アラシデータ

感想文と言う名の覚書をしたためています。

「Take a "5" Train」初回限定盤A感想

我ながら何か月あけとんねんと。

 



およそ3か月ほど更新してなかったわけですが。特になにがあったということもなく。
ただここのところ感想を書くということに自分で勝手に縛られながら更新してたのでそういうのなくDVDとかを見てたんですが。でもやっぱり自分が感じたことは残しておきたくなるね!っていう元の着地点に戻りました。なんやそれっていうね。
今後はもう少し頻繁に書きたいなぁ……(自分への希望)。


まあそんなわけでえびちゃん待望の2ndシングルCD発売なので感想を書きました。

初回Bの感想はこちら。

 



Take a

Take a "5"Train(初回限定盤A)(DVD付)

 

 


今回はシンプルに3形態。まずは初回Aの感想から。
特典DVDの内容は
・「Take a "5" Train」Music Clip(約6分)
ダンシング五関先生のダンス教室3限目(約32分)
となっております。


▼「Take a "5" Train」Music Clip(約6分)
・はしちゃんの「おぉ~~すげぇ~~」は素っぽい
・スカジャンだとかカジュアルでちょっとワルっぽいテイストの衣装はえびはあまりない*1から新鮮。でもはしちゃんよく似合うな
・はしちゃんのアップがいちいち美しい
・今回の曲はダンスを激しくというオーダーがふみきゅんから入ったようだけど、確かに五関先生はいよいよメンバーを殺す気かな?っていうくらい動いてる。とはいえコンサート見てたらここまでとはいかないまでも近いレベルのものをほぼノンストップで踊ったりするわけだからこの人ら揃って体力オバケだな
・しょっぱながふみきゅんのソロバク転でバックではしつかととつごの組技ってのも珍しい
・えびはお互いの肩をもつだとか横並びの振り付け多いな~
・電車が空へ向かっていくときに傾くところで戸塚河合塚田が前のめりになるんだけど五関くんがふみきゅんの腕をしっかり握って受けとめるし、はしちゃんは戸塚さんの腕をしっかり受け止めるんだよね~~あっ…塚ちゃん…
・ちなみに傾き始めた瞬間に隣の五関くんのことを気に掛けるはしちゃんの目も良い
・車掌のお辞儀はロイヤルだな~~
はしちゃん~~~恋する~~~~!!!
・ウインクは!ずるい!!
はぁあああ…!!ふみとつ……!!
・どんな組み合わせも楽しいとはいえふみとつという関係性にはどうしてもやっぱり青春アミーゴ的なこの唯一無二の戦友というのかなんともいえない感覚と抱くというか…!!
・河合車掌は切符確認に来てくれたのね
・えっ…塚田車掌は飲み物冷ましてくれるの…?初めて会った車掌にいきなりフーフーされたら戸惑うな…
・急にオトナ…!戸塚さんのおもてなしは完ぺきに勘違いするからその気がないならやめてほしい…
・「僕らだけの未体験Wave」で戸塚さんがね!隣の郁人と自分を交互にさしながら「僕らだけ」って歌うのずるすぎるふみとつ尊い
五関「おやすみ」
ああああーーーーーーーーーー!!!!ときめきまったなし!!!!
「おやすみ」場面を五関さんにあてたの誰ですか!天才ですか!!
・橋本良亮に手を取り誘われて乗り込み、河合郁人に切符確認されて、塚田僚一に飲み物を冷ますというちょっと行き過ぎた気遣いをされ、戸塚祥太のほほえみとおしゃれなカクテルで酔わされ、五関晃一の「おやすみ」でとどめをさされる恐ろしい乗り物
・こうなると河合郁人の切符確認の違和感
・微笑み以外に切符確認のときめきどころがわからない自分はまだまだ甘いのか
・「Go!Go!」を横から見つめると戸塚さんがかわいい
・五関くんのアクロバットは相変わらず綺麗にまとまるなぁ
・ソロダンスの五関くんのしなりっぷり異常じゃない?艶がある
・戸塚テイストがしっかり盛り込まれた感のあるソロダンスシーン
はしご!はしご!!寒がる最年長を抱き寄せて温める最年少!!なんという愛あるはしご!!
・そもそもこの座り順だれが決めたのか知らないけどはしごちゃんのイチャイチャが見れて大満足です
・郁人凍ってる
・やっぱ塚ちゃんのアクロバットは迫力あるな~~
・安定の肩組みかわご
・ラップ部分かわいい!ちょこちょこ動くのかわいい!狭い画角に収まる姿ってどんなグループでもよいものですよね!
・はしごのおねんねかわいすぎるし美しいしこの体格差は完ぺきに彼氏彼女のそれだよな…はしちゃんの肩の位置がちょうどよい感じといい五関くんの寄り添い方女子力高い…
・戸塚田にもたれかかられる郁人は迷惑そうだけどだったらそこ変わってくれよ!両手に戸塚田とか!変わってくれよ!!むしろふみきゅんもいてくれていいから思う存分眺めさせてくれよ!!(目的が変わる)
・はしちゃんは目力あるよね
・首がかくん、となって起きる五関くんの演技が非常にナチュラルでですねドラマこないかなって思ったりするわけですけど、何よりまだ寝ぼけた感じのとろんとした目が長い前髪から覗くのがたまらないしそれを隣から見つめるはしちゃんという構図には幸せしかないわけで
・ぺこりと頭を下げたけどやっぱりはしちゃんの肩にもたれかかって安心したように眠る五関くんと肩を貸しながら静かに外を眺めるはしちゃんというこれまた彼氏彼女感しかない画面
・頭こっつんこして眠るとかだからカップルかよって…
・最後のDon't Stopのはしちゃんスマイル最高か~~!
・電車ごっこするえび…ほんとかわいいな…ほんとかわいいな…
・相変わらず「俺の五関」してらっしゃる河合さん
・ときめきしか生まないはしちゃんウインク
・これ最後のはしちゃんを見つめるおにいズっていうところまでしっかりついてるのがヲタク心よくわかってる…おにいズのあのほほえましそうな目線…ほんとみんなはしちゃんのこと愛してるねぇ



ダンシング五関先生のダンス教室3限目(約32分)
・CDのみにつくダンシング五関先生のダンス教室ついに3限目か…これは息の長い企画になりそうだ
戸塚「おざます!!」
 五関「おまたせ~」
 相変わらず礼儀正しい戸塚と軽やかな五関先生
・戸塚の胸元Vネックが過ぎる
五関「前回冗談半分でこの企画が人気だといったけどどうやら本当らしい」
 戸塚「ソースは?」
 五関「1限目の時にカメラの台数1台。2限目の時が計2台。今回、見てくれこれ。カメラ4台
 ファンからの声とかじゃなくお金のかけ方で判断する五関先生しびれる
戸塚「…右端の人(車掌服のサングラスの河合)っていつもいましたっけ?」
 五関「このコーナー出オチは先生だけでいいんだ」
 出オチ認識だったんすね
・おい末っ子楽しそうだけどたぶんこれを見てるのはレディが多いから股間をはじくのはやめようぜ
五関「深夜テンションだな」
 河合「だぁって!橋本がやってきたんだよ!」
 五関「いいんだよ。橋本にやってもらったんだよ」
 あんたは相変わらず末っ子に激甘か
・塚ちゃんが前回のフリーダンスに苦言を呈すので先生を守ろうと発言するもむちゃくちゃになって笑うはしちゃん
・その笑顔で全部許せる
・この、しっかりと聞く戸塚の横に塚田っていうのと、全力でふざける河合の横になんやかんやでそれを面白がっちゃうはしちゃんっていう並びが定位置になってきたけどいいよねこれね!
五関「今回は一緒に踊れるような振付にしてます」
 信用ならない*2
塚田「あのひと(河合)もうキャラ迷ってるよ」
 突然核心を突く塚田節
橋本「ちょっと待って、サングラス2体もいる?」
 五関「まぁもし2体いらないんだとしたら外すのはこっち(河合)だよね」
 河合「話しかけないで。もう、無い」
 尽きた
戸塚「おおお!ブートキャンプですか!」
 橋本「古くないですか?!」
・手を上げた時の戸塚さんの指の細長い雰囲気がたまらなく好みだった
橋本「すいません、(河合が)飽きてる」
 早すぎるやろ
五関「先生迷った。迷ったけどA.B.C-Zのファンならできると信じて…」
 そうですよねこのまま平穏に終わるわけがありませんよね
・「ビュッ!」と「グニャッ!」の論争
戸塚「あ~~乳しぼりのあれとかちょっと共通しますね」
 五関「そうだね」
 いいの!?乳しぼりでいいの!?
・さっきから河合郁人のクセが酷いのでカメラ4台のうち1台は間違いなく河合カメラとして用意されてる
塚田「先生!集中してない人がいます!!」
 橋本「妖怪みたいな人がいる」
 ふざけまくる河合くんが許せなかった優等生塚田(ただしおそらく勉強はできない。掃除はめっちゃ頑張るタイプ)
五関「それではミュージック!ダンシング五関!!」
 何が素晴らしいって受け狙ってなさそうなところが一番素晴らしいんだよねこの華麗なる前ふり
・笑いをこらえきれないはしとつ
・終わった後に「スッ…」とすまし顔に戻るふみきゅんがツボに入る
五関「これいけたね」
 君らだけや
戸塚「ほぉ~~これ(この振り付け)を女の子が」
 塚田「力強い女の子って僕は…悪くないね♡」
 戸塚「…はい」
 五関「オッケー」
 最後まで聞いたうえで相槌はうち否定しない戸塚とぶった切るように淡泊に流す五関先生
・戸塚田ってこれだよね…って相変わらず思う
五関「5、6、7、8…」
 河合「5!5!」
 橋本「もう5終わったわ」
 毎度隣が問題児だと笑いこらえたり突っ込んだり大変なはしちゃん
五関「これややこしい??」
 ダンスに関して民間感覚の欠如した五関先生
「俺はややこしいとおもった!」って言ってたはしちゃんも「こっち行くときは左、こっち行くときは右でカウントをとるとわかりやすい」という五関先生のご教授に「なるほど!すばらしい」となるんだけど普段振り入れするときも五関先生ははしちゃんにわかりやすいように説明してるのかなって思うとすごいほっこりする
五関「…?…一小節足りない?先生これ」
 河合「ふざけんなよ!」
 毎回詰めの甘い五関先生
五関「ごめん!今のは先生のミス!」
 橋本「先生でも…毎回ミスしてるよ」
 五関「先生それクセだから。間違えるのクセ(サラリ)」
 戸塚「(うなだれる)」
 河合「いや謝れよ」
 塚田「何もなかったかのようにやってるけどさ…」
 五関「1、2、3、4…」
 シカト!?
・先生変なところでハート強い
五関「それではミュージック!ダンシング五関!!(跳躍)」
 橋本「(ビクッ!!)…びっくりした!びっくりした!!」
 突然の跳躍におびえる末っ子
五関「今回は簡単でしょ!!」
 そんな自信作みたいに言われても非常に同意しづらいものがある。いよいよもって五関くんは我々のことなんだと思ってるの?我々ジュニアじゃないよ?
・でもはしちゃんは「かんたーん。かっこいい、かっこいい」って言うんだもんなーやっぱ五関くんの振り付け好きだよねーはしちゃん
・会場の座席においてそんなノれるかな…
五関「はっしーがGo!Go!って言うとこがある。みんなが」
 河合「剛くん?」
 五関「剛くんじゃない」
 拾った!
河合「Poker faceなんだよねこれ、Poker faceなとこでしょ?」
 五関「1、2、3、4…」
 橋本「(いまだめ、と首を振る)」
 河合「無視だ…」
 橋本「無視…」
 切ないね。さっきは拾ってくれたのにね
五関「6、2、3、4…」
 河合「で、Poker faceなんでしょ?(再チャレンジ)」
 五関「これでPoker faceに入る」
 橋本「よかった」
 河合「今のは無視してよかったけどね。今のは無視してよかったと思う。…やさしいんだね」
 橋本「やさしい」
 最終的に気づかないところで末ズからやさしさ認定を受ける五関先生
・ちなみにだいぶ前から当方は振り付けにはついていけてないですけどね
・後ろの様子が気になった五関先生
 橋本「大丈夫、大丈夫」
 河合「時間もったいないから」
 五関「お前に言われたくねぇよ!」
 口悪ーー!!好きーーーー!!!
・ここで「突っ込まれると恥ずかしくなっちゃうんだよ」という塚田エンジェルの進言に「なるほど」と納得する五関先生というのが塚ちゃんは強いなぁって
・毎度のダンシング五関についに吹いた戸塚
・トラブル発生につきもう一度ダンシング五関が発動
・さっきと同じだったのにしっかりと気づいた戸塚の「3コ目はそれってきめてたんですね」という言葉がすこし怖い
唐突に壊れた戸塚
・誰もそこに触れない
・怖い
・ところどころ迷いの見える五関先生のふわふわした振り付け授業
・あっ、ここでやっと「良亮」呼びした。さっきから「橋本」「はっしー」だったけどふっとした瞬間はいつも通りの「良亮」出るなー
・我々投げチューをするのか…求められてしまったか…受け取った分は返せということですね…
・かわいいよ!!恥じらう戸塚かわいいよ!!
・ジャニーズJrあるあるかこれ…?
・これはジュニア全般というより舞台が多いA.B.C-Zあるあるか…?
・戸塚が手を広げるたびによける塚ちゃんの図がこまかくてかわいい
・はしふみの自由演技
五関「絶対いけると思うみんな」
 その信頼がつらい
五関「ミュージック!ダンシング五関!!(跳躍)」
 河合「31歳だと思えないな…(しみじみと)」
 みんな思ってるよ
自由演技で!五関先生にえろえろしく絡みに行くはしちゃんが!すごい!!迫り方が!!激しい!!!五関先生の腰をしっかりとホールドして背後に寄り添うように腰を揺らすはしちゃんが!すごい!!情熱的!!!
・戸惑いながらも楽しそうな五関先生
PERFECT HUMAN TOTSUKA
・Say 奇行子!!
河合「今回は全員がRapをね。櫻井翔くんが書いてくれて」
 五関「違いますよ。嘘です」
 先輩を巻き込んだ嘘をさらりとつく河合車掌
・なんやかんやでいちばんふざけてる河合車掌がほぼ完ぺきなんだよな…
塚田「がんばってね」
 塚ちゃんにさりげなくそんな励ましされたら頑張らざるを得ない…塚ちゃんのその押さえるべきところ押さえてくるところ好きだよ…

*1:燕尾服風とかかっちりしたジャケットとかきれい目でさわやかな衣装が多いイメージ

*2:なにせ「踊ってなくてもこれだけ見せれるんだって思った覚えがあるからそろそろ自分たちも…」的な理由でチョイスしたKAT-TUNの「YOU」ですらしっかりと踊っちゃったグループだから。踊るんかい