読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

ピカッチ塚田と恋バナに食いつく∞

A.B.C-Z 関ジャニ∞

塚ちゃんの伝えてピカッチと、(珍しく編集した)仕分けの感想。
ところで水球ヤンキースの黒澤さんとお別れだなんて悲しすぎます。よっ!カリスマ!!

 

▼2014.9.20「伝えてピカッチ」

やっぱり塚ちゃんは福くんと並んでもほわほわ感が負けてない。
さらに答えてくれた塚ちゃんに「ありがとうございます」とお辞儀する福くんに対して「どういたしましてっ☆」と答える塚ちゃん。
塚ちゃん…精神年齢負けてないか大丈夫か?
さらに「ほとんどみなさんと初対面ですけども、こうやって通じ合えたっていうのがすごくうれしいです僕!」と塚田ワールド炸裂で「エンディングみたいなトークですね」とバカリズムさんに言われる。
いついかなる時も塚田くんは塚田くんなのが一番良いところなんです。ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。
そして文字絵対決で色を使い忘れて山ちゃんに「モノトーン…」と言われる塚ちゃん。やっぱ塚ちゃんは山ちゃんみたいなタイプのツッコミと絶対相性が良いというかまぁ山ちゃんが有能すぎ。
それにしてもお布団で一緒に寝たり福くんと戯れる塚田さん癒しすぎる。
いつか塚ちゃんはNHKの歌のお兄さん…いや体操のお兄さんをすると良いと思います。



▼2014.9.20「関ジャニ∞の仕分け∞」

・罰ゲームの冷却ガス噴射時に「殺すつもりでやって!」「もっと来いよ!」といらんドM発揮する亮ちゃん。

・横山「遥海ちゃんもすごいで?」
 大倉「でもね女王に弱点はないんですよ」
 横山「大倉の立ち位置なんなん?」
 村上「みんなのコーチやねん」
 挑戦者の子をフォローする横山さんに対し、残酷な現実を突きつける大倉コーチ。

・挑戦者のお仲間が中2と聞いて「中2!?」「中2なんや…」「頑張りや」と一斉に老けこんだアラサーアイドル

・沢田さんの歌声に「(キスの)間を楽しんどったなぁ~♥」と満足げな錦戸さん

・「あなたのキスを数えましょう」の秘話に食いつく∞
 大倉「(フられるまで)どれくらい付き合ってたんですか?」
 小柳「まぁ…高校生なんで。…4、5(か月)」
 大倉「それでもツラい!!」
 安田「(大倉に)思い出はいっぱいあるんだもんな!」
 大倉「ツラい!」
 渋谷「ツラいなぁ~」
 丸山「青春の時期の4、5か月って本当に濃いから!」
 横山「長さじゃないんですよ!どんだけ濃かったかなんですよ!」
 村上「待てって。待てって待てって!急にうるさいって!」
 横山「どんだけ濃かったか!」
 大倉「分かります!わかりますそのツラさ!」
 渋谷「でもそれ(失恋)があったから(曲が)売れたんでしょうね…」
 村上「まとめましたよ」
 人の恋愛話大好物だし自分たちの経験とも重ね合わせてコメントしちゃうあたりが∞らしいというか嵐はここまでの反応しないだろうな

・安田くんが間違えたのに被害を被る渋谷さん

・「be alive」の秘話にやっぱり食いつく∞
 大倉「1年後に恋愛をされたんですねー?」
 手元の資料に目を落としながらフラットな口調で尋ねる大倉くんのそれがあまりにも面接官の口調
 渋谷「違う人ですよね?これ」
 え?これ尋問?
 村上「違う人や言うてはるやんか(めんどくさいスイッチ入ったな~と思ってる)」
 渋谷「この方との、キスは数えたんですか?」
 村上「やかましいねん(笑)!」
 安田「数えはするでしょうそりゃ」
 安田は数えるタイプ、と…(メモ)

・「愛情」の秘話にもやっぱり食いつく∞
 小柳「感情をぶつけて書いた曲なので…」
 渋谷「これでも、2000年ですよ」
 安田「えっ!?」
 大倉「be aliveと同じ方ですか?」
 渋谷「これ2000年同じですよね?」
 村上「いっぱい聞かないでください急に」
 安田「発売一緒ですよ?」
 大倉「同じ年に発売されてます」
 渋谷「be aliveが2000年で、これ2000年なんですよ!」
 安田「これどうなってるんですか?」
 村上「なんの取調べなん!?」
 丸山「恋から愛に変わる瞬間の気持ちとかどうなんでしょうかね?」(詩的)
 渋谷「お・な・じ・か・たなんですか?」
 安田「どうですか?」
 小柳「同じ人です」
 ∞「おお~~!!」
 丸山「その当時を振り返ったVTRをどうぞ☆」
 安田「ないないない」
 おかんに怒られてもひるまずに矢継ぎ早に質問を浴びせる∞のチームワークにもはや感嘆

・3連敗を迎え、ついに「ゆきちゃん」と呼ばれ始める小柳ゆき
 どんだけほど距離詰めるの早いしうまいのあなたたち

・今回はくらひなが毛布をかけたりかけられたり、「これがプロじゃ~!」とシンクロ仕草をみせたり可愛かった

小柳「優しさが痛いです…」