アラシデータ

感想文と言う名の覚書をしたためています。

Kis-My-Ft2について考えてみた

どうも。最近セブンイレブンばっかり行ってるもへじです。


 



ということで、いつも推しグループの事ばかり語っているけれどたまには違うグループの事を考えてみようと思ってのチョイスがキスマイ。
ここのところ、15周年にあたって嵐の姿を様々な媒体で見る機会が多かった。とにかく多かった。これに慣れて嵐ロスになったらどうしてくれる。いやむしろ既に陥ってる気がする。
ともかく、供給過多ともいえるほどの情報を摂取して、推しグループや思い入れの深すぎる人を語るときの自分が気持ち悪いなと改めて思ったし、真面目なことを書くのがいかに苦手かも思い知った。
そこで、とりあえず供給過多に陥っていないグループの事を書こうと思いたち、なんだかふわりふわりと追っているKis-My-Ft2について考えて文字にしてみました。


そもそも、キスマイに対する今のスタンスは「キスブサは気になるところをざっと流し見→とりあえずBD」「面白そうな番組は録画→気に入ればBD(黄金伝説がこれにあたる)」的なところ。
そういえば音楽番組ほぼ見てないな。
アイドルとしてよりはバラエティ的なキスマイへの興味の方が今現在強めかもしれないですねこれは。いや、アイドルだって分かってるよ?


自分が、一番キスマイを好きだった時期は恐らくえびきすコン時代のあたり。
元々Kis-My-Ftからなんとなくの流れで知っていて、Kis-My-Ft2になってからも少年倶楽部を見ながらふわふわと応援。
少年倶楽部自体はKAT-TUNを好きになったところから観始めているわけですが、先にA.B.C.を好きになり、常に同じような位置につけるキスマイにも目が行くようになった、という流れだった気がする。
自分が見始めた頃はまだいわゆる兄組しかいない時代(つまり飯田さんがいる。物凄く余談だけど飯田さんとスノーマン阿部ちゃんの雰囲気が自分の中で重なってる)だったと思うのだけど、当時はA.B.C.の方がジュニアとしては立ち位置が前だったイメージ。
そこから人数も増え、人気も高まりA.B.C.とKis-My-Ft2は切磋琢磨するジュニアの人気グループという立ち位置に。多分ヘイジャン抜けた後なんかは実質えびきすがジュニアの人気トップ2って感じだったよね。はっしーの加入はこの状態が暫く続いてからだったイメージ。
その頃はA.B.C.(A.B.C-Z)との対比もあって、彼らはKAT-TUN路線を理路整然と歩んでいくものだと思っていた。全く外れた。
この場合の「KAT-TUN路線」というのは、不良系の雰囲気をまき散らしながら舌打ちをして現れた頃のKAT-TUNに対するパブリックイメージのことを指しているつもりです。
イケイケでオラオラなビジュアル、衣装、楽曲、ダンスを披露しながらローラースケートで縦横無尽に駆け回る彼らを想像していたわけです。
それが蓋を開けてみれば「Everybody go」だからね。みんなで行こう!的なお誘いモードに突入し、キャッチーなメロディをこれまたキャッチ―な振付と共にお届け。ローラースケートは生きてるけど。
しかしまぁ、デビュー曲は別に構わなかった。デビュー曲にはキャッチーさが何よりも必要だと思うので不満はない。
問題はキャラの方だった。実際の彼らとかけ離れてる!とかそんなことはずっと追ってきたわけではない自分が言えることではないのは百も承知ですが。少なくとも自分が想像していた彼らのキャラクターとは違ったものが提供されたので「ああ…求めていたのはこれじゃないな…」と思ってしまった。あともうひとつ理由がありますが、それは後ほど。
ともかく、その時点でKis-My-Ft2をグループとして追いかけるのは諦めました。
デビューおめでとう!一緒に飛ぶことはできないが君たちは大空に羽ばたいていきたまえ!と燃え尽きました。
それでも「美男ですね」は欠かさず観てがやや*1演じるシュウさんの不憫っぷりを毎週嘆いていました。
思えば現在のがややのイケメンキャラはあのあたりで成形されたのか。いや、イケメンだよ?イケメンだけどさ。キスブサ的にいうカッコイイのカテゴライズに彼が入ったのはあのあたりだったのかと思ったんですよね。
そんなこんなで彼らを見送った後は、飯島商法にどっぷり浸かった彼らの情報を時折仕入れ、黄金伝説だけはきっちりと録画するという流れでずっと過ごしてきました。
が、そこにとんでもねぇ情報が流れてきます。
物議をかもした『舞祭組』の結成でした。
いわゆる後列の扱いは知っていた。何故なら先程Kis-My-Ft2から離れたのにもうひとつ理由があると言ったのはまさにこれだから。
ここでひとつ言っておきたい。このブログでも何度か話題にあげているのですが、当方はKis-My-Ft2においては横尾さんを推しています。デビュー前から横尾さんを推しています。何故だろうね。自分でも不思議だよ。
理由はともあれ自分が推しているまさにその人が『ブサイク』扱い。これ如何に。
勿論その時すでに「キスマイBUSAIKU!?」は存在していたわけで(しかし当時は番組名からして敬遠していた)、飯島商法えんやこらとばかりに、ネットの逆風を逆手に取った手に訴えていたのは知っていたものの。
いざ、横尾さんのみならずニカちゃん、宮田、千賀をブサイク呼ばわりされた日には。
ジャニーズジュニア時代トップグループとも言える位置をキープして走ってきた彼らを今ここで「ブサイク」呼ばわりとは…と、反発心の湧き起こりを止めることなど到底できないわけで。
絶対に認めるまいと固く心に誓ったのを覚えています。
「これではない。いくらKis-My-Ft2から離れたとはいえ、ジュニア時代から彼らを見てきた(デビュー後はそんなに見ていないが)身としてこの狼藉許してなるものか」
その固い決意が打ち砕かれたのは、一体いつだったのか。徐々に慣れていったというのが正しいのかもしれません。
正直、1回目にMステか何かで「棚からぼたもち」を見た時には「なにさせられてんだこの人たち」と思いました。4人のこんな姿を見るくらいなら、興味本位で見るんじゃなかったと思ったほどです。今ならわかりますがこれは謝罪のしようもなく失礼な感想でした。
しかし中居さんの思惑通り、4人の知名度アップに『舞祭組』は一役どころか二役も三役も買いました。それはまぎれもない事実。
その時点で『舞祭組』が自分が思っているほどマイナス要素ばかりではないのだと気づいてしまったらこれもう大変。
勿論、自虐ネタはほどほどに品よくしてもらうのが好きではありますが名前を売らなきゃどうにもならない、というのも一理ある。
バーター呼ばわりやブサイク呼ばわりを受けながらもへこたれずに全力でその時その場所を取り組む彼らを馬鹿にすることのほうが失礼。
彼らが現状を受け入れて本気でやっているのならば、こちらとしてもそれ相応の見方をすべきかという気持ちがどんどん大きくなって今に至ります。
正直なところ『舞祭組』に対して未だに複雑な思いを抱いている人も結構いるのではないかと思います。
それは仕方のないことだと思うし、別に「本人たちが頑張ってんだから応援してあげようよ!」とか言うつもりは毛頭ございません。
応援のスタンスは人それぞれだと思うのもあるし、人の応援にケチつけられるほど偉いわけでもないので。ましてKis-My-Ft2をふわふわ見ている自分が言えた義理ではない。
ただ、中居さんを悪く言うのは方向を間違っているし、4人を「可哀想」と言うのは逆に失礼ではないかと個人的に思うだけです。
実際『舞祭組』の件があってから徐々にKis-My-Ft2に割く時間が増え、キスブサを観られるようになった自分としては、彼らの功績は大きかった。あくまで結果的な話とはいえ。
毎週のようにフルボッコにされる横尾さんがたまに1~3位に入った時の喜びを知ったのも、がややを見るたびに「いやらしい~!」と叫ぶようになったのもキスブサのお陰です。我は常に料理テーマを待ち構えているよ。
そしてこうなった以上、がややの最下位ブサイクをこの目で拝むまでは死ねない。来たれ、下剋上。

 

ここから先は個人に関してさらっと。



横尾渉の90%は不器用でできています。そんなイメージを受ける。なんであの人メールだと調子いいんだろう。目が高圧的なのが悪いのかもしれない。




ジュニア時代のハジけた父さんがイメージの根底にある自分としては、今の父さんはいわゆる『借りてきた猫』に近い。おい父さん、ガヤガヤしようぜ。

 



ジュニア時代は一番この人が万人受けするだろうと思っていた。最近キスブサで若干ボロが出ている所がいい。ジュニア時代と現在のイメージに一番齟齬の無い人かもしれない。




ニカちゃんは結局素直なんだと思っている。亀梨リスペクトが随所に表れていたジュニア時代のニカちゃんよりも今の方が好きかもしれない。可愛い。結局亀梨は亀梨にしかできないんだよ(この言葉は強火亀梨担ダテ様に送りたい)。




今一番キスマイでじれったい案件。キスブサでも横尾さん以上に微妙な立ち位置をキープしている気がしてやきもき。でも顔が濃いからキャラも濃いと胸焼けするかな。




あのお魚さんみたいな顔でふわふわ笑って天然発言をぶっこんで来るおたまちゃんが理想。宮田にだけ毒舌ツンデレ発揮は昔から変わらない。えびに「玉森可愛い声してる」と言われてた頃のおたまちゃんのビジュアルが好き。



ダウンタウンの前で歌い踊った根性は素晴らしい。場の空気を読まない強さがある。そこは塚ちゃんと似通ってるけど塚ちゃんほど暴走はしない。でもやっぱりよくわからない。 


ざっくばらんに語ってみたけど意外と自分は楽しかった。あくまで自分は。
最初に『深く知らないほうが、固まったイメージで見れる分部がある。』と言った。
ただ、キスマイに関しては推していない中では知っている部類に入るグループなので少し長めに文字を書けた気がする。
これが例えばおじゃんぷちゃんならもっと知らないことが多いから本当にイメージで書くことになるんだろうな。
ファスクラでちょっとケイトオカモト株が上がってるけど、操り人形のように首のすわってないケイトオカモト思い出してたまに笑いがこみあげてしまうところは何とかしたい。

それじゃあ、また。



*1:藤ヶ谷氏のことを指している