読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

「THE DIGITALIAN」CD+DVD感想

なんとか予約して買った嵐アルバムのお話。
メイキングが付くと聞いては黙ってはいられない。ビバメイキング。
ちなみに通常版はまだ手にしていない。

 

曲って聞いていくうちにイメージが変わったり、ましてやコンサートを見たら今までピンときてなかった曲が急に好きになったりする。

そんな変化を楽しみたいので、現時点での曲に対しての一言をざくっと。実にざくっと。

1.Zero-G → おしゃれ。
2.Wonderful → おしゃれサウンド(おしゃれしか言うことないんか)。take your hand~♪の高音が個人的には好き。
3.Tell me why → ジャニーズ十八番の未練タラタラソング。素直に伝えられても「ソーリー」って言われたらキレる(そういうことじゃない)。
4.Asterisk → デジタル感強め。宇宙もイメージある。近未来風。Aメロからかなり好みでRap部分の疾走感も好き。
5.Imaging Crazy(大野ソロ) → 新しさは感じないがフェイクが綺麗。All Choorus Work by Satoshi Ohnoか。なるほど忙しい。
6.GUTS! → 相変わらずキャッチー
7.Disco Star(相葉ソロ) → 前作と比べると一番ガラッと変わってる。一番近いのはMagical songかな。サビが抜群。
8.誰も知らない → イントロのピアノ音が段々怪しげになっていくところが好き。
9.TRAP → 今のところ一番ピンと来てない曲。
10.STAY GOLD(松本ソロ) → ノリやすいリズムでサビのメロディが好き。じぇいたんに「最高のSTAGEを贈るよ」と言われた日には享受するほかの選択肢はない。
11.Bittersweet → 今年のシングルで一番好きかな。
12.メリークリスマス(二宮ソロ) → 歌詞に句読点少なめ。爽やか可愛い系。しかしあなたのクリスマスといえば相葉雅紀生誕祭では。
13.キミの夢を見ていた → いわゆる嵐っぽい曲。
14.One Step → 可愛い雰囲気の曲。この曲で翔さんが口笛を吹いているんだな。
15.Hey Yeah!(櫻井ソロ) → リズミカルでハッピーな感じの曲。横揺れしたくなる。
16.Hope in the darkness → 壮大な雰囲気のする音。「素晴らしき明日へ」の「へ」の高音が好き。そう、これに限らず基本高音が好き。

それにしても歌詞ブックレットの最後にChoreographer:Satoshi Ohnoってなってるのいいな。
五関さまの時も思ったけどコレオグラファーっていう響きがいい。

というわけで次は特典DVDの感想。

特典DVDにメニュー画面はないが、スキップでMVからメイキングに飛ぶことは可能。
内容は「Zero-G」MVとメイキング。メイキングは25分くらい(Zero-Gダンスオンリーバージョン仕様映像含め)かな。結構ある。



▼「Zero-G」Music Clip
実にシャレオツ。白背景が安っぽくないのはさすがというか。
基本的に白背景でジャケット衣装を着るダンスシーンと、黒背景で白基調の衣装で歌うシーン。
ビジュアルは全員安定。特に白衣装のシーンでのあやとり部分は目がキラッキラ。
可愛さもエロさもカッコよさもスタイリッシュさもおしゃれさもお茶目さも全部組み込まれてる。
ダンスはやっぱり「智っぽいなぁ~」という印象だけど、それは「目新しさがない」というよりも「これこれこれ!」という感じ。
個人的に細かいツボが実にたくさんあるのでとりあえず書き連ねる。

・いつだったか嵐が映像でHBBに挑戦した時のような智の「Don't stop,stop~♪」
・「怖がらないで~」の櫻井さんの首
・二宮に座る場所ください
・「Nothing's gonna~」の相葉さんの流し目
・顎をきゅむっと引いてあやとりするにのちゃん
・そして「できたよ!」と言わんばかりの笑いを抑えきれない表情であやとりを見せるにのちゃん
・さらにその後で左右にさまよわせる視線のエロさ
・智、「ほうき」にご満悦
・智の手の中で形作られるものが、脳のようだったり肺のようだったり
・「Shake it,Shake it~」での腰振り
・嵐はShakeが入ってくると腰振るのか
・衣装はやっぱり相葉さんが一番遊んでる感じで可愛い
・「ほら もう止まらないぜ~」の手の動きが可愛いけど翔さんの視線が挑発的
・「In your eyes,~」のじぇいたんの横顔の造形の美しさ
・あやとり翔のキラキラお目目がさく裂
・あやとりは前作のLOVEの唇を彷彿とさせる形
・じぇいたんパートで翔さんがあやとりをし、翔さんメインパートでじぇいたんがあやとりをするこの上ないバンビズ
・手の形をしたあやとりを見せる相葉雅紀の可愛らしさと瞳の綺麗さはすごい
・嵐によるクラウチングスタート
・「Let me access~」の翔さんのカメラに向けた視線が厳しめで良い
・パンッと手を打つにのちゃん
・「P・A・R・A・D・O・X」ほど直接的な感じはしなくてエロ可愛い腰振り
・「ほら もう止まらないぜ We like it」でカメラに寄ってくる嵐可愛すぎ問題勃発
・奴らは全員30オーバーという現実
・マリオネットのような動きから「計算できない~」のあたりのダンスがツボ
・ここにきてまた新たな腰の振り方をご提案
・「Shake it,Shake it~」の相葉さんソロシーン超イケメン



▼「Zero-G」Making
メイキング映像の合間合間にメンバーのソロインタビューが挟み込まれる仕様
そして最後にはなんと、Zero-Gのダンスバージョンともいえる、特典映像あり。
最初から最後まで定点カメラで嵐のZero-Gダンスをお届けという素晴らしい映像。

・あのセット、ケツが痛そう

相葉「攻めてるよね。だから攻撃は最大の防御だよね!」「いい意味で、その、やり過ぎてるっていうか。このZero-Gダンス。それがなんか、今まで嵐にあんまり無かったのかなぁって思いますね。なんか守ってないっていうかさ」

大野「ま、多少松潤のイメージもあったからぁ、それに近づけたのはあるけどね」「でも松潤色んなもん見てるしね。すごい演出力もあるし、やっぱそこは信じてるかな、うん」最年長から絶大な信頼を置かれるじぇいたん。

・おおニノミヤ、どうしてあなたはそんなにも口元が可愛いのニノミヤ

・あやとりに苦戦してるっぽい翔さんとパッパッとやってのける相葉さん。幼少期に触れた庶民の遊びへの経験値の差なのか

松本「あ、なんか変わってっちゃったー」
 凛々しい顔の割りに言い方が可愛すぎる

・ダンスのレクチャーを受けて「先生ありがとうございました」とお辞儀する翔ちゃんと「頑張れよ」と肩を叩く大野大先生

・智が語っていたことだけど確かに一人分の振付と五人分の振付では全然話が違ってくるんだろう。そういう意味でいうと五関さまは本当にコレオグラファーとして有能なんだなと改めて。勿論五関さまにしろ智くんにしろメンバーがそっくりそのまま踊るんではなくて全員で合わせたときに改良を重ねていくんだろうけれど。そこの改良がまたメンバー間で行ええるあたりがやはり自分がジャニーズが好きな理由なのかもしれない。それを多かれ少なかれジュニアの頃からやってきた経験値が見える瞬間が好きと言えばいいのかな

・そして智くん「色んなもん見た方がいいんだろうなぁ」と言っていたけどやっぱり外部から刺激を受ける必要はあるのかもしれない。単純に違う人のダンスを見る、とかではなくて一見するとまったく関係ないように見えたとしても、これまで経験してきたものがダンスに表れることもあるのかな

・2人で振り合わせをするも途中でわからなくなって「先生!」と大野さんを呼び出す櫻葉

・肩の動かし方を何度も練習して「あってる?」と確認する翔さんと、「あってる」という大野さん
 その隣で肩を動かしてる相葉さんに「タッタタタッタだよ」とリズムをレクチャーする二宮さん

・メンバー同士で位置を確認する時の素の会話がたまらない

大野「サビがっつりやるよりは、揃ってて見てて可愛い感じに。うん、だからサビを最初に思いついた」

相葉「30代の腰の振り方になってきたよねやっぱり。味が出てきたんですかね(笑)」

・相葉さんのダンス練習を横からガン見する二宮氏と、相葉さんを一瞬見てから、二宮氏の視線を確認する櫻井氏
 
・横一になるところの撮り直しでカットかかって隣同士で笑いながら踊ってる末ズ大正義

・メンバーがスタッフと軽く打ち合わせてるのに、その後ろで繰り広げられる大宮の意味のないいちゃつき
 大宮ちゃんは今日も平和

・真面目に自分の考えを語るときの櫻井さんは、意図しているわけではないんだろうけど鋭利な雰囲気が出ていて良いなぁ

・大野さんをドアップでお送りする二宮カメラ

相葉「キメ台詞言ってもらって!キメ台詞」
 二宮「あ、最後に」
 相葉「うん、最後に」
 松本「例のやつね~!」
 大野「何、例のやつって」
 相葉「ふふふ、わかんない(笑)」
 大野「ふふっ、やめてくれる?相葉くんこういうとこあるなぁ」
 二宮「相葉くんこういうとこあるの?」
 大野「うん。相葉ちゃんにやってもらお」
 二宮「行けます?」
 相葉「行けます。行けますよ!…気持ちいでしょ!……ありがとうございました」
 二宮「これ後で見返して、後ろの翔さんの顔見てくださいね」
 風っこに振り回される最年長と、それを生ぬるく微笑みながら見つめる嵐のお母さん

・というか、智の衣装袖ねぇの

二宮「今日大野さん時間にこだわってるんで」
 相葉「今日予定あるんすか」
 大野「いや、ないって(笑)。何にもないけど」
 二宮「何にもないんすか?」
 櫻井「あれじゃん?家族の忘年会でしょ?
 相葉「もう?まだ夏でしょ(笑)?」
 大野「いやまだだって(笑)。まだやんないですよ」

二宮「大野入りまーす!」
 大野「やめろよ(笑)」

・最後まで大野智を触り倒す二宮さん

・最後に嵐メンバーからコメント→Zero-Gダンスバージョンの特典映像
 ダンスバージョン録り用のカメラの配置なので、みなさん中腰で喋ってくださる
 お心遣い痛み入る

・初っ端から中腰やめて少し引いたところで喋る二宮さんと、途中でしゃがんじゃうじぇいたん

相葉「おおちゃんっ!」
 とても久しぶりのような気がする相葉さんの「おおちゃん」呼び

松本「これ間違えたらやり直しですからね!」
 二宮「だからあれでしょ?振りビデオと一緒でしょ?」
 櫻井「ごめんごめん!ちょっともう一回やらせて、ありね?」
 二宮「ありね」
 松本「ありあり」
 櫻井「むしろ完璧なものをお届けしないと意味ないってことね」
 二宮「そういうことなんでしょ?」
 相葉「だから嘘つくのなしね(笑)!」
 松本「なんで笑ってんの(笑)」
 そしてこの後そう言っていた自分が真っ先に間違うことを嵐の天使はまだ知らない

大野「見てろよ!美少女戦士たち!」
 why?

・じぇいたんがサビのあたりで振り間違えて「あーー!ひゃっはっはっは!」と笑いだす
 
松本「なぁんであんなとこ間違えたんだろ」
 櫻井「いや俺もちょっと微妙だった」
 松本「えっ(笑)」
 この時の振りむき方と声の出し方がすごく弟っぽくてじぇいたん可愛い

松本「音、いただけますか」
 櫻井「丸くなったなぁ~(笑)」

・じぇいたんの一挙一動にノッてみたり、同調して慰めてみたり、楽しんだりする櫻井さん
 
・櫻井さんの「イエーイ!2コーラスめぇぇえ!!」から徐々にはっちゃけはじめる嵐さん(主にじぇいたん)

大野「真似してみてください!」
 難易度高いわ

・これは非常に良い特典映像だったと思う。たまにはジェイストームも仕事するんだな。(酷)