な金八先生を披露してくれました。あの金八先生絶対しゃくれてる。
イベント中はもちろんの事、開演前も終演後も会場の写真撮影禁止だったのですが、自分の周りでもチラホラ舞台の写真撮ってる人はいました。そういうのおやめなさいよ本当に。



▼開演
OP映像が流れ、それぞれのソロショット。最後はおしげちゃんの一言があり、メンバーが登場するわけですが。
重岡「王将と大阪王将は違う」
という、有難いお言葉を賜りました。多分それ関西人は分かってるし、それ以外の人にはうまく伝わるかどうかわからない。
登場早々、照史に「なんで今それ言うたん(笑)?そこは『今から会いに行くから待っとけよ!』みたいなんでスタートちゃうん!?」と突っ込まれるおしげちゃん。
観客席に挨拶とご飯食べた―?みたいな軽いトーク有り。
ここでもおしげちゃんか誰かが「勿論お昼は大阪王将やんな」と言ってた。確かに大国町駅からの道すがらあったけどな。



▼ゲームコーナー
メンバーが、MCと赤組・白組に別れてゲームするコーナー。勝っても特になにもなし。負けたら罰ゲーム。
最初にくじを引いてチームとMC決め。
「絶対MCだけは嫌や!」と口々に言うメンバーに照史かな?「なんでそんな嫌なん?」と聞いたら「MC遊べへんやん。ゲーム参加したい」と小瀧さん。可愛い。
結果、MC=藤井、赤組=神山・重岡・中間、白組=小瀧・桐山・濵田 というグループ分けに。
藤井「先に言っとくけど俺意外と普通に進行するからな」
言葉通り普通に司会進行してました。金髪が非常にお似合い。
神ちゃんが同じチームだと知るなり「チームシャークやな!」とはしゃぐ重岡さんに乗る神山さん。の間で置いてけぼりの最年長が「俺でてへん」と申告。
それに対抗して「俺らなんてチームMYOJOやからな!」と言う照史に「全員出てるわ!」とお淳太様からの正統派ツッコミ。
「負けねーぜ!」とガッツポーズで気合を入れて楽しげなおしげちゃん可愛すぎた。天使警報発令中。
照史からは「なんでそんな少年漫画みたいな気合の入れ方なん」と言われてしまったけど。

最初のゲームは「接写にした写真が何の写真か当てるゲーム(メンバーそれぞれが事前に写真を提供)」
まずは赤組からの出題でモニターに真っ黒の映像が映し出されて「何か分からん!」との訴えの中、手を上げる照史。
桐山「はいはい!放送事故!
中間「ある意味正解やけどな」
少しずつ本来の写真の大きさに戻っていく過程で、2人の人間の目元が見えてくる。
正解は大西流星くんと淳太くんのツーショット写真で見事はまちゃんが正解。
どうやらこの写真、新幹線の中で流星と隣だった淳太くんが撮った写真らしく、流星はホンマに可愛い!とべた褒め。
中間「ジャニーズWESTの中で誰が一番好き?って聞いたらシゲが一番やった」
重岡「俺の後ろが淳太くんと流星で、その会話聞いててん!俺が一番って聞いた瞬間思わず(車内)販売の人に『すいません、後ろの子に飲み物を』って(やろうと思った)」
なんでシゲが一番?みたいな空気がメンバー間に流れる。
淳太「ちなみに(藤井流星)最下位やったで」
理由はパンツ脱がすかららしい。見た目に反した小学生っぷり。
次は白組からの出題でなんだか黄色のような金色のような繊維ともなんともよく分からない映像がモニターに。
重岡「流星?流星の頭?」
あーなるほど金髪ねーみたいな流れになるけど不正解。
神山「あ!金ちゃん*1!?」
中間「金ちゃんと流星一緒やろ。同一人物やわ」

この閃いた!みたいな神ちゃん可愛かったのと、それに冷静にツッコむ淳太くん他メンバー。
写真が少しずつ本来の大きさになる途中、腰みのに乗っかったお腹が映し出される。
思わず、照史…?みたいな空気が流れるも正解は長い腰みのを巻き、胸にブラみたいなのつけてフラダンスを踊る淳太くんの写真。
ハワイで撮ったらしい。小瀧さんの提供?
桐山「お腹ぽよっとしてたら俺みたいに思ったんやろ!ふひゃひゃ!俺じゃありまっっせ~ん!」と客席にざまーみろ的な言い方する照史。
重岡「この淳太くん綺麗やない?!めっちゃ綺麗じゃない?」
の一言から淳太くんの美貌を褒めるメンバーの中、流星が「美脚やしなぁ」と言うも「(腰みので)足見えてへんがな」とメンバーに返される。無念。

これは両チームとも正解で同点。

次は「借り物競争(お題に書かれたテーマに沿ったものを客席から借りて持ってくる)」
重岡→浪速生まれのもの(ファンの手作りうちわ→笑いにこだわってるところが浪速ならでは)
濵田→ええじゃないかのCD(「ええじゃないか 忍ジャニ盤」のCD)
桐山→彼女に持っていてほしいもの(日焼け止め)
神山→一番長いもの(ストール)
小瀧→夏の風物詩(忍ジャニの扇子)
中間→サングラス(つるの部分が黄色いサングラス)

神ちゃんのテーマが「長いもの」と聞いて誰かが「(神ちゃんが)一番短いのにな!」って言ってた。
後方まで来てたのは照史とか小瀧。近くまで来た2人を見ながらはまちゃん来るかなー?と思ってたら「みんなちゃんと帰って来てなー帰って来てんのはまちゃんだけやでー」という流星の声が聞こえて既にCDを持った濵田さんが舞台上にいて「Oh…」ってなったのは秘密だよ☆
おしげちゃんは「シーゲのフェロモンダダモレ工場」みたいな手作りうちわを持ってきて「この笑いのセンス大阪ならではやろ!」と言ってぺらぺらうちわめくる(おしげちゃんバージョンと流星バージョンとあともう1人くらいのバージョンが切り替えられる仕様)
ちなみに元ネタは↓これ

 

チャーリーとチョコレート工場 [DVD]

チャーリーとチョコレート工場 [DVD]

 

この画像のジョニー・デップの顔がおしげちゃんとか流星になっている非常に手の凝った作り。それがおしげちゃん的にお気に召したらしい。
しかしペラペラめくるうちに「!壊れた!」と大声をあげるおしげちゃん。壊れたというか、切り替え用のリングが外れただけで後でちまちま直してた。
はまちゃんはええじゃないかのCDで忍ジャニバージョンを持ってきて、忍ジャニ出てないけどちゃんと写真載ってるよ、と中の歌詞カードを見せる(出演してない人は卒業写真の欠席者みたいになってるとのこと)。
照史は観客席に「なんかおしゃれなもん貸してー!」と声を掛けたら「ん。」と日焼け止めを差し出されたらしい。
「一番必要やと思われたんや」「『お前にはこれ』ってことや」と言われる浅黒照史。日焼け止め塗ってた。
神ちゃんはストール。これがかなり長くて、比べてみたところ神ちゃんの身長よりも長い。
「ほんまに長いな!」「神ちゃんより長いやん!」と言われる。ストール巻いてみたり匂ってみたり。淳太くんもストール匂う。2人して「いい匂いする」って言ってた。
小瀧は扇子を持ってきて「しかもこれ開くと…」と言って扇子を開くと忍ジャニのグッズと判明。そんなグッズあったんや!と驚くメンバー。
淳太くんのサングラスは、かけてみると結構似合う。「しかもほら、ここが黄色」と、眼鏡の蔓がメンバーカラーであることを推す淳太くん。
神ちゃんに掛けさせて井上陽水のモノマネ。淳太くんその後にまた掛けたのでモノマネ…みたいな空気になるも出来ず。
結局みんなテーマ通りのものを持ってこれたので、ここはMCであり流星にジャッジを委ねる。
流星が「みんなのアピール次第やからアピールして」みたいなことを言ったので「あなたのバージョンもありますよ!!」とうちわを全力で推す重岡さん。
流星のジャッジは赤組の勝利。というわけで白組が罰ゲーム。
借り物競争で物を貸してくれた人にはあとでタオルのプレゼント有るので引き換えてくださーい、との説明あり。
罰ゲームは、この回終了までハゲカツラ着用というもの。
小瀧は一休さんスタイル。照史は矢の刺さったハゲカツラ。はまちゃんは落ち武者スタイル。
はまちゃんが客席に背を向けて落ち武者かつらをかぶってる間、「似合ってる!」「かっこいいではまちゃん!」「コッチの方がかっこいい!」と口々に褒め称えるメンバー可愛すぎ問題勃発。ちやほやされすぎ。愛されはまちゃん。
そして照史のハゲカツラがどうしてもツボらしく、ずっと笑い続ける濵田さん。
「(カツラ被るの)そんな珍しくもないやろ。なにがそんなツボなん(笑)」という照史。
あまりにも笑うので照史がおちょけてみせたりする間もずっと爆笑のはまちゃん。しかし「ちゃうねん。なんか狙ってる時はおもんないねん。でも普通にこれで喋ってるのが…(笑)」と言われる。
ハゲカツラで「さぁ、続いてのコーナーです」みたいに進行してるのがどうしてもおかしくて仕方ないらしい。結局メンバーがMCしてる間もずっと笑ってたあの人。
途中、はまちゃんの落ち武者かつらからはみ出てる髪の毛をきゅっきゅと丁寧にしまい込む重岡さんは肉眼で確認しました。
はまちゃんの正面で至近距離で直してる姿が大層可愛かった。


▼質問コーナー

Q:「福岡好きですか?」
質問の途中で、感極まったのか女の子が泣いてしまったので慌てるメンバー。
福岡から遠路はるばる来て質問出来てメンバーが名前読んでくれたらそりゃ泣いてもおかしくない。アイドルってすごい。
今後絶対福岡も行くから!と声を掛けるメンバー。
桐山「福岡好きやで!淳太くんなんか福岡好きすぎていっつも唇につけてるもん!」
中間「めんたいこちゃうわ!唇や唇!」

Q:「どんなうちわが目立ちますか?」
重岡「それはもうフェロモンダダモーレやろ!」
この質問は、照史から「いっぱい文字が書いてあるのは読めへん」「それやったら名前とか(の方が見やすい)」「俺らのグッズのうちわも背景がメンバーカラーやからパッと見で分かりやすい」とのアドバイス有。
うちわというっか、テンション上がって踊ったり歌ったり楽しそうに盛り上がってる子には目がいく、との話もあり。



▼曲披露
「ええじゃないか」「粉もん」と、アルバム紹介も兼ねて「Ole Ole Carnival!」を披露。



▼挨拶
1人ずつ挨拶。ここはあまり覚えてないけど、やっぱり照史のハゲカツラが面白すぎてどんだけ真面目なことを言ってても笑いをこらえ切れなかった…。あれずるい。
神山「100回思うより1回言います。絶対大物になったる」
この神ちゃんの挨拶はすごい印象深かったです。
淳太くんは「ジャスミンと…」と言ったのに客席の反応が微妙だったので「ジャスミン可愛いやんか。もっと自信持ち。可愛いやんかジャスミン」としきりにジャスミン普及に努めていた。
全員の挨拶後に、このあとのハイタッチ会の説明あり。
桐山「僕らは先に出口で待ってますから」
濵田「入り口出口田口…」(©横山裕
突如ギャグぶっこんだはまちゃんに、反応するメンバー。
東山さんという大先輩からデビューしたてのジャニストにまで広く知れ渡るおたぐくんのギャグ。出口というワードだけで連想される浸透率。
多分はまちゃんはおたぐくんみたいなタイプ好きだよね。まるちゃんをリスペクトしてるしね。
会場にもよるかもしれないけど単純に前方から案内と言うよりは意外と変則的な案内の仕方。1階席右後方が残されて、先に2階席の方がハイタッチ会へ。
スタッフが「テンションが上がって強くハイタッチをする方がいますが、メンバーのことを考えて優しくハイタッチしてあげてください」って言ってた。スタッフ・メンバーともにソフトタッチ希望。


▼ハイタッチ会
出口前に、衝立があってスタッフに背中を押されながら右側にいるメンバーと次々にハイタッチ。
スタッフにすごく背中押されたのでほんとみんなの顔一瞬しか見えなかったレヴェルなのですが、衝立の向こう側にいきなりお淳太様のロイヤルな微笑みが見えた瞬間、これは夢なのか…と思わずにはいられなかった。
そしてはまちゃんに「好きです」と言おうとするもまさかのサイレントな自分。声出せ。
本当に好きな人を前にすると何もできないんですね。無念です。
でもみんな笑顔がキラキラしてて素敵だった。
あと、当然かもしれないけどみんな結構がっしりしてる。
テレビ通してみると共演者の人とかと比べて華奢というか細身に見えるけど、やっぱりあれだけ踊って歌うだけあってしっかりした体でした。
順番ですがあまり覚えてません。みんなの顔を見た覚えは何となくあるんだけど…。
というのも、淳太くんを見た瞬間軽く思考がフリーズして、その後はまちゃんのところで何とか一瞬持ち直すも最後に「あっ、照史…!」ってなった瞬間にはもう外だったので。
淳太くんスタートの照史ゴール。淳太くんの微笑みがロイヤルではまちゃんがニコニコしてて照史が笑って送り出してくれたことは記憶にある。
あと、感覚的なものですけどみんな目をしっかりとあわせに来てくれたイメージ。良い経験をしました。

*1:藤井流星初主演ドラマ「アゲイン!!」での流星の役名:今村金一郎。通称・金ちゃん。現在放送中なので是非ドラマを見よう。