読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

9月20日「嵐にしやがれ~アース!!~」

ゲスト:丸山隆平・吉川朋孝(進行:辻岡義堂
    葉加瀬太郎 

 



・なんとしやがれに義堂ちゃん登場
・登場前から「テンション上がらない」「絡みづらい」「あいつ」と散々な呼ばわりをされる丸山隆平
丸山隆平の存在を無視するところから始める嵐さん
・延々と丸ちゃんを拒絶するかのような対応をしたけど「みなさんと親睦を深めたい」と言われたら間髪入れずに「分かった」と答えている翔さん
・翔さん本当に丸ちゃん好きだよね
・2人そろってじぇいたんに「めんどくさい」認定されるマルちゃんと義堂ちゃん
丸山「二宮くん…これやってもらっていいですか…?(もじもじ)」
 二宮「え?」
 松本「ニヤニヤすんじゃないよ!」
 櫻井「ニノのこと好きなんだろ?前にしやがれ来たとき言ってたけど」
 相葉「あ~言ってたなぁ。目見れないんだよな?」
 丸山「(こくん)」
 大野「気持ち悪いな」
 櫻井「あっはっはっは(笑)!」
 二宮「(大野さんが)イライラするんだよなぁ、マルに関しては」
 櫻井「はっはっはっは(笑)」
 大野「気持ちが悪いんだよ」
 二宮さんにちょっかい出されるとすげぇ嫌がる大野さん
 それにしても二宮さんに対してちょっともじもじしただけで矢継ぎ早にツッコミ入れてくる嵐メンバーのガードが凄い
 優秀なセキュリティ
 そして自分が標的にされることに関してはすごくフラットで飄々としている二宮和也
 他のメンバーが標的にされたらぎゃんぎゃん言うのにね
丸山「体のここに力入れて!…いい?」
 二宮「…はい(笑)」
 丸山「下っ腹の方に力入れて(手を二宮さんの腹部へ…)、」 
 二宮「(丸山を叩く)触ってんじゃねぇか」
 嵐メンバーの中では基本的にあり得ない状況を作り出す、それが関ジャニ∞
丸山「楽しい時間はあっという間に過ぎるね♥」
 二宮「(無視)あーでも、もう大変かも」
 聞いちゃいねぇ
櫻井「あ~~~」
 二宮「自分で思ってるほど声変わってないのよ!」
 櫻井「うっそ!(丸山を叩く)お前チン●触んなよ!
 NEWS ZEROがチン●なんて言っちゃうんだからすごいよ丸山隆平
二宮「やっぱりさ、2人24時間からすげぇ仲良くなってるよね」 
 大野「縮まってんだよすげぇ」
 櫻井さんって仲間内でいるときはすごくはしゃぐというか馬鹿なことしたいタイプだと思う
 そんでもって、それが前面に出るのは『一緒にふざけられる人』がいるときか『自分がふざけてもなんとかしてくれる人』がいる時だと思う。
 マルちゃんは多分前者で二宮さんが後者
丸山「ショウ!!」
 二宮「翔くるかな?呼んでみよ」
 櫻井「(参戦)ショウ!!」
 丸山「櫻井~~」
 櫻井・丸山「ショウ!!!」
 賢そうなコメントしてる翔さんも好きだけどすんげぇくだんない事全力でやってる翔さんも好きだよ
丸山「アーーーーーーッス!!!」
 相葉「フォーム大事に!」
 櫻井「アンドスマイル?アンドスマイル!」
 丸山「(スマイル)アーーーース!!観てるか全国の子供たち!これがマッスルだぞっ!!」
 櫻井「どういうことだよ(笑)」
 そういうことだよ!!(何だよ)
丸山「ダンスがすごい身軽でかっこいいなーと思って。大野!」
 大野「大野くんって言えよ」
・めちゃくちゃフォーム綺麗だし丸山先生よりスッと出来た智
・ほんとあなたは平均点超えてくるね
大野「アーーース!!」
 丸山「効いてる?効いてる?」
 大野「アーース!」
 丸山「ガンっていっちゃ(戻したら)だめよ」
 大野「ガン!!」
 丸山「違う違う!」
 素直すぎる大野智
二宮「アース感じるってなんだよ」
櫻井「アイツ後輩?」
 大野「アイツ後輩」
・そんなに覗き込まなくてもその質問できるだろ櫻井さん
・というか大抵、大野さんが年下や後輩に厳しくするキャラを出す時にその引き金となっているのは櫻井翔
・丸山先生よりもスッスッとできてしまった相葉さん。さすがはミラクル相葉
相葉「自分の位置見つけた!ここだ!」
 野生の勘
・にのちゃんまたそんな腰に負担かかりそうな…
丸山「(松本の大胸筋を触りながら)潤、どうだい?」
 松本「……」
 櫻井「マル、そろそろ殴られるから」
 丸山「あっ…ヤバかった今、やられるとこやった」
 櫻井「ギリギリだった今」
 ジャックナイフのような扱いを受けるじぇいたん
・でも明らかにあの無言の一瞬は丸山隆平の撤退を促していた
・でもマルちゃんは気づかないので結果、櫻井さんが保護
・静かに教え通りにこなす嵐さんと「あっ!」「ああ~!」「うっ!」とやたらめったら声を出すマルちゃん
・さすがは関ジャニ∞
櫻井「ニノの目が見られないみたいな話もあったけど」
 丸山「今日はちょっと、距離縮まったかな?っていう」
 櫻井「じゃ握手でもして」
 二宮「(スッと手を出す)」
 丸山「(ゆっくり握る)…やわらかいんやね意外に♥」
 櫻井「(丸山を叩いて引き剥がす)」
 二宮「お前夜中の1時にスベるってなんだよ!」
 丸山「アイススケートがお上手で♪」
 松本「もうやめよう!もうまとめよう!」
 櫻井「今日ほど横山に会いたいと思った日はないわ」
 丸山隆平の放し飼い危ない
 こうして別グループの中に放り込まれた状況でいつも通りに丸山隆平が振る舞うと、いかに横山さんやおひなが丸山さんの扱いに長けているのかがよくわかる。
 おひなはマルちゃんにツッコんで流れを軌道修正することに慣れてるし。
 横山さんはマルちゃんのコメントや所作をうまくフォローして笑いに昇華させることに長けていて、マルちゃんならではの良さを引き出すことに慣れてるからなぁ。
 やっぱりメンバーを一番輝かせることが得意なのは同じメンバーなんだよなぁ

2人目のゲストは葉加瀬太郎さん【超ゼイタクなクラシック授業】
相葉「へぇ~俺(昔の西洋人の髪型)地毛だと思ってた!」
 二宮「地毛だと思ってたの!?」
 相葉「地毛だと思ってたぁ!へぇ~そうなんだぁ~!え、葉加瀬さんカツラですか?
 おいおいおいおい!ぶっこんで来たな!!さすが相葉雅紀。それが邪気を帯びていないから許されるところも含めてさすが相葉雅紀
大野「ジョーズがパクったんすねぇあれ」
 櫻井「うちのジョーズがみたいな言い方しなくていいから(笑)」
・ヒントBGMに合わせて踊る翔さんのプリティーさたるや嵐の宿題くんでメイド服姿を披露した時に匹敵する
・じぇいたんが正解してご飯を食べるので葉加瀬さんのBGMに合わせて舞うサービス追加の
・ご飯を食べてうっとりとした表情で虚空に視線を投げるじぇいたん
松本「おいしゅうございます」
 櫻井「あっはっはっは(笑)!ムードに負けちゃうんだよ(笑)」
・ゲイ特有のスコアっていったい
・散々学ばせていただいたのに気になるのはバッハでその理由が「子ども13人だから」相葉雅紀歪みない