読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラシデータ

思うがまま。

「UNLOCK」Music Clip+Making感想。そして今日という日

KAT-TUN

なんとか3月中。最後に今日この日を迎えての気持ちを少しだけ。

 

今日この記事って…!って自分でも思うけど書いた。


 

UNLOCK【初回限定盤1】(DVD付)

UNLOCK【初回限定盤1】(DVD付)

 

 



▼「UNLOCK」Music Clip
・THE・KAT-TUNのロックチューン!って感じだなぁ
・なんせ「ハロークレイジー」だもんなぁ
・スプレー缶飛んできた時のおたぐくんの顔がかわいい
・おかめちゃんのスプレー缶の投げ方やっぱかっこいいというかこなれ感
・唇を撫でる手がえろい
・たっちゃんスプレー缶にあいすぎだろ…
・4人で前に向かって歩いていくところ後光差してるよ…
・GREATEST JOURNEYとは全く違う空気
・完璧に逆光の映像でも魅せられるからね…!
・残像のような…特殊能力を開花させて常人にはない瞬間移動能力を開花させたKAT-TUN
・このハードでスタイリッシュななんともいえないエロかっこいいけど男っぽい雰囲気が好き
・全体的に顔立ちが派手というか目立つからこれだけ色味のない演出でも映えちゃうんだよね~~!!
首筋を滑る手がたまんねぇなオイ~~!!
・おかめちゃんはほんと自分の魅せ方わかってる…信頼しかない



▼「UNLOCK」Music Clip Making(約13分+HBB講座約2分)
・おかめちゃんの撮影時に画面が面白くぶれるというかズームしたりしてたあたりカッコイイ
田口「今回英語ありすぎて何言ってるかわかんなくなるんだよね(笑)」
 でもKAT-TUNの曲は前から結構英語多いよおたぐくんそれちょっと今更だよ…
・歌詞はともかくとして、自分のHBBでリップシンクって難しいのかなどうなんだろ
・たっちゃんもおかめちゃんも言ってた日本に一台しかない特殊な機材ってこれか?
・相変わらず色のない冷たそうなセットが似合うな君たちは
上田竜也のボクシング用語講座
・間違えた!あっすごいちゃらんぽらんな顔した!でも綺麗!困った!
KAT-TUN自身に対していう事ではないかもしれないけどKAT-TUNの曲難しいもんね
・背面投げやっぱかっけぇ!!そら周りも「かっこいー」「さすが」っていうわ
・うまい!横向きシーンのおたぐくんうまいわ!
・き…きた…!!画面が真っ黒になっても終わらないな?と思った時点でそんな気はしてた…楽曲の中にも入ってることからもそんな気はしてた…!!
きたぞ…中丸帝王の丸投げHBB講座……!!
中丸「前回お休みしたんですけど。まあお休みというかね、生徒の皆さんが自習する時間?与えたつもりなんですけどもね」
 与えられてた…ハイフン気づかないうちにとんでもなく恐ろしいもん与えられてた…!!震える…!!
中丸「今までのはしっかりとできてるでしょうか。じゃあ新しい技行ってみよう。Let's Try!!
 あっ…今回はだいぶポップな感じの指導で…!!
中丸「このスクラッチができるようになるとビートボックスとしての幅が一段階上がると思いますね。これまではリズムパターンのレッスンをしてきましたけど、次はやっぱりスクラッチ。これを皆さんに覚えてもらいたいのでね~うんぬんかんぬん~」
 求めるレヴェルは引くほど高いのに細かい指導は全くしない!見て覚えろ!職人のような指導方法ですね帝王…!!










ってわけでね、急にテンション変わりますけど。

今日この日を迎えるのが悲しいのか寂しいのか何なのかよくわからないけど「さよなら」ってのもしっくりこない。だから一番今の自分の感情に近いのかな、と思う「ありがとう」という言葉を贈りたいですね。ありがとうございました。もちろん、正直なところはいろんな感情が彼に対して渦巻いてるんですけど。でもこれまで彼にもらった笑顔もときめきも嘘ではなかったから。彼の高貴な顔面も、類稀なるモデル体型も、年々深みを増した歌声も、ダイナミックで流麗なダンスも、たとえギャグがくだらなくても明るさを忘れない振る舞いも、好きでした。私が愛した6人のKAT-TUNは終わり、私が愛した5人のKAT-TUNも終わり、そしてまた今日私が愛した4人のKAT-TUNが終わりますが、明日からは私が愛する3人のKAT-TUNが始まるので立ち止まってはいられない。あの人たちこっちがダメージ受けてる間にも「おい!ほってくぞ!!」って言ってさっさと歩いて行っちゃうから。いつだって前しか見てないから。でもたまに振り返って微笑んでくれるんですよね。ちゃんと見てくれてるんですよ。我々がついていくうちは置いて行ったりしない。だからこれからもずっとついていかせてください。雄一さんが言っていたように、いつか6人で笑いあえる日が来たら、きっと自分もこれまでのすべてを本当の意味で受け入れられるような気がします。そんな未来を願って。

2016年3月31日。