読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

久しぶりにアイドル誌を買った話

長らく買っていなかったいわゆる「ドル誌」に手を出した話。そして号泣した話。


今月、Myojoとポポロの11月号を買いました。
自分は基本的に雑誌というものは普段買いません。
まず場所を取るし保存に困る。
毎月5誌は確実に発刊されるアイドル誌。
それを買っているとキリがないというのが正直な気持ちで、なによりもこれまで数年間買わなかったので一度買うとタガが外れて買い漁ってしまうのではないかという予感があったから。
実は以前は大量の切り抜きをキープしていました。切り取り、クリアファイルに収められたものが何十冊と。
でもいつだったかなー…数年前に一度全て処分してしまってからは年末特大号のテレビ誌と付録の気になる女性ファッション誌(しかしこれも大抵MOREを選んでしまう→二宮連載の影響)しか買っていませんでした。

そんな自分がなぜ今、この2誌を購入したのかというと、Myojoのせい。(責任転嫁)
ポポロはMyojoの横にあったことと、珍しく静止画が抜群に盛れている五関さまを拝見したからついつい手に取ってしまった。
だからまずMyojoを買おうと思わなかったらポポロも買ってなかった。
つまりMyojoが自分のタガを外した。
そんでもってMyojoの何が自分のタガを外したかって、

【10000字インタビュー:濵田崇裕】

これです。
これがなければきっと今もドル誌は買っていなかっただろうし、その後転げ落ちるように某古本屋に向かっていき他お気に入りメンバーの10000字インタビューを探し回り、なんとか河合くんを見つけて号泣することともなかったと思う。
そのついでに古本屋でえびデビュー時のW誌に手を出すこともなかったと思う。つまり全てはMyojoのせい。いや濵田さんのせいかもしれない。(責任転嫁)

デビューが決まったとき、このブログでBOYS解散時期の濵田さんについてこう書きました。

その時は正直、濱ちゃんもこのままやめてしまうんじゃないかって思ってた。Veteranが次々に辞めていったのとも重なって。



けれど、今回のインタビューで濵ちゃんが当時の事を

「意地でもやめないって決めてました。デビュー、絶対してやるって」「ファンの子に気を使われて」「ありがたかったんです。でも、気をつかわせてしまった。だからデビューして、安心してもらいたいなって」

…と語っているのを読んで、自分はなんて思い違いをしてたんだろうと思いました。
ええじゃないかの特典DVDでなにわ侍での濵ちゃんの挨拶を聞いた時にも思ったことだけど、この人は自分が考えてるよりも、もっともっと色んなことを乗り越えてきた強さを持ってた。
多分それを信じられなかったのは濵ちゃんよりも自分のほうが不安だったからで、『気をつかわせてしまった』のは本当はファンである自分の方だったんじゃないかな、と今なら思う。

「なくなって気づいた。ひとりじゃ、なんもできひん。それまではミスしても、笑いに変えてくれた人が隣にいた。でも、ひとりになったらミスはただのミスで終わる。だから、もし近すぎて、その価値がわかりづらくなっている人がいるなら、改めてどれだけ大切な存在なのか見つめ直してほしいし、その気持ちを本人に伝えてほしいって思います」

彼が、濵ちゃん本人がそう感じるほど力強くて大きくて大事な存在だったことは間違いない。
ファンにとっても、多分濵ちゃんの周囲にいる人間から見ても、間違いなく彼は『濵ちゃんの隣にいるべき人』で『濵ちゃんの隣が一番似合う人』だった。
彼がしたことは間違っているし、そうなった以上『濵ちゃんの隣にいるべき人』でなくなったことはこれ以上言っても仕方のないことだとは分かっています。
でも自分は未だに、彼がいた頃の映像を見ると『濵ちゃんの隣が一番似合う人』だなと思う。だからこそ余計に悲しい。
今現在、ジャニーズWESTに自分が求めるシンメ形態が「神山・重岡」「藤井・小瀧」「中間・桐山」「濵田」なのは恐らくそれが関係してる。
淳太くんが必要に迫られてツッコミとしての位置を創り上げていった理由にも彼は絡んでいて、関西ジャニーズにとってもきっとその存在は大きかった。
ただ、あくまでもあの時のことは事件自体もそこに至る過程も彼個人の問題。
他のメンバーがもっと何かできたんじゃないかと思う必要はないと思う。
けど「改めてどれだけ大切な存在なのか見つめ直してほしい」という願いは、あの時そうすべきだったという濵ちゃんの後悔に聞こえる。
それでも前を向いて歩きだした濵ちゃんの強さが誇らしいし、多分この言葉を貰った今はこの先濵ちゃんになにがあっても前の時のように疑わずに信じられる。
7人になった今だから言えるのかもしれないけど、ジャニーズWEST4から現在のジャニーズWESTになる流れもまた、今の濵ちゃんの姿と強さを作っていったんだと思う。

「濵ちゃんが必要や!」

という真っすぐな心からの照史の叫びも、胸に来る。…待って、今変換が『胸肉る』になったんやけど珍しくめっちゃ真面目な話書いてんのに緊張感ゼロやわ。
…気を取り直して(だったら書くな)、10000字で語られた濵ちゃんの物語に惹きつけられるのはきっと、濵ちゃんの物語から”失われたもの”が大きくて、知っているもので、自分にとっても大切だったからだと思う。
だけどこれからは濵ちゃんには沢山ものを手に入れてほしい。これ以上濵ちゃんの物語から失われるものがないように、今はただ祈っています。


胸肉のことは本当にごめん。