読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

9月10日「ジャニ勉~渋谷興奮~」

ゲスト:浅尾美和

 


・一番タイプはヤスなゲストさん(妊娠6か月)
 「いつ見ても”良い人”ってオーラが出てるから」らしい
・横山「でも男としたら物足りないかもわからん」
 安田「何知ってるん(笑)」
 渋谷「多少は危険なほうが」
 よこすばは何をそんなに安田から手を引かせようとするのか
・ボディタッチされるとすぐ好きになる→おひなと亮ちゃん以外は共感
・横山「好きな男の子だけでしょ?」
 浅尾「いや誰でも…」
 渋谷「誰でもええんかい!まいったな!誰でもええんかい!!」
 村上「テンション上がるな(笑)!」
 渋谷「でも誰でもええって!お前でも俺でもええねんで!?」
 落ち着け。
・浅尾「(ボディタッチされると)好きなんだ!ってなっちゃって。身体を求めて…」
 渋谷「え!?」
 村上「やめろ(笑)!なんかここだけアンジャッシュのコントみたいやん!!」
 おひなのツッコミなんて秀逸なんだろうか
・恋愛禁止で男子バレーの試合を見る事すら注意されていたゲスト。けど春高バレーに出場した時に『嵐だけは見てもいいよ』と言われたらしい。
 村上「条例変わってるやん!!」
 浅尾「やっぱり普段見れる人じゃないし…」
 唯一ガン見を許されたアイドル・嵐。
・横山「でもそんなんやと妄想とかすごいしませんでした?」
 浅尾「すっごいしました!」
 錦戸「どんな妄想してたんですか…(笑)?」
 村上「先によからぬ妄想をするな!」
・浅尾さんの仕上がった妄想をものすげぇ笑顔で聞いてる錦戸さん
 どうした錦戸
・夫婦だから毎日一緒にお風呂に入る→よこひな以外は共感
・プチメモ:錦戸宅は両親が毎日一緒に風呂に入る
・浅尾「恥ずかしいんで真っ暗にして入ります」
 錦戸「真っ暗でも一緒に入りたいんですか?」
 渋谷「感触だけでいいってこと?」
 横山「でもお風呂が一番夫婦の会話にええらしいで。リラックスしてるから」
 浅尾「そうそう!」
 錦戸「それ何情報なん!?」
 横山「分からへん(笑)。なんかで読んだわ」
 浅尾「私もそれを読んで…」
 村上「同じ本読んでんのかいな」
 え、横山さん女性誌読んでんの?
・「自分は付き合う=結婚という考えだから今付き合ってる彼女とは結婚を考えてないとかいう人が意味わからない」と浅尾さんがしゃべっているときの渋谷さんの神妙な面持ちにそっと肩を叩いてあげたい気分になった
・高級なハム(タコ紐で縛ってある状態)が「豚にタコ紐が食い込んで可愛そうになる」ゲスト
 渋谷「可哀想って思うのもっと前の段階ちゃう?もう…もう無理やで」
 安田「もう無理やな(笑)」
 村上「ここまで行ったら彼らももうあきらめてるで」
 彼らて。
・∞と一緒にしたいねんは「みんなでワイワイ餃子パーティーしたいねん」
・流れでまるちゃんとハイタッチをしてしまい「あっ、ボディタッチ…!」と驚くゲスト
・高槻うどん餃子が登場。おひなも一応知ってはいるらしいけど6年前くらいからB級グルメブームで火が付いたらしい
・お先にどうぞと振る舞われるゲスト
 渋谷「子供にも食べさせたらなな」
 横山「いっぱい栄養取らなあかんから」
 親戚のおっさんか
・ここでみんなが食べ始めて「おいしい!」ってコメント中に、さりげなく「横山くん食べるっ?」と聞いあげる亮ちゃんの言い方も上目づかいも可愛いし多分そのあときちんとサーブしてあげたのか食べてる横山さん
・浅尾「でも餃子…餃子なのかな…?」
 大倉「でも餃子の味全くしないですね!」
 横山「餃子や言うてんねん(笑)」
 村上「それぞれね。家にあるやつ入れて。具もこんなん入ってないし」
 大倉「貧乏やったからー?」
 村上「やかましいわ!」
 餃子をほおばりながらニヤニヤ信ちゃんイジリの大倉くん
 なんたるフリーダム
錦戸「わっ、タレこぼれた!」
 横山「おっ!ワイワイしてるワイワイしてる!」
 大倉「りょーちゃんだいじょーぶぅ?」
 安田「りょおー!」
 横山「ワイワイしてワイワイして!」
 この間、あわてず騒がずとりあえずおしぼりを亮ちゃんにすぐさま手渡していたおひなが非常におかん
大倉「まるぅ、水持ってきてあげてー」
 丸山「(水を手に浅尾さんに迫る)」
 大倉「そっちちゃう」
 錦戸「これ踏んだほうがいいかなっ!あ、踏んだちゃう…」
 大倉「あっはっはは!」
 村上「”拭いた”ほうがええよ」(冷静)
 錦戸「拭いたほうがええよな」
 安田「(爆笑して錦戸さんの背後でこてマルを指さす)お前が(笑)!」
 丸山「(走り寄って床に転んでいるヤスを抱きしめる、というより襲い掛かる)」
 大倉「(駆け寄って丸山を引っ張り上げ、鉄拳制裁)」
 安田「(大倉の助けで襲撃から逃れて立ち上がる)」
 渋谷「(次の料理を開けようとする)」
 村上「やめろ!(渋谷を止めようとする)…痛い痛い!!痛い!!(テーブルが自分の足に乗っかって痛がる)」
 安田「(爆笑しながら挟まれてる足をカメラにアピール)」
 大倉「(渋谷さんが開けてた料理を食べながら)これめっちゃうまーい」
 村上「先食うなよ!!!」
 渋谷「(3つ目のホットプレートのふたを開ける)」
 村上「開けんなって!!!」
 大倉「あはははは!!(テーブルを動かしてもう一度おひなの足を挟む)」
 村上「痛い痛い痛い!!」
 安田「あひゃひゃひゃひゃ!!(飛んできて挟まれてる足を指さし爆笑)」
 村上「痛いて!!!」
 丸山「(浅尾さんと水で乾杯☆)」
 あんたらそれワイワイちゃう。大騒動や。
 村上さんお勤めご苦労様です。おかんやるのも大変ですね。
・2品目に手羽爆弾が登場
 大倉「横山くん爆発するかなぁっこれ食べたら!」
 爆発する!横山くん!と手羽爆弾を横山さんに楽しそうに差し出す亮ちゃん
 横山さんを押さえにマルちゃん颯爽と登場
 亮ちゃんが横山さんの背中を支えつつ口に手羽爆弾を差し込む
 ああやっぱりおとんも餌食になったか…
・チリソースもあります、と聞いて横山さんの隣にぴょこん、と飛び降りてくる安田くんかわいい
・そして段差に躓いた亮ちゃんが段をあがってくるときにさりげなく手を添えてあげる渋谷さん…気まずいのくせに…!
・チリソースで食べると聞いて「大丈夫かなぁ赤ちゃん」と言う大倉に「大丈夫です。…優しいですね」と反応するゲストさん。大倉満足げな微笑み。
渋谷「大丈夫かな。赤ちゃん(ダンディに)」
 間違ったやさしさアピール
・何故かマルちゃんが優しさ(計算)を発揮する度に当たりが強い大倉くん…ごめんね…マルちゃんがヤスのこと押し倒したから怒ってんの…?(語弊)
・ゲストに若干本気で怖がられている丸山氏
・ヤスにあーんしてあげてください、と言われて観覧席のファンを気遣う浅尾さん
 村上「かめへんかめへん」
 安田「(ぴょこん!と浅尾さんの前に降り立つ)」
 丸山「(観覧席に)あとで俺が一口で食べてやるよ」
 すごい。ときめきを1ミリも感じられない言い方と表情。純粋に恐怖。
・結局それを渋谷さんに突っ込まれてむきゅう!と横から渋谷さんを抱きしめるマルちゃん
 ……本当にこの人たちのスキンシップの多さジャニーズイチなんじゃないか…
・そして「目をつぶってあーんしてもらわな」と横山さんが言ったので素直に目を閉じるヤスくん
 「どうぞ」と差し出した浅尾さんの腕をスッと掴んで優しく引かせる横山さん(あれ…?さりげなくボディタッチしてるよ…?好きになっちゃうよ…?)
 その隣から自分の箸を差し出して安田くんにあーんしてあげる大倉くん
・結果「おいしい♡」と幸せそうな安田
・知らぬが仏
・横山「(横からヤスを抱きしめて満面の笑みで)良かったなぁ!あとでオンエアチェックしよな!!」
 安田「見る見る!」
 横山裕悪魔か
・女子の気持ち知ってんKNOW!?は「モデルに聞いた美をキープする必勝法」
・最後に好みのタイプが変わったかどうか確認。猛アピールのマルちゃん。
浅尾「そうですね…特に変わらなかった」
・無念。



【いただきジャーニー】
ターゲット:京野菜万願寺とうがらし・鹿ケ谷かぼちゃ~
メンバー:重岡・神山・小瀧

「クルクル万願寺とうがらし」いただきレシピ
万願寺とうがらしのへたを取り、破裂防止のために縦に切り込みを入れる
万願寺とうがらしに、豚バラを巻き付ける
③塩・コショウして、小麦粉をまぶす
④オリーブ油をなじませたフライパンで、表面がまんべんなくキツネ色になるまで焼く
⑤焼きながら水&醤油を加え、ソースも同時に作る
⑥更にエクストラバージン・オリーブオイルを
万願寺とうがらしを半分に切ってお皿に盛り付け、一緒に作ったソースをたっぷりかける

「鹿ケ谷かぼちゃのゴロゴロサラダ」
①鹿ケ谷かぼちゃを食べやすい大きさに切り、湯がく→フライパンでにんにくとオリーブオイルを熱する
point:にんにくの香りを油に移すには、鍋も油も冷たい状態でにんにくを加えて火にかける
②フライパンに鹿ケ谷かぼちゃを入れ形が崩れないように丁寧に、焼き色がつくまで炒める
③お皿に移し、ゆで卵を手でつぶしながら加え入れ、ミニトマトとパセリのみじん切りをトッピング
④市販のフレンチドレッシングをかける
⑤にんにくの香りが付いたオリーブオイルをかける

・豚バラを巻き付ける段階で「うわーおいしそうやなぁこれー」と言うも、思い直して「…まだおいしそうではないか」と一人反省するおしげちゃん
小瀧「生肉やからな」
・農家のお母さん「お肉とのバランスがすごくいいです」
 小瀧「うわぁもう120点もう♡」
 重岡「凄いなぁお母さん」
 その小瀧さんのお母さんに対する振る舞い方がすでに120点
・多分小瀧さんはマダムキラー
神山「めちゃめちゃ料理の幅が増えたなぁ今日(料理大好き)」
 重岡「目ぇキラキラさせとったもんなぁ!」
 神山「うん」
 小瀧「早速この料理家帰ってやろうと思う」
 神山「俺このかぼちゃ欲しいもん!」
 重岡「欲しい?」
 神山「このとうがらしも頂きたいくらいやし!」
 神ちゃん大興奮
 淳太くんは母というよりも学級院長でジャニストの真の母は神山智洋かもしれない