読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

12月31日「第65回NHK紅白歌合戦」感想

あけましておめでとうございまーーす!!


3が日も終わってから紅白のざっくり感想。

 



▼OP
動きにはふわふわ感があるのに声に緊張が滲み出る吉高ちゃん。
ファンの贔屓目かもしれないけれど、吉高ちゃんの隣にいるとやはり安定感ある司会の嵐。
井ノ原「よろしくおねがいしまっす!ゴーゴーゴー!!♪」
イノッチの万人受けする雰囲気がたまらなく好き。
HKT終わりで「焼き肉ご馳走したいね~」とコメントするイノッチ先輩。実現するならばチェーン店であってほしい!庶民派イノッチを守りたい!


Sexy Zone「紅白にHITOMEBORE」
中島「セクシー紅白をご覧の皆さん」
セクシー紅白にチャンネルを合わせた覚えはない。我々は不思議の世界に迷い込んだのか。
この子はセクシーストーブやら名詞の前にセクシーをつけないといけない病気か。はたまた真面目に自己発信か。
一時は、握手会の話などを聞いてアイドルをやり切る姿に「すごい」という念も抱いたりしたが、実のところ、彼は今セクシー迷路に迷い込んでいるのでは。
ネタなのかマジなのか。いや「マジで!」って言ってるもんな。「好きなんだよマジで!」「今夜は帰さないマジで!」って言ってるし日々マジに生きてんだろうなぁ。そこに若干の痛々しさを感じるのは見ているこっち側の落ち度なのか、空回り感を感じるからか。
そんなことより、今回は岡田君の頭をなでなでするイノッチ先輩の包容力とバックジュニアに注目。
じぐいわらへんは出てくるだろうとは思ったがまさかのすのちゃん登場。しかも曲始まりセンターポジの勝利さんバックにしょうれん。マイク付きしょうれん。しょうれん年末も麗しいね…!推されてるね…!
しかし悲しきかなやはりバックジュニア扱いのそーちゃんまりちゃん。セクゾに詳しくはないけど君たちの扱いがどうなってるかは大体知っているよ…。
ファンカッションをこなし、3人の周りをアクロバットで華麗に舞い踊るすのちゃん。ああ綺麗だなぁ揃ってるなぁ…。
と思ってたらスぺトラの五関さま+橋本くんみたいな技を勝利さんが披露。技の入りとか多少は違っているものの。いやガムシャラでもジュニアがやってた技とは言え紅白であんだけド直球にやられると「OH…」感否めないよね。
いや勿論勝利さんはすごいと思うよ。回す子も。あれは本当に運動神経の良い人がきちんと練習しないと出来ない技だから。あの五関さまが怖がるほどの難易度の技なんだから大変だったと思うよ。だからあれはえびたちがジャニワ稽古中にレクチャーしたんだろうと勝手に考えることにしました。
中島「セクシーサンキュー!」あ、こちらこそ。
よし、とりあえずガムシャラセクシー紅白祭りということで良かったかな?それともセクゾンは100人くらいいるのかな?


▼嵐×妖怪ウォッチ①
さすがはファミリー層向けアイドル。
まずは「ようかい体操第一」を踊る嵐さん。バックにセクゾと関ジャニ∞
最後尾に居ても全力でやり切る丸山さんがステキ。
「こんなにイケメンなのに」を踊る嵐さんたちは我々に幸せを運ぶわ。


伍代夏子「ひとり酒」
着物姿で凛と踊るV6兄さん
三宅「あのぉやっぱり五代さんの後ろで踊らされてる」
二宮「三宅さん?!三宅さん!」

痛恨の一撃!坂本は固まった!井ノ原は肩を揉みだした!森田は俯いた!岡田は一礼した!長野は微笑んだ!後輩の嵐は焦っている!
岡田師範代…。


香西かおり「酒のやど」・細川たかし「応援歌、いきます」
桃組に絡まれる二宮さん
二宮「なんか、全体的に桃組デカいです!以上です!」
香西かおりさんの後ろにぞろぞろと付き従うエイトさんたち。明らかにママさんとその片腕的存在村上信五
大御所の相手をさせたら天下一品な村上信五のテクニックがさく裂していた。
この曲で一番光ってたメンバーは絶対おひなちゃんだよ…曲とのマッチが最高だよ…ゆるやかなステップと美しい手の動き…。
と思ってたらエイトの中に桃組が現れてその羽根をうっとうしそうによける亮ちゃんという図が見れた。これ本当にNHKか。
細川たかしにも替え歌で名前を入れられるほど目立っている丸山隆平。…そうですね、それがあなたの正しい仕事かもしれないですね。


▼嵐×妖怪ウォッチ②
アラシニャンによる「A・RA・SHI」が史上空前の可愛さ。そしてご本人登場の完璧な流れ。
いい!この嵐を使い倒す感じ嫌いじゃないよNHK
嵐×子供向けキャラは紛れもなくマリアージュ。もれなく最高の組み合わせ。
「ゲラゲラポーのうた」でバックにセクゾと関ジャニ∞TOKIO兄さんも踊ってたか。


▼V6「WAになっておどろう」
坂本兄さん美声すぎます…。
バックに関ジャニ∞SMAPTOKIO、セクゾ。途中から嵐も。
V6兄さんたちが歌い踊る後ろで「WAになって踊る」よこまる。
少しだけ頭を下げてアーチをくぐり片足だけ踏み越える剛ちゃんがじわじわくる。
この後前半戦までの紅白対決中間発表があるわけだが、一番ぐっときたのは、この際に大野さんがエレキテルの所に移動するタイミングを計っていたところ、翔さんがさりげなく位置を移動して智を送り出したところです。


関ジャニ∞「オモイダマ」
コメントでおもいっきり前を見据えてカンペを読む横山さんに笑いをこらえきれない錦戸の亮くん。少し微笑むおひな。
立ち位置を間違えて「あっちやろ」てな感じで錦戸さんに注意される横山さん。ふわふわしてる…あの人ふわふわしてるわ…可愛い。
曲始まりでもイヤホンぐいぐい耳に押し込む横山さん。そんな簡単にイヤモニ取れないよ大丈夫よ。
関ジャニ∞らしくないと言われる曲だと思う。けどここで紅白にこれを持ってきたのは、楽しませるよりも『聴かせる』に重点を置いたからか。
おひなは力いっぱい歌うねぇ。声のヴォリュームは負けないんだよなこの人。そして曲終わりで審査員席にぺこぺこするのもおひならしい。


TOKIO「LOVE YOU ONLY」
松岡「井ノ原、目、開けてもらっていい?」
井ノ原「うるさいんだよ」

長瀬「20年に一度のお願いがあります!ここにいる全員にお立ち頂きたい!そして関ジャニ、V6、嵐!YOUたちこっち来ちゃいなよ!」
カウコン…これはカウコンなの…!?ねぇジャニーさん…私夢を見てるの…!?
もうすぐKinkiが登場して長瀬が「光ちゃんハッピーバースデー!」っていいながらその髭を押し当ててキスするんだよね!?
会場を巻き込むこのTOKIOの熱量!素晴らしい!ブラボーだ兄さん!


▼嵐「2014 Thanks Medley」
中居くんはもちろんのことイノッチ先輩の司会安定感がすごい。やっぱりイナバ!100人乗っても大丈夫!感。
1曲目「感謝カンゲキ雨嵐」
飛んじゃった。飛んじゃったよ。この人たちの2014年の滞空時間一体どれだけだろう。
2曲目「GUTS!」
白組ラストでエールを送る意味で完璧な選曲。感謝を伝えてからのエール。できてる、ストーリーが。
もう長い事、この5人のパフォーマンスというのは安定している。それが嵐で。自分はそんな嵐が好きで。
予定調和すらも楽しいと思えるからこの5人をずっと応援してるんだなと年の瀬に考えた。


▼ふるさと
白組今回も勝利して、良かった。いやもはや勝ち負けは自分はあまり気にしていないのだけれど、大野さんが一人で申し訳なさそうに優勝旗を持ち「また一人で持ってしまったんですけどあとで5人でゆっくりと持ちたいと思います」と言ってくれるのでとてもほっこりする。

そして吉高ちゃんの「わぁ~びっくりしたぁ」で終わる紅白。そんな吉高ちゃんが好き。