読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

9月17日「ジャニ勉~村上画伯~」

ジャニーズWEST 関ジャニ∞

ゲスト:やくみつる

 

 

・OPの大倉くんが一瞬吉瀬美智子さんに見えたのは昼顔を観ていた影響なのか
・「恐妻家ではない」「これは儀式である」と己に言い聞かせるようなやくさんの姿が既に恐妻家のそれでは
・やく夫妻のオリジナル言葉「ぎたる」の意味を当てようとおひなに色々と質問するメンバー
 錦戸「俺らぎたったことある?」
 村上「あると思う」
 横山「村上から見て誰が一番ぎたってる?」
 村上「…大倉かなぁ」
 大倉「え!?」
 村上「今はぎたってないですけど。ぎたることが起こりがちなのは」
 丸山「お腹減る?」
 村上「あー!ちょっとかすったかな!」
 渋谷「おなかいっぱい…」
 村上「いいですね!そっちですね!」
 渋谷「食べ過ぎた、とか?」
 村上「はい正解!」
 ぎたりがち大倉くん
・次は「デロヘメる」
 横山「デロへメるは誰があてはまんの?」
 やく「…(錦戸を指しながら)っぽい気がします」
 横山「錦戸さんデロヘメってんの?」
 錦戸「デロヘメってる俺っ!?」(なぜ嬉しそう)
 村上「でも…イメージ的にはぁ、すばるかなぁ」
 渋谷「俺…デロヘメってる?」
 村上「夜深くなってきた時の渋谷さんは…うん、そういう状態やね」
 渋谷「老ける?」(自分でそれ言うたあかん)
 村上「老けるとはまたちょっと違うかな」
 錦戸「疲れる!」
 村上「お!いいですね!」
 やく「めっちゃ疲れる。デロヘメっちゃうくらい疲れる」
 渋谷「わかんないわかんない!」
 村上「てっぺん超えるとこの人(渋谷)はスイッチ切れたようにデロヘメる」
 デロヘメる=泥のように疲れる
・次は「ろぎお」
 横山「誰がろぎお?」
 村上「これは難しいなぁ(笑)」
 錦戸「お前ろぎおすんなよ!ってこと?使い方がわからへん」
 やく「ろぎお?って聞く。皮肉っぽく。今ろぎお?って」
 横山「今ろぎおなヤツおる?」
 やく「今みんな働いてますからね。ろぎおじゃないと思います」
 ろぎお=「くつろいでいるか?」が変化。ようはサボりを見つけたときに言うらしい。
村上「我々の辞書にはないです!」(正論)
・こういった言葉が200ぐらいあると聞いて「治外法権やな」という横山さんのコメントがなかなか横山さんらしくないインテリ感
・∞と一緒にしたいねんは「カブトムシの絵を採集したいねん」ということでお絵かき
錦戸「黒いペンだけでカブトムシってむっずっかっし~」
 無駄に素敵なリズム感
村上「カブトムシって……目、どこ!?」
 大倉「そっからやんなぁ~」
・安田君はあれだけ大きいフリップになぜそんなに遠慮気味にカブトムシを配置したのか
・錦戸さんは背景も描き、さらにヘラクレス系で攻める
 やく「ヘラクレス採れたの初めてかもしれない!」
・非常に重厚感のあるカブトムシを上手に描いた大倉くんですがそのうまさだったら左上の「カブトムシ」という文字は必要なかったのでは
・と思ったらまるちゃんも名前を書いてた。下に「KABUTOMUISI   r.M」……なんでR小文字にした?
・渋谷さんのカブトムシはやくさんいわく「女子が書くカブトムシに多いタイプ」
 渋谷さんどこで女子力発揮してんの
村上「そのカブトムシまゆげ生えてない?」
 大倉「空中にまゆげ生えてる」
 渋谷「俺にしか見えへんやつ」
 怖いわ。
・横山さんは無駄に光沢感をだそうと頑張ってるのがまさに「頑張るとこそこちゃう」感が出てて可愛かった
・大トリの村上画伯は衝撃的な出来栄えながら、若干可愛いと思ってしまった
 やく「80匹くらい捕まえてきたけど正面からは初めてです」
・やく「珍種で言うとこれ(村上)だけど実際いてもいいのは…これ(安田)かなぁ」
 横山「これ(大倉)も」
 やく「あ、そうだなー同点だなぁ」
 渋谷「でも人間味でいったら俺やろ?喋りそうやもん」
 だから怖いわ。
・結局一番見たいのは珍種の村上画伯カブトムシということでご褒美はおひなに
・やく「もし虫になれるとしたら何になりたいですか?」
 村上「空飛びたいですね!」
 横山「うっはははははは(笑)!空飛びたいん(笑)?」
 村上「あっ!チョウチョいいですね!綺麗なん」
 横山「いや、蛾やろ、蛾」(酷い)
 村上「いや、綺麗なチョウ。蛾もきれいやで?」
 ポジティブか。
・というわけでやくさんがおひながチョウチョになった絵を描いてくれたけど、渡す時に横山さんの絵と取り替えっこ
・わくわくしながら見たおひなの「えっ!?………これお前(横山)のやん!」がなんだかわからないけどすごくかわいかった
錦戸「失礼かもしれんけど、こんな(絵)上手やと思わへんかったやくさん」
 お察しの通り全力で失礼やわ
・3タックNo.1は「女子に大人気のココットNo.1は?」
・ついにお客さんにも浸透してきたまるちゃんの「アウアウ~!」
・横山「これこないだ家でジャニ勉見ててあまりにも面白かったんでムービーで撮って丸に送ったんですよ!」
 渋谷「一番好きやからなぁヨコは」
 横山「俺、この丸めっちゃ好き♥」
 大倉くんはマルちゃんのほぼすべてがツボだけど、横山さんは他メンバーがあまりツボらないマルちゃんの笑いが好きですね
渋谷「大倉くん、もち豚と野菜ってこれあうんですか?」
 大倉「これもち豚と野菜…あう?」
 横山「あははははは(笑)!」
 渋谷「もう『あう』か『ばう』かもわからへん」
 横山「面白いなぁ~!!」(ご満悦)
 渋谷「ヤス、もち豚と野菜って?」
 安田「…(笑)。もち豚と野菜は……アウアウ~!(高音)」
 大倉「(安田をぺしっと叩く)お前ちょっとウケてくんなよ!」
 錦戸「なんか違うわ!俺いつものヤスが好きやわ!」
 大倉「なぁ!」
 横山「ヤスがこてんぱんにいじめられてるやつやろ。ふははっ(笑)」
 安田くんがウケるのが安田くんらしくなくてご立腹のtorn
・横山「でもね?錦戸さんが、始まる前に普通に『あうあうー』って言ってたんですよ」
 渋谷「錦戸さん、錦戸さん、あうの?どう?食べてみて?」
 錦戸「……っ(苦しそうにふるふると顔を横に振る)」
 亮ちゃん無理しないで!!亮ちゃんに無理させないで!!(懇願)
錦戸「…っあわへん!」
 渋谷「初めてやな!あわへんはあかんやろ!!」
・このあと、マルちゃんに何かぼそぼそ言ってる亮ちゃんが可愛かった
渋谷「俺もほんまこれや思ってたんですよ」
 大倉「絶対『俺も一緒』って最初言うよな(吐き捨てるように)」
 横山「絶対言ってる(笑)?」
 大倉「うん。絶対言ってるん毎回」(裕にぃちゃんに言いつける末っ子)
 渋谷「そら3つしかないからしゃーないやないかい!!(キレ)」
 大倉「あっはっはっはっは!むっちゃ怒ったぁ~(笑)」
 渋谷「感情的になったわ俺!」
 村上「説明せんでええねん!見たらわかるわ!」
大倉「全部の番号言うねんな」(珍しく止まらない攻撃の手)
 渋谷「いやだって、おま、そん、…っ!!(地団太)」
 大倉「あっはっはっは(笑)!」
 村上「怒るポイントなかったんや今の(笑)」
・最後の最後で明らかになる、ジャニ勉がやくさんに当初「情報番組」だと思われていた事実


【いただきジャーニー】
ターゲット:タチウオ
メンバー:桐山・神山・藤井

・ロケ日は、一番タチウオが釣れにくい日(大潮)
・ロケ日のチョイス!
・船の上でよろけて、てるしの腕に支えられる神ちゃん
・初ヒットし、連続ヒットした2匹目は1メートル超えの流星
・残り10分で神ちゃんもヒット
・結局OPで爆釣宣言をしたてるしは釣れず
桐山「待ってくださいね~俺ちょっと泳いで捕まえてきますわ!」
・船の上でタチウオを戴く3人
桐山「これやっぱり自分たちで釣ったからうまいですねっ☆」
 神山「…」
 藤井「…」
 桐山「……あはっ……俺簡単に土下座できるけどしよか?
 神山「大丈夫(笑)」
 桐山「大丈夫?」
 藤井「それはメンバーとしてやめて(笑)」
・てるしのコメントで大爆笑してるのスタッフか漁師さんかわからないけどてるし愛されてるな