アラシデータ

感想文と言う名の覚書をしたためています。

二宮さんとベタベタの恋愛ドラマ

二宮さんは常々恋愛ものが向いていないと自分でおっしゃってる気がするのだけどそんなの関係ねぇこっちはたまにはそういうのも見てみてぇということで、どういうのなら向いてるかなといろいろ考えてみた。

 


とりあえずじぇいたんの「花より男子」みたいな王道は本人が言うように向いてない。ファンが言うのもなんだが。だって二宮さんが「お前は俺を一人の男として見たことがあるか?家のことや母親のこと全部とっ払って、ただの男として見たことが、一度だってあるか?」なんて言ってるの想像できないもの。
そうなると糸口が見つからない。嵐において恋愛ドラマ担当=松本潤という方程式があるせいかとりあえず王道から攻めてみようと思ったけど無理だ。こうなると、少女漫画をできる限り避けて通ってきた人生が悔やまれる。ひとまず、これまで二宮さんが出演した作品ので恋愛に比重がかけられている作品を思い起こすことから始めてみようかと思った。

南くんの恋人

これだ。これしか思いつかない。「Stand Up‼」は恋愛ドラマとは性質が違うし映画で言っても「大奥」を恋愛映画というには無理がある。
あともっと昔に遡ると「熱血恋愛道」とかになるけどさすがにそれを恋愛ドラマとひとくくりにするのは違うだろうし。
今更ながら、二宮さんが出演してきた作品ってどちらかというと恋愛はおまけのようなものが多い気がしてる。
といっても、最近はベタベタの恋愛ドラマと言うもののほうが少ないけど。でも恋愛映画は多いかな。
こうなっては仕方ないので、二宮さんのこれまでの出演作品の傾向からして色々と無い知恵を絞って自力で考えてみました。
結果、行き着いたのは

純愛もの=一途で真面目な現実社会の理想の男性タイプ

あくまで二宮さん主役で恋愛ドラマと考えたときに、これまでの二宮さんのドラマにおいてのイメージって清廉なものであることが多いので。
具体的な話をすると、相手が不治の病で余命いくばくもない中思い続け、支える男性の役だとか。「1リットルの涙」の亮ちゃんが理想的。
あとは相手が何かしらのハンデを持っているけど次第に心を通わせていく役だとか。「スマイル」のじぇいたんが理想的(あんな暗くなくていいが)。
ただこの場合はベタベタの恋愛ドラマと言うよりも、医療・病気に重きを置くドラマになるので恋愛ドラマのカテゴライズからは離れてくるのが問題。
もっと恋愛に重きを置く意味では、てるしが出演していた「流れ星」とかも良いかもしれない。恋をする本人たちは病気ではない配置。
二宮さん自身が病気にかかる役を演じてきたことが多かったから、逆に支える側になるのも良いなぁという思いもありつつ。
時に優しく、時に厳しく、共に歩むことを一番に考えてくれる。そんな中で人並みに苦悩したりもするけど、最終的には相手を最優先事項に置いて包み込むような大らかさで接する。泣いちゃうね。二宮さんがこんな役したら泣いちゃう。あ、でもフリーターの時はお母さんに対して結構そうね。
あとは「陽だまりの彼女」のじぇいたんの役とか最高だわ。泣く。号泣案件。
ビジュアルイメージは結構どれでも大丈夫。しかし「流星の絆」のおにいはちょっと髪型を遊んでるイメージだし「優しい時間」はもさみー*1なので「天国で君に逢えたら」ぐらいの大人しい髪形が理想。GANTZの玄野くんも良い。
余談だけど、全く持って恋愛映画ではないけども「GANTZ」の玄野くんと多恵ちゃんの初々しい感じはたまらなく好きだった。その後の展開含めてあのカップルは好き。どうしても自分は二宮さんに痛々しいけど自己犠牲もいとわないほどの恋愛をしてほしいのか。
それにしても二宮さんって可哀想顔だから試練を与えたくなるんだよなぁ…。

が、しかし。

確かに王道をするタイプではないと言った。言ったし多分難しいとも思っている。けれどやっぱり見てはみたい恋愛ドラマ極上の王道・少女漫画もの。自担の恋愛ドラマって楽しむ人はすごく楽しむと思う。
まずは王道の俺様タイプだけれども、恐らく二宮さんがお馬鹿で情熱的牧野まっしぐらな道明寺を演じるのは無理があるので、可能性があるとすれば「クローバー」の大倉みたいに眼鏡をかけての理知的なドS上司タイプ。ビジュアルイメージは「プラチナデータ」の神楽くん。クローバーほどドSではなくて冷たい程度で良い。あ、ごめんちなみにまだクローバー見てないからどんな話かは良く知らない。
次に、これまた王道の王子様タイプに関しては、「山田太郎ものがたり」で一応学園の王子様=正統派をやっているのでそれでもいいんだけど、もう少し癖が欲しい。「ヘブンズ・ドア」でのホストっぽい百戦錬磨感を前面に押し出した小悪魔系王子とか。女の子の扱いに長けててる系。「目、つぶって?」とか言って女の子が目をぎゅうっと瞑ったらしばらくして「ほら、まつげ。取れたよ」とか言っちゃう感じの。「ちゅーされると思った?」とか言ってからかったら女の子が過剰反応して、その隙に唇奪っちゃう系。一番ずるい系。なのでビジュアルイメージは勿論「ヘブンズ・ドア」のホスト。
もっと可愛さを前面に押し出した小動物系の男の子をやるならビジュアルイメージはアッシュ宮。


と、ここまで書いてはみたけど結局二宮さんが演技仕事してたら大抵がもれなく観たい。(結局それ)
来年春当たり連続ドラマ出ねぇかなぁ…。

*1:もさもさ頭の二宮=もさみー