読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

A.B.C-Z Early summer concertに行ってきた

A.B.C-Z Snow Man

2015年6月13日。日曜日。16時開場、17時開演。大阪城ホール。つまり、オーラス。行ってきた。

 


塚ちゃんに言葉を借りるのならば「A.B.C-Z 好きすぎてつらい」の状況に心からどっぷりはまることが出来てすごく楽しかった!!

16時くらいに大阪城公園駅の到着後、とりあえず物販に行ったんですけど空いてたね!!こないだのパリピポも比較的すぐ買えたんだけどね、もうね、今回、待ち時間とかなし。0分。目の前にお姉さんが待ち構えてる。むしろ誰か来いよ感すらある。USJだったら奇跡的な状況。オーラスってのもあるし公演数少ないから代々木も大阪もどっちもって人とか多かったのかな。ペンラは前回のメリケンサックを持参したのでパンフだけ購入。早々に入場して、首元にはえび店盤の五関くんカラーマフラータオルを巻き、大昔に買った双眼鏡を首にかけ、ペンラの光り具合をチェックした後はパンフを読みながらまったりとその時を待ってました。
途中ね、一回お手洗いに行ってそこそこ並んだんだけどそんなの全然気にならない。ああいう時は、基本的に脳内で「紫シャツ紫カーディガン、ああ間違いなく河合担。マフラータオルピンク、戸塚担。塚田うちわ、塚田担。全身黒か…判別不能。白のワンピ双子コーデ、年齢層からして橋本担…?青ターバン、五関担」みたいな感じに周囲にいる人の担分けゲームを勝手に始めてる。入場とか退場の時もけっこうしてる。気持ち悪いね、ごめんなさい。え、でもみんなしない?
席はスタンドで位置としてはセンステとメインステの間くらい。五関くんはほっとんど来なかったんですけど、スタトロは橋戸河が回ってきて興奮したな~~!!ちなみに城ホのスタトロは10年弱ぶりくらいの解禁だったみたいで。勿論なにも問題は起きなくて。えびとえび担の間にあるこの信頼関係が好きだなぁって改めて実感した。


以下、感想と覚書。メモとか取ってないんで曲は順不同。書きたいことだけ書いてます。MCとか喋ってることはニュアンスで伝われ!という心意気で書いてるからもし読んでくれてもまるまるは受け止めないでニュアンスで受け止めてほしい。(難しいわ)


どの曲だったか忘れちゃって下に書けなかったんだけど五関くんの!ロン宙!!!すっげぇ綺麗だったよ!!塚ちゃんありがとう~~~五関くんのこと指名してくれてありがとう!!!*1五関くんってバク転はするんだけどバク宙自体ほとんどしないよね。だからロン宙見れたの凄い嬉しかった。はしちゃんも楽しみにしてたもんね、良かったね~~。はしちゃん五関くんのアクロバット相変わらず好きなんだねぇ。五関くんのアクロバットほんと綺麗だもんねぇ気持ちわかるーーー!


▼OP
この映像がとにもかくにもカッコ良かった。今回映像は戸塚さんが担当とのことだけど、あの映像の雰囲気最高だったから戸塚祥太企画演出で一回MV撮ってみよう。カウントダウンが入るのもすごく高まる。

▼Vanilla
そこ来た~~~!?って思いつつも、初っ端からこの曲を持ってくる意外性に今回のコンサートに対する「いつもと違うものを見せたい」みたいな郁人の意思を感じた気がする。

▼Summer上々!!
外周でガンガン踊るえびが可愛い。この曲ほんと可愛い。塚ちゃんにピッタリな元気いっぱい!!って感じの曲。

▼渚のBack In Your Heart
ごせきくぅうううん……!!!という思いを隠しきれず、五関くんのソロパートの度に聞き惚れてペンライトを振ることを忘れてた。ごめんそんな場合じゃない。五関くんのソロパートなんだよ。なんならメイン曲なんだよ。快挙なんだ。腕が止まるくらい許してほしい。映像は目に焼き付けたいからかろうじて目を開けてたんですけど、もう本当なら目を閉じて聞き入りたかったくらい。私が庄司智春なら「ゴセティーーーー!!」って叫ぶこと必至なキャラメルボイスが大阪城ホールに響き渡ってるんだからその興奮やいかほどかって話だと思うんですよ。五関くんすごい。ロイヤル。めっちゃ甘々ボイス。所作の美しさがさらに興奮する。五関くんすごい。(うるさい)

▼どこまでHappy!!!
映像とのリンクが可愛かったし楽しかった!んだけど、角度的に画面とのリンクを見づらい席だったからこれはDVDが出たらぜひじっくり確認したい!この映像も戸塚さん?だとすると映像と動きをリンクさせるってのも戸塚さんの案なのか?バシッときめてくるえびちゃんのワンカメショーで鍛えられてる感。

▼In The Name Of Love~誓い
カッコ良かった…!!センステで歌い踊ってて、五関くんは後ろ姿を見るような形になることが多かったんだけど相変わらず背中まで綺麗だった。むしろ背中が綺麗だった。五関くんの背中から腰にかけてのラインがすごく好き。メンバーの中でも一番華奢だからか背中から腰のラインがすごい中性的に感じるんだよなぁ。上体を反らせた時の滑らかで上品なカーブは一級品だと思う。「風がなく時も~」で腕をなびかせるような振りをするんだけどそこがすごい好きで。五関くんの滑らかな腕のなびかせ方がたまらなく好きで。元々五関くんの細かい動きは好きなんだけど、最近ではそれが一番のヒット。「マスクに隠した」も堪能させてもらった…。ずっと五関くん見てた…飽きない…。

▼ドラマ(戸塚ソロ)
THE・シンプル!この人は毎回ソロのテイストというか披露の仕方がぶれないよね、メンバーの中でも。踊らないの?っていう二宮さんに思うのと同じようなことは都度都度思うんだけど、コンサートは我々が見たいものを見る場所でもあり、彼らが見せたいものを表現する場でもあるからそこにそんな不満はない。戸塚担はどうなのかわかんないけど。でも曲の途中で戸塚さんがシャウトしてて「ああこれぞ戸塚さん…!」ってすごい興奮したのは覚えてる。テイストはシンプルでも、そこが戸塚さんの顔の無駄のない綺麗さと相まってて良いよなと思うけどね。過剰な演出とか華美な服がいらないっていうか、シンプルが似合うってとこは戸塚さんならではで良いなぁって。むしろあんまソロでごてごてな服装の戸塚さん見たくない。

▼We're Fighters(五関ソロ)
イエスユアハイネス!!!あれが…インナーいらねぇ五関さま…。相変わらず美しい背中のラインしかもう覚えてない…。あとは背を反らしながら上着を肌蹴る姿に「んぎゃあああああ!!!」という絶叫が口から勝手に飛び出してペンライトそっちのけで見つめることしかできなかったので、ソロ曲の始まりにかろうじてペンライトを青にできた自分のことだけは褒めてあげたい。でも五関くんのソロで客席から悲鳴が上がることって今までそうなかったじゃん…?五関担は特にだけど「おお…」「うわぁ…すごい…」「はぁ…五関くん…」みたいな感嘆系の感想を漏らすことが多かったイメージなのに。五関くん新たな武器を手に入れたんだなってとにかく恐ろしくなったよね…。正直ダンスの細部まで覚えてなくて本当に情けないくらい。とにかく早くDVDで確認したい。

▼No Control(Snow Man)
すのちゃんほんとこればっか歌ってるけどそのせいかもうこの曲はすのちゃんのイメージが強い。でもごめんひーくん「ふっか!!」にしか聞こえない。終盤にも「ふっか!!」ってくるからつらい。笑いたくないのに面白い。すごい申し訳ない。どんだけふっか好きなのってなるシンメ厨なこの脳みそがいっそ憎い。でもお衣裳も可愛かったし想像してたより長めの尺で見れてちょ~~~~嬉しかった!!すのちゃんカッコいいねほんと。あとだてさま髪型変わったよね!あの髪型すっごい可愛くて好き!!外ハネより好き!!

▼未来は明るいかい?(河合ソロ)
河合くんのソロをさー!だてさま振り付けだってことすっかり忘れてたんだよ!!楽しすぎてそこまで頭回らなかったんだよ!!そういや五関くんぽくなかったかもしれないけどもうほとんど覚えてない!!確認したい!早くDVDくれ!!ってのと、やっぱりメンバーのソロにメンバーが絡んでくるやつ*2大好きだから最高だった。やっぱり河合くん間違いなくジャニヲタだよ。信頼しかない。しかもコーラス隊だしみんな無表情なのがすごいじわる。あとすのちゃんの合いの手も含めて河合くんはエンターテイナー。

▼MC
で、ソロ曲のあとにMCっていうね!!!
劇的だわ。覚えてるのをだらだら書きます。

河合「淳太と流星と…あと誰だっけ」
 重岡「濱田でしょ!うちのメンバー忘れんといてください!!」

 オーラス見学に来たおしげちゃんがステージ上に。昼の部には淳太くんと流星たんと濵ちゃんがきたんだけど例によって例のごとく濵田を省こうとするふみきゅんにツッコむおしげちゃん。ちなみにあとはちび流星と康二が来てた。おしげちゃんに「河合くんそのカッコ(ソロ曲の衣装)でMCやるんすか(笑)」って言われて「それ淳太にも言われた」って返すふみきゅん。

重岡「イヤァアアア!!見んといてぇええ!!映さんといてぇええ!!」
 ステージに上がるとは思っていなかったおしげちゃん。「アットホームな…(笑)」と言いながらステージに上がってきたはいいものの「さっき心斎橋で買ってきたTシャツ着てるけどこんなことならもっとええの着ればよかった」と急に街頭インタビュー受けた大阪のおばちゃんみたいなこといいだす。さらにアディダスのTシャツにナイキのスニーカーはどうかと思うよ」と目ざといふみきゅんにいじられ放った悲鳴がこれ。お手本のような関西人。
ちなみにこれだった。

f:id:nyng0617:20150224170044j:plain

http://shop.adidas.jp/pc/item/detail.cgi?brand_code=110&itemCd=110_S19210&itemGrcd=110_GXR73&itemDir1=15SS

 

重岡「よっ!恋するヴァンパイア!!」
戸塚さんの事大好きなおしげちゃん。「好きなんですよねぇえ」とやたらデレデレしてたからほんとスぺオキ勝利さんに潰されんじゃないかってヒヤヒヤした。事務所内戸塚担多すぎる。乱立。若手3Gのセンター*3から御指名いただく戸塚さん。なにがそんなにみんなを駆り立てるのか怖いくらいなんだけど、こういうこと言われてる時の戸塚さんの困ったような曖昧な表情はとてもすき。そしてその流れで突然おしげちゃんが放った一言がこれ。大阪で映画観たらしい。重岡「(桐谷美玲に)嫉妬して牙ぎゃん!!抜いたろうかと思った」
 
塚田「いまそれどうでもよくない??」
お仕事の告知でふみきゅんが「滝沢歌舞伎?演舞城?どっちかわかんなくなるんだよ」って話をし始めて、一回演舞城に戻ったことあったよね?と客席と会話し始めたときに塚ちゃんのSo COOLなひと言。そのあと「そもそも自分が出る舞台のタイトルを覚えてないっていうのがまず問題じゃない?」とド正論ぶつけてきた。塚ちゃんのこういうとこ大好きすぎる。そしてこれがアウトデラックスで生きてる。マツコありがとう。

▼まだいける。
関西ジュニアが「少年たち」をやるらしいとのことで。塚ちゃんの役なんだったっけ?となって塚ちゃんが設定を思い起こすんだけどそれはどうやら戸塚さんが考えた設定らしくて「違うだろ、それ俺が考えたやつだろ」って崩れ落ちる戸塚くんという抜群の戸塚田を見せつけられ、結局「手癖悪い役」「窃盗犯」「普段もそうじゃん。すぐ人のもの取る」と散々に言われる塚ちゃん。
 塚田「まだ少年たちできるかな?」
 河合「もうできないだろ」
 塚田「五関くんは?」
 五関「バリバリイケるよ」
6月17日生まれどうなってんだよ。

▼橋本ソロコン行きたすぎる戸塚さんがヲタクの気持ち代弁しすぎだった件
 橋本「(ソロコンは)OPから構成とか自分で考えて…」
 戸塚「……ッ!!(手で目を覆い天を仰ぐ)」
 五関「今、(手で目を覆うときに当たった)マイクすげぇ鈍い音したけど(笑)」
 戸塚「最初から最後まで自分で…!!絶対観に行く…!!!」
戸塚さんが気持ち入りすぎなのが最高のお兄ちゃんだった。やっぱ若手Gセンター三つ巴戸塚担杯ははしちゃんに軍配。弟の成長が嬉しくて仕方ないお兄ちゃんの素直な言葉に、はしちゃんもきっと嬉しくてたまらないと思うし、けっこうな勢いでマイクからゴッ!!って音したから思わずツッコむ五関くんが良い仕事してた。ちなみにその後で「俺(シンガポールだから)見れないんだよなー見たかったなぁ」って言い出したふみきゅんに「資料用のDVDあげるよ」ってふわっと返す橋本くんも可愛かったしその冷静な対応に関して「ガチのやつじゃん(笑)」って笑いながらもちょっと残念そうなふみきゅんも可愛かった。

ファイナンシャルプランナー橋本良亮
ふみとつが着替えに行ったので橋五塚でトーク。えびラブで「今月カツカツ!塚ちゃん!!」と言っていたのを引き合いに出して*4「あれほんとなの??」って心配するはしちゃん。何にお金を使ってるんだろうという話になって塚ちゃんがジム2つ通ってることが判明してゆっくりと諭すはしちゃん天使過ぎた。そして素直に諭される塚ちゃん。
 橋本「あとボルダリングも通ってるでしょ?やめなよ」
 塚田「でも山登りたい!芸能界の頂をさ!」
 客席「おお~~!」
 橋本「それはわかるけど。ジム2ついってるでしょう?ひとつ解約しな?あとボルダリングもやめよう。ジムはひとつだけにしよ?そしたらカツカツじゃなくなるから」
 塚田「そうだね…」
 なにここ天界なの?そしてそれを微笑ましく見守る長兄。なにここ天界なの?(2回目)

五関「それじゃ結局どのアミノ酸が効いてるのかわかんないじゃん」
カツカツなのは、アミノ酸の値段が高いのもあると言い出す塚ちゃん。色々なアミノ酸を試すためにお店で買って、外に出て飲んで、また入って買って、外に出て飲んで…を繰り返してるらしい。そこでズバッと繰り出された五関くんのこの一言にハッ…!!って顔になった塚ちゃん可愛かった。
 橋本「そうだよね(笑)!どれかわかんないじゃん(笑)」
 塚田「ほんとだね!でもっ、飲んだ時の感じとかあるから…」
 でも食い下がる。

▼塚ちゃん、渋谷で絡まれるの巻
あとは風磨に呼び出されて行ったらみんなでごはん食べててそれをおごらされた、という話をする塚ちゃん。
 五関「それ全然食べてないの?」
 塚田「ちょっとは食べたけど…悪ガキなんだよ!菊池風磨は悪いやつだよ」
 橋本「そんなことないよ。塚ちゃん盛ったべ?風磨は悪いやつじゃないよ」
 天使降臨。
 塚田「こないだもね、渋谷歩いてたら遠くから『おいいたぞ』みたいな声が聞こえて、怖いなと思って下向いてたら囲まれて、顔上げたら風磨とか半澤だった
 五関「大きいのに囲まれた(笑)」
 神対応と名高い塚ちゃんさえ避けたくなる軍団とは

▼芝居が恥ずかしいふみきゅん
着替えから戻ってきたふみとつでトーク。
 河合「あのさぁ、また言うけど芝居するのが恥ずかしい。…芝居ってどうやったらいいの(何故か跪く)」
 戸塚「…なんだこれ(笑)!」
 といいつつ、自分も跪く戸塚さんっていうのが抜群にふみとつだった。可愛い。戸塚さんに対しては素直に教えを請うたり絶対に否定的なことを言わないふみきゅん。五関くんに対しても弟感出るんだけど、戸塚さんに対してはより素直な弟感が出るよね。
 河合「見つめ合って芝居とかしてると、『今この人俺のことどう思ってんだろう』って気持ちになって入り込めない」
 戸塚「いいんじゃない?それはそれで。いいと思うよ?」
 どうしてふみとつって…!こんなにお互いに対して肯定的なの…!ミ・アミーゴ…!!!(落ち着け)

▼ヲタクとしてふみきゅんが『ファウスト』に出会えて良かったと感動した件
 河合「でも三田さんだけは大丈夫なんだよなぁ。変な意味じゃなくて」
 戸塚「すべてを委ねられるんだ?」
 河合「本読みの段階から泣けたんだよね」
 戸塚「言ってたね」
 しっかり受け止める戸塚くんと、素直に「こんなことがあったよ」って話をするふみきゅんの図が…ふみとつ……ッ!!てなるやつだった。

▼すのちゃんのご挨拶
 元気良く手を上げるけど阿部ちゃんの方を指名されるさっくん可愛い。
 阿部「僕、クリエとかじゃなくてA.B.C-Zのコンサートに出るのって初めてなんですよ!」
 河合「そうだっけ?ファーストコンサートSnow Man出てたよね?」
 戸塚「阿部ちゃんはその頃勉学の方に勤しんでたから」
 あ、多分こういうとこなんだろうな戸塚さんが慕われるの…。って胸にストンと『納得』が降りてきた瞬間だった。そして「楽しいです」とコンサートの感想を語る阿部ちゃんに「キスマイよりも?」ってぶっこんできたふみきゅん。それに対し「……ッ!!」って一瞬で言葉を失ってから「一体感が凄いです」という逃げ道に一目散に走って行った阿部ちゃん。あの子出来る。

大和魂
 シンガポール大和魂を示そうとケンさんのような髪型になったことを伝えたいのに噛んでしまってうまく喋れず少しふくれていた岩本照が激烈可愛かったことはお伝えしたいし、それに対し「俺そんな髪型したらすごいことになるわ。顔が小さいからできるよね」と自虐する郁人が切なかったことも報告したい。そういや始まってからすのちゃんの人数足りない…ひーくんいない…!?ってなってたらドラムとして登場した。あれ代々木は違う子だったんだよね。ひーくんドラムパートも全部覚えたのか…相変わらず有能。

▼29歳最後のステージとしてMC終わりの挨拶を求められた五関くん
 ちなみにこれを当初「MCの締め」ではなく「コンサートの締め」だと塚ちゃんが勘違いしてたんだけど、塚ちゃん五関くんにコンサート締めくくらせるつもりでいたの…って震えた。ちなみに真面目に語るその後ろでずっと表情を作り続けるふっか先輩ばっかりに目がいってしまった挙句、挨拶終わりに響いた戸塚さんの「真面目かーーー!!」で我に返り挨拶内容はほぼ忘れました。テヘ!!でもその後でふみきゅんとかにも真面目いじりされて、ふわふわ笑いながら「ふふふ、はい、こんな感じですこれからも。きっと」みたいな感じのこと言ったのすごくキュンとしたんだけどこれ五関担の人なら分かるよね?!?!っていう魂の叫び


やばい…これめっちゃ長いね…記憶力が続かない…あとソロ曲の感想だけ書いとく…。(突然のギブアップ)



▼DARKNESS LOVEです☆ver.(塚田ソロ)
塚ちゃん天才だな!!ってのを曲聴いてからずっと思ってて聞く度にやっぱり思ってて。特にCD音源の「ぜぇーーったいいやですぅっ!!」ってところは毎回「天才…」ってなる。そして映像展開されたこの曲はやっぱり塚ちゃんの天才さ感じるしかなかった。すのちゃんがマント翻してずっとぐるぐる回ってんのも良かった。そして拘束されるリカちゃんも、それをいとも簡単に引きちぎるリカちゃんも素晴らしくて。最後のユニゾンのとこはリカちゃんメインにしたんだね~~。そして!!連続バク転!!34回!!最後のあいさつのところかなんかで「距離足りなくて一回折り返してるから正式には連続じゃないんだけどね」って言ってたけどそんなの関係ないよ!すごいよ!!でもその時に「それ今言うのかよ(笑)」「いまMCの時間じゃないからね(笑)」って河五にツッコまれてたの果てしなく塚ちゃんだった。

▼Stay with me♡(橋本ソロ)
みんなの王子様や…王子様すぎるで良亮…!!純白のタキシードを思わせる衣装に赤いバラの花。今日はみんなの王子様になりたいなって。2、3分でもみんなの王子様にならせてください」って言うはしちゃん。曲が始まる前に愛のかたまりをアカペラで歌うはしちゃん。そこから軽やかなステップを踏みつつ恥ずかしくなるほどのキラキラした歌詞を歌声に乗せて届けてくれるはしちゃん。あ、恋する。って思った。あの曲の間ずっとはしちゃんに恋してた。15の頃からずっと美声だけど、最近はそこに強さがこもってきたなぁって思ってて。どんどんうまくなってる。グループのボーカルだっていう事実をはしちゃんはしっかり受け止めて努力してるんだなぁって。えびブロとかを読んでても思う。「キャーーーー♡」って歓声久々にあげたかもしれない。心の奥底にしまい込んだ純情な乙女心引っ張り出す力がある、あの子。ジャニーズとして、みんなの偶像であるアイドルとしてすごく重要な要素を持ってる。我が軍のセンターは最高やで、なぁお兄ちゃんズ…!!


こんなとこかな…。

そういえばダブルアンコで出てきて曲やって、最後に橋本くんが「(もっとやりたいけど)新幹線のチケットとっちゃったんだよぉおお~~!!」って叫んでたのピカイチ可愛かった。あと「めっっちゃ声出るじゃんっ!!!」ってすごい嬉しそうに何度も同じこと言うはしちゃんもめっかわだった。キラキラしてた。あんなに喜ばれたら血吐くまで叫べるわ。塚ちゃんが「太陽!!」って感じならはしちゃんは「おひさま」って感じ。

それと、えびコールね。「えーびーしーじー!(パンパンパンパン!)」ってのがアンコールで始まって、出てきたふみきゅんが「すごいねあれ!もっとやってこうよ!誰かが言い出してくれたんでしょ?その勇気にも感謝だし、それをやってくれたみんなにも感謝だね」って言っててふみきゅんは本当にヲタクが喜ぶ言葉を言うのが上手いなぁ~~って感じた。でもこれ、えびちゃん全員そうだよね。ペンライトのところでも「早いなー」とか「すごいね」とか褒めて乗せるタイプ。感動したのはふみきゅんがペンライトの演出に関して「前のペンライトでもできるしね、なかったらもうパー出しいといてくれれば紛れるから」って決して否定的な言葉を出さなかったこと。お陰でメリケンサックを持って行った自分としては肩身の狭い思いをしなくてすんですっっごい嬉しかった。ふみきゅんは中身もイケメンさんだなぁ。

あともう一個付けたし!!5Doorっていうの?新しいフライングの技!最初はジュニアちゃんいっぱい出てきたんだけど途中から自分たちだけで飛ぶのやっぱ「これぞえびだわ」感にあふれてた。というか、何が興奮するって!フライング技になると当然のように河五がシンメになるところね!!シンメ形態が河五・戸塚田→五塚・河戸に変化してからもフライングって河五シンメになること多いけど今回もそうだったーーー!ていうかコンサート終盤であの腕だけ固定されててあとは己の力。みたいなフライング技持ってくるえびちゃんの体力凄まじいし、一歩間違えば接触とかもあるあの危険な技を危なげなくこなせるし背筋までピンと張った凛とした美しさ出せるのはえびちゃんならではだな。急にSUMMARY来たみたいになったけど。そこもえびちゃんの良さ。

とにかく、えびは相思相愛感を強く感じられるグループだなって、改めて思いました。現場からは以上です。(唐突な終わり)

*1:WU7月号情報。塚田「今回のコンサートで振付に入れた。オレと誰かで交差したいな…と思って、五関くんを指名したんだよ」橋本「マジ?オレ、ゴッチのロン宙、初めて見るかもしれない。めっちゃ楽しみ!」余談だけどとつごツーショットの五関くんがキュートすぎて心鷲掴みにされた。微笑みウインクとか殺される

*2:アラフェスのじぇいたんソロは何回観たかわからない

*3:Sexy Zone佐藤勝利A.B.C-Z橋本良亮・ジャニーズWEST重岡大毅

*4:ちなみにえびラブの時はそれで吹き出しちゃって「もぉーーそういうこというなよーー!!」って文句言うはしちゃんめっかわだった