読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

ジャニーズJr.の階級=役割の話

その他

昨年の10月頃に放送された「中居正広のミになる図書館」がとても興味深かったので安井くん+ジュニア資料として残しています。

 

見たって人~~~!?しかも録画して残してるよって人~~~!?…少ないかな。ここ読んでくれてる人はどこ担が多いのか分からないけどジュニア担はほぼいないだろうと思ってるんですけど。ざっくり説明すると、「最新のジャニーズJr.事情」について語ってる回です。ゲストとしてセクゾ中島と、現役ジャニーズJr.ということで安井謙太郎くん。あとは中居さん・キスマイみっくんというメンツ。「黒服物語」の宣伝で来てたんですけど、ジャニーズJr.の最新事情というテーマで「ジュニアの中には階級が色々ある」という話がメイン。まぁジュニア担ならびにこれまでジャニーズを見てきた人間には目新しい話でもないかもしれないけど、ジュニアを経験した本人たちが語ってるっていうのにはすごく興味深い。しかもそこに現役ジュニア入ってるし。っていうことで3カ月以上たったのに今更覚書。

・煽りジュニア
・マイクジュニア
・フッキングジュニア
・旗ジュニア
・回廊ジュニア
・モップジュニア

という6つの役割について語ってるんですが、この呼び方は番組をするにあたっての便宜的なものなのかな?普段からジャニーズJr.内で使ってるとは思えない。どちらかと言えばヲタクが使う用語だよね。勿論ジュニアの仕事はこれだけではないし。衣装替えやメインのバックダンス、舞台に沿った演出の準備やフライング、アクロバットと多岐に渡ると思う。それから、中居さんが全く用語だけではピンと来てないものが多いのも含めて、ジャニーズJr.の役割はステージ演出の進化とともに増えて行ってるんだろうなというのを感じる。恐らく中居さんのジュニア時代は、他はともかくとしてモップジュニアなる存在はいなかったんじゃないか?水を使ったジャニーズ演出でジュニア出演というとやっぱり「滝沢革命」をメインに思い起こすけれど、あの時既にみっくんあたりはジュニアの中でも主要キャストに名を連ねる位置に居たから、みっくんもあまり滝沢さんの舞台ではモップジュニアというイメージはないな。ああでもSUMMARYとかでやってるのかな。ともあれ、個人的にはがっつりモップジュニア的な役割と言うとやっぱりえびきすより下になるイメージ。

中居「どれが上とか下とかあるの?」
中島「特に序列とかはないんですけど」
中居「北山はやってんの?」
北山「僕全部やってます」
中居「なるほど。これを経験してちゃんとした人になるんだ?」
中島「そうですね。ジュニアと言っても色んな種類のジュニアがいるんです」
中居「へぇ~。安井くんは何ジュニアなの?」
安井「僕も一通りは全部やってます」

という会話で「やだなんでもこなせる安井くんちょうかっこいい…さらりと『全部やってます』って言ってのけるバック経験豊富すぎるみっくんもステキ…」と一人勝手に盛り上がったところでそれぞれのジュニアの紹介。



▼煽りジュニア
ライブ開始前等に「みんな盛り上がる準備はできてるか~!Kis-My-Ft2に会いたいか~~!?*1」と会場を盛り上げるジュニア。前説。ジュニア内で言うとエリート。

中島「これをやると自分も主役の気持ちになれる。一番最初に登場できるので」
安井「これはジュニアの中でも相当選ばれた人間。上の方しかできない」
中島「勇気のあるジュニアはここで『Kis-My-Ft2の前に俺を見てくれ!』みたいなアピールもしちゃう」
中居「俺はできない。本当にただの前説。(光GENJIのファン)しーんとしてるもん」
中島「そこを一目ぼれさせたい」
中居「時代変わったね。意識が違うわ」

現在は、参考映像にも出てきたのんさなちゃんとか、キスマイメインバックについてるSnow Man、A.B.C-Zメインバックに付くことの多い無所属系のベテラン組がやってることが多い。セクゾコンならじぐいわとかもやってんのかな?えびきすもジュニア時代はKAT-TUNタッキー&翼のメインバックに付いてたからよくあった。しかし中居さんが言ってる通り、ただの『前説』ではなくてジュニアがデビュー組のファンに見つけてもらえる貴重なシーンでもあるという意識があるあたり、最近のジュニアは見られる側・魅せる側としての意識は高いのかもしれない。中居さんがやっていたそうなので、これは形が多少変わるにせよ昔からある役割の一つ。でも、現在は前説というよりもそれすら演出の一部として扱うグループが多い気がする。そういう意味で、ファンもメインキャストとジュニアの煽り含めてコンサートとして捉えてるという部分は昔と違うのかな。


▼マイクジュニア
バックダンサーもこなし、コーラスとしてマイクを持たせてもらえるジュニア*2。ジュニア内で言うとエリート。

中島「あいつコーラス出来るんだいいなぁみたいな」
中居「煽りジュニアとマイクジュニアにはどっちに憧れんの?」
安井「でも大体煽りジュニアってことは、マイクジュニアも必然的にその流れでできちゃうんで」
北山「エリートコースね」
安井「エリートコースですね」

これものんさな、すのちゃん、無所属ベテランあたり?昔、滝沢さんソロ曲にえびからふみとつ、キスマイから藤北が参加してCDで音源化されたこともあるからマイクジュニアも極めるとそこまでいけるんだと思う。これ↓ね。懐かしいな。

ただセクゾ事変によってセクゾコン行ったらもっとすごいことなってるんじゃないかな~っていうイメージはある。セクゾは詳しくないから分からないけど。ていうか結局ここの番組に出てる人間はがっつりエリートなんだよね。マイク持ってるんだから。結局この辺も昔から役割的な意味では変化ない。



▼フッキングジュニア
フライングの際にハーネス等をフッキングするジュニア*3

中島「フライングする前につけて、とんとん、として行って来いっていう。命を背負ってる係なんです」
北山「だからすごい、ね。長くジュニアいる子とかが」
中居「ベテランだ」
中島「でも利点があって。タレントさんが飛んだ後に、ステージの一番前でパッて(キメポーズ)出来るんですよ」
北山「(手を伸ばして)行って来いみたいなね!」
安井「これ…いいっすよねぇ!」
北山「DVDとかね、なるときに」
安井「やっぱり僕たちジャニーズジュニアが一番映れるのって、先輩が(前に)いたら、ここ(バックの両脇)なんですよ。で、飛ぶ前のこの時に、ここ(先輩の顔の近く)でこう(顔を寄せる)!」
北山「売るんだよね!カッコつけんだよね!」

すごく高まってるみっくんが可愛い。そういうちょっとでも映ろうとかカッコよく!って努力してた自分を回顧してるんだろうなぁ。安井くんも昔のえびきすのようにジュニアとしてはベテラン組に入ってきてるし、ましてみっくんと同じMCの立ち位置だから話が合う気がする。フッキングジュニアも現在はのんさな、すのちゃん、無所属ベテラン組あたりか。あとはSHOCKレベルのバック組もそうなのかな。ふぉ~ゆ~とかTheyとか窓組?このあたりもあまり詳しくないんですけど。フッキングジュニアも恐らく中居さんの時代からあったよね?フライングはジャニーズの十八番なわけだし。とはいえ、フライングの種類もどんどん増えてるし、フッキングのみならずアクロバットでも何かしらフッキングなり準備を必要とするグループ*4もいるからより複雑さは増していると思う。DVD化された時のことまで考えるあたりも昔とは「意識が違う」ジュニアの姿かな。余談だけど大我ちゃんはその昔、フライングで帰ってきた雄一さんを受け止めそこねてしまい謝ったら「意外と一人で着地できるもんなんだよ」って返してもらったとか。ゆっちの優しさプライスレス。あとは今年のジャニワでジュニアが郁人をキャッチしそこねたらしく、郁人は一人で着地してハーネスの後処理も迅速にこなしていたそう。まぁそれが出来る人は限られるだろうけど、ジュニア時代の経験が生きるってこういう事だろうな。



▼旗ジュニア
その名の通り旗を振るジュニア*5。新人に多い。

中居「旗ジュニアなんとなくわかんな。旗振ってんだ。チビでもできる」
中島「入りたての頃とかによく任される仕事で。僕もこれは2回くらいやったことあります」
安井「2回!?」
中居「中島はさぁ、このなんとかジュニア全部やってんの?やって今のSexy Zoneになってんの?」
中島「…やっ…てないですね…」
北山「エリートなんです」
中島「回廊ジュニアとかはわかんないです…」
安井「え゛!マジすか…」

衝撃を受ける安井くん。ジュニア歴が短いタイプとか、最初から旗、回廊すっとばしてステージで踊って歌えるタイプがたまにいる。旗ジュニアは昔からやることもそんなに変わってないと思う。ただあの旗も物によったら結構重そうだし重労働だろうなぁ~。チビジュがメインだと思うけど場合によりけり?


▼回廊ジュニア
ステージには上がらず回廊=外周などを回って踊るジュニア*6

安井「ステージの、壁にベタづいてるところに通路みたいなのを作るんですよ。そこで、踊る。だからステージ上には出れないんですよ」
中居「ああ、外周ね。これやったなぁ俺らも」
安井「明かりも当らないし、セットとかも降りてきちゃうんですよね、前に」
中居「光GENJIステージで歌ってて、俺踊ってたら(ファンが)『ちょっと見えないよーー!』って」
北山「あと『○○呼んできてー!』とかね」

切ないエピソードが飛び出した。回廊ジュニアとしての役割は、少なくとも外周の存在するステージなら発生してくるから中居くん時代も大きい会場だったら存在してたみたいだなぁ。やることもそんなに変わらない。ただ、グループとして年数が経つとあまりジュニア(特にチビジュ)を使わないっていうのが最近の傾向としてひとつあるので、特定のグループのコンサートでしか見れない気がする。関ジャニ∞も近年はジュニア出演がない。または、地方には特定メンバーのみで東京公演はド派手にジュニアを呼ぶパターン。これはえびだな。会場の規模の問題もあるけど、回廊ジュニアは東京でしか発生しない。面子はチビジュっていう場合もあるし(公演のメインキャストがステージ上に居て外周でただ踊るっていうのならチビジュが多いかも)、ジュニアファンの多い公演だと単純に踊る以外にお手振りサービスで外周歩きってのもあると思う。また、稀にゲストや見学に来たジュニアが外周を歩くこともある。


▼モップジュニア
水を使う演出で、ステージ上が濡れた際にそれを拭くジュニア*7

中島「水を使うとステージがつるつるになっちゃうんで、その時に水をふき取りに行くジュニアなんですよね」
安井「多分、あの(暗闇でステージ拭いてる)矢印の2番目くらい僕ですね」
北山「照明一切あたってないじゃん(笑)」
安井「そうなんです。素早く、ステージ上から水をハケさせるっていう」

最初にも言いましたけど、恐らく中居さんのジュニア時代はド派手に水を使ったジャニーズ演出(ウォータースクリーンとか)って無かったと思うのでモップジュニアという確立した存在までは必要なかったはず。確立って言っても他の役割も兼ねて舞台上にいるんですけども。まぁ似たような演出でステージ上の清掃とかが必要になれば恐らくそれはジュニアの役割だったと思う。これはどのあたりがやるんだろう。結構どの辺もやりそうだけどメインキャストの脇を固めるジュニアよりは、その一列後ろの子たちがやってるのかな~。たとえば滝沢さん舞台にえびきすが出てた時代だったらすのちゃんレベルの子とか。その辺?


…というわけで色々書きましたけど基本的にDVDなどを見て自分が受けたイメージで書いてるので間違ってる部分もたくさんあるかもしれません。けれどやっぱり、ジュニアの階級…と呼ぶのが相応しいのかどうか分からないけれど、役割は演出の変化や進化によって増えてきたように思う。ジュニアに求められるスキルレベルはどんどん上がって行ってる。けれどスキルを持ってるからと言って必ずしもデビューできるわけではない。このジャニーズ事務所が孕むショービジネスの悲哀…。ここもやっぱりジュニアを応援したくなる理由の一つですよね~。

なんか長くなっちゃったね!


*1:番組内参考VTR:「Kis-My-MiNT Tour at 東京ドーム2012.4.8」@のんさな

*2:番組内参考VTR:「Johnny's Dome Theatre ~SUMMARY~ Sexy Zone」@佐藤勝利と歌うのんさな

*3:番組内参考VTR:「Kis-My-MiNT Tour at 東京ドーム2012.4.8」「Johnny's Dome Theatre ~SUMMARY~ Sexy Zone

*4:勿論A.B.C-Zの事。5STAR、5Rings、巨大ブランコ、5in1と数々の危険な技をこなしてきた。でも基本あの人達5Rings高速回転と巨大ブランコの初動以外は自分たちでやっちゃうね

*5:番組内参考VTR:「Johnny's Dome Theatre ~SUMMARY2012~ A.B.C-Z

*6:番組内参考VTR:「A.B.C-Z 2013 Twinkle×2 Star Tour」

*7:番組内参考VTR:「Johnny's Dome Theatre ~SUMMARY2012~ A.B.C-Z